ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

みんなが主人公なところがいい
ただの感動モノじゃない
一人一人のそれぞれの人生
ヒヨコ

ヒヨコの感想・評価

3.8
子供らしい考えは
もしかしたら
誰もが子供の頃に一度は
後悔したことがあるかも知れない体験。
恥ずかしいとか、
大勢と一緒で無ければいけないとか
そういう学校という中での
人間関係の難しさ。
そんな中で逞しく成長していく姿。
子供らしい愛らしさ。
其のどれもが、
見守っていたくて、でも時々耳が痛くて。
心温まる作品でした。
REY

REYの感想・評価

3.2
「どうして僕は醜いの?」

産まれながらにして先天性障害を持ち
人とは違った顔を持つオギー
5年生から学校に通う事になる。

見た事も無い顔に驚く子供達。
好奇心の目や虐めに負けず奮闘し
学校へ通い続ける。
常に本音で立ち向かい
ユーモアある性格に
回りもだんだんオギーを
好きになる。

いじめる方も本心は寂しいから…
いじめる側、その子を取り巻く
人達にも視点を当てている

お涙頂戴の作り方では無いので
私は泣けませんでしたが
見終わった後に
家族の愛、友情愛に
心がホンワカする作品😊

吹替
キリン

キリンの感想・評価

4.3
ニューヨーク・タイムズのベストセラーリスト第1位を獲得した小説ワンダーを、美女と野獣の製作スタッフが映画化。見るからに泣かせにくるような作品かと敬遠していたけど、観てみたら全くそんな事は無かった。人と違う事で悩みを抱えるオギーの葛藤だけでなく、その家族や周りの友達の視点からも描かれていて、それぞれの繊細な感情が上手く表現されているので、いろんな人物に感情移入させられる。どんな事でも最初の一歩を踏み出すのは勇気がいる事だけど、この映画を観て自分も自ら一歩を踏み出せる人間になりたいと思った。
しろ

しろの感想・評価

3.5
私自身小学校にあまりいい思い出がないのですが、そのせいか心に突き刺さるような場面が何度もありました。学校て確かにこういう場所だったよな…
オギーを支える家族たちが素晴らしすぎて泣けます。
そして一生懸命なオギーやそのオギーに徐々に惹かれていく学校の仲間たち、みんなとても可愛らしくて暖かい気持ちになりました。

しかし、現実はこうはいかないでしょうね…子供は残酷だから(・・;)
泣きすぎてヤバイ
3リットルくらい涙出た
目こすりすぎてめっちゃ痛い
ジャックいい奴すぎやろ。てかオギーの周り良い人すぎる。オギーは本当に太陽や
Filmoja

Filmojaの感想・評価

4.5
なんて素敵な映画なんだろう!
生まれつき“普通とは違う”顔のオギーとその家族、そして彼に関わった人物たちの奇跡的な出会い。

誰しも何かしら自身のパーツにコンプレックスを持っていると思うけど、オギーのそれは半端じゃない。何せ最初に注目される顔そのものが醜い(見慣れればそれほどでもない)というハンディキャップ。
もちろん最初はそれが様々な障害となってイジメられたり、彼を傷つけることになるんだけど、友達ができ、次第に学校にも打ちとけるにつれて、それが欠けがえのない個性となって輝きはじめる。

本作に好感が持てるのは、単にオギーの成長を追った感動ドラマに終わらないことだ。
憧れでもある宇宙の太陽系を公転する惑星のように、彼を取り囲む家族や友人など、周りの人間たちの心象風景もオムニバスのように1人ひとり丁寧に描写されることで、自分の人生経験に照らして共感できるポイントが一層広がるし、そういった周囲を巻き込んでの“観客に寄り添う”構成と、ラストに向けてじわじわと感涙へ導く演出の仕方が非常に巧いと思った。

一歩間違えば、オギーをきっかけにして人々の“内面の醜さ”をもっとリアルに押し出すこともできるところを、登場人物たちの絶妙な優しさがそれを許さない。
それもひとえに、オギーが素直で賢くて、ユーモアもあって愛される子どもであり、まぶしいほどの“太陽”だからだ。

いろいろな葛藤はあれど、“違いを認める”ことでしか人は分かりあえない。
(自分が思い込んでいる)正しさと親切な行い、どちらかを選ぶなら親切さを。
「パディントン」でも描かれていた共通のテーマ、「親切な人に世の中は優しい」「根っからの悪人はいない」「偏見と差別は無意味」といった誠実な姿勢が本作でも一貫していて、希望の込められたメッセージは清々しいほどにポジティブだ。

ウソっぽくたっていい。
映画の中だけでも、こんな世界があったっていいじゃないか。これを観てしまったら、目をそむけることはできない。
なぜなら、この優しい世界を実現させるのは、今を生きる僕らしかいないのだから。
aya

ayaの感想・評価

4.5
涙腺ゆるい私は最初から最後まで涙がぼたぼた出た。オギーは太陽だけど、周りの惑星にも注目していて良かった。そこにグッときたのかも。
心は未来、顔は過去。
MIO

MIOの感想・評価

4.6
When given the choice between belong right or being kind.
Choose kind.


So can we be friends again?
pon

ponの感想・評価

4.3
誰もが太陽で誰もが地球なんだ。

主人公だけでなく、周囲の登場人物それぞれに焦点を当てていく脚本が見事。
何事にも違う側面があることを静かに伝えてくれる。

そう、私も正しいことをするか親切なことをするか、どちらかを選ぶ場面に遭遇したなら慮ることなく親切を選べる人になりたい…と思った。
>|