ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

る

るの感想・評価

4.0
普通の子とは違う顔の少年オギーと、彼を取り巻く家族や友人の物語。

彼に関わる人たちの視点からも物語を進めてるので、分かりやすくてよりそれぞれの心情に入り込める。
途中まではいつまでもこの家族を応援したいと思うけど、最後にはもう彼らなら心配いらないなって謎の親心発動。

ハンディキャップを乗り越えるには本人だけの努力じゃないと痛感した。

お姉ちゃんの彼氏はめちゃめちゃイケメン。
主役はルームの子役、ジェイコブ・トレンブレイ。
両親はオーウェン・ウィルソン、ジュリア・ロバーツ。



少年オギーは生まれつき顔が普通ではありません。自宅学習を続けていましたが小5で学校に通うことになります。そして学校の子達には奇異な目で見られ、イジメに発展し…。



イジメ問題に切り込んだ映画です。
しかしイジメ映画ではありません。
障害を持った本人の成長、それに接する周りの子供達の成長、そこからマイノリティの人を排除するがいかに愚かしい事かを学べます。
そして、ターゲット層は「ファミリー」向けで残酷なイジメや描写は無く、スターウォーズのキャラクターがなんども出てくるほどの明るく楽しい映画になっています。

ぜひご家族で、お子さんを連れて、楽しく学んでください。
オススメです。🚀
ゆき

ゆきの感想・評価

4.4
choosekind

遺伝子異常により顔に障害を持って産まれたオギー。27回の手術を超えて10歳を迎えた夏、彼は初めて学校に行く。変わりゆく環境を共にする家族、友人からの視点を描く。

August Pullman、物語の主人公はもちろん彼。だけど全員にスポットが当てられていて物事にも出来事にも感情にも常に2面性があることを痛感させてくれる一作。
必涙。全シーンにおいて感情があらゆる方向に傾きます。ノア君の演じるジャックを筆頭に子供たちの大人びた表情に声色の変化に間合いに一喜一憂し続けた113分。

オギーことAugustは新学期前の8月から新たな世界に足を踏み入れ、四季とともに成長する。How was today?なんて聞き合える家族、とても素敵すぎだ。
慣れることで喜びには敏感でも悲しみや傷には鈍感になりがち。身の回りの人との愛情をもっと育みたくなる作品でした。
老若男女広い世代の試写会でした。子供たちがいちいちリアクションしながら真剣に観ているのがとても愛らしかった。
mmtm

mmtmの感想・評価

3.7
オギー、ヴィア、ジャック、ミランダ・・・とそれぞれからの見方が描かれている点がとても良かった。
一方から見ただけではわからない、それぞれの事情があるということが描かれていて良かった。

子ども5人を引率して見てきましたが、子ども達と私の感動ポイントもそれぞれに違っていて、物の見方・とらえ方は人それぞれなんだなと思いました。
moni

moniの感想・評価

4.3
なんて素晴らしい家族。
泣きながらも笑ってしまう、全員が主役の最高の映画!
公開したら今度は家族で観に行きます。
ジジョ

ジジョの感想・評価

4.0
家族みんなで安心して観れる、笑って泣ける映画でした☆

「障害」はテーマの象徴で、この物語は誰にでも当てはまる話。人種やジェンダーの差別問題もさることながら、個々のいろいろな違いを受け容れあうことの大切さを描いているように思いました。

出てくる人が全員優しくて、こんな世の中はパラダイスのようだけど、映画だもの☆いいじゃない☆
世知辛い世の中で、心がささくれ立ってると感じた時は、こういう映画を見て明るくて前向きな気持ちになりたいです。

人はだれでも生まれた瞬間から「奇跡の子」。
『世界中のだれもが、一生に一度はスタンディング・オベーションを受けるべきだ。だって人は必ずこの世に打ち勝つんだから』
akinamtmt

akinamtmtの感想・評価

3.6
子供って時に残酷。
普通と違う顔だから最初は仲間外れにされたりしてしまうけど、前向きにひたむきに生きる主人公・オギーに、どんどん驚かされ感動し心を開いていくクラスメイトたち。
はじめての学校だからすぐには人間関係がうまくいかないけれど、オギーは家族に愛され、自信を無くさず一生懸命。

ジェイコブ・トレンブレイが天才子役っぷりをここでも発揮。この子、本当に影とひたむきさを嫌味なく滲み出せるいい役者さんだな。

そのひたむきさと、周りとの絆にホッコリさせられる。
「涙を流す価値がある泣ける映画」
まさにこの言葉通り。
ずっと泣いて、微笑んでいられるそんな素敵な作品でした。
ほんと、おすすめ。
Aya

Ayaの感想・評価

4.8
ご縁があり試写会で鑑賞。有難うございました!filmarks最高です!笑

生まれつき障がいにより顔が普通の人と違う形で産まれてきたオギー、その家族、友人や周りの人のおはなし
自分が誰に共感出来るかで感じ方や捉え方が違ってくる作品だと思った
障がいを持った子供がテーマだと重くなりすぎて観るのが辛くなる作品も多いけど、今作はユーモア溢れるオギーと暖かい家族と理解ある友人のお陰で良いバランスが取れていたと思う
色んな辛さと優しさにじんわり泣いた

オギーの子役、ルームの子役のジェイコブ・トレンブレイなんだけど演技上手すぎて人生3回目なんじゃないかと思った
なんだろう。感動ポルノとかいう言葉あるけど映画って大体そんなもんだよね。

泣けた。
結局変われなかった人は少なくてみんな良い方向に変わっていった。

全世代対象感が強い。

父親がオーウェンウィルソンで母親がジュリアロバーツとか羨ましすぎる笑
ミランダもヴィアもかわいい。
>|