ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

Saki

Sakiの感想・評価

3.8
英語音声、インドネシア字幕だったので細かいところわからず、、でも泣けた
暇だったから別にみたくなかったけどみたやつ。ふつーに泣けた。彼は強いよ。
Ren

Renの感想・評価

4.3
久々に映画館で泣いてしまった。
いい言葉が多くてすごく響いた。
taketen

taketenの感想・評価

4.5
who are you? even as everyone say, you are you. nobady can chainge you. raise your faith! the best way to walk step to step is staring
字幕版で観ました

ベストセラー小説「ワンダー」の映画化

評価
🎥映像美 ○
🎥オチ ○
🎥音楽 ○
🎥感動 ○
🎥ストーリー ◎
🎥テンポ ○
🎥泣ける △

ヘルメットがキーアイテム。

後半の校長先生の「オギーは見た目を変えれません、我々の見る目を変えなくては」など、感動的な台詞が多くて良かった。

父親役オーウェン・ウィルソンが、エンドロール少し前に、息子の為にしたある事が、1番の活躍だなと感心しました。
(U_U)。。。
Tamami

Tamamiの感想・評価

-
劇場でこんなに泣いたことあるかな。
はじめての1人映画がこの映画。
なんだろ。なんてことない日常が素敵に見える。
sci

sciの感想・評価

-
誰かに優しくしたくなる気持ちが起こる作品でした。
オギーだけでなくクラス全員を表彰したくなった。
ただ、ジュリアンが何かの形で救われてほしかったなぁ・・・。
VIAちゃんがとてもかわいかった。
うわー、コレはみんなが観なアカン奴や〜♪
(全力でオススメしますよ〜)

「ハイハイ…障害者は迫害を受けて可哀想だね〜」

なんて薄っぺらい映画ではありませんでした!!
(キチンと病気と向き合っていた印象です)

宇宙をめっちゃ推してたから、宇宙飛行士になるエンディングを迎える?
と思いきや…(笑)
(約一年間の出来事のお話です)

あらすじは…
トリーチャー・コリンズ症候群という病気が原因で、生まれつき顔が変形しているオーガスト・プルマン(ジェイコブ・トレンブレイ)は、母親による自宅学習にて宇宙飛行士を夢見る日々を過ごしていた。
そんなある日、容態が安定してきた事もあり、生まれて初めて学校に通う事になる。
初めはクラスメートの視線や孤立してしまう状況を嘆いたが、家族の支えと初めて出来た友達との交流を通して「自宅では学べなかった大切なモノ」を見つけて行く…
というお話。
(とにかく両親が素晴らしかった)

やはりね、人間は中身が大事(笑)
(外見もある程度必要だけど、全てでは無いよね)

主役のオギーくんは等身大の男の子でした。
(歪んだ物の見方をしない子だし、人をうらやんだりもしていません)

母親がジュリア・ロバーツ、父親がオーウェン・ウィルソンって(笑)
(最高か)

オーウェン・ウィルソンなんかは冗談ばっかり言ってる良きパパでした!!
(出演作では「ウェディング・クラッシャーズ」や「インターンシップ」がオススメ)

あとね、お姉ちゃんがめっちゃ良い子なの〜♪
(両親が弟を一番に考えてる事に対して嫉妬しつつも理解してるとか健気で)

この映画の良い所は、オギーの成長記録を主軸として、親友であるジャック・ウィル(ノア・ジュプ)、姉のオリビア(イザベラ・ヴィドヴィッチ)、姉の親友ミランダ(ダニエル・ローズ・ラッセル)の心情や、ストーリーの変化に伴う経緯を丁寧に表現してくれている所だと思います。
(「なぜそうなった?」という疑問を即座に説明してくれる親切設計)

障害を持っていようと、健常者であろうと人とのコミュニケーションは等しく難しい事も教えてくれていましたよ〜♪
(すれ違いや誤解は避けられない事もありますよね)

ストーリーには関係ありませんが、すごく気になったのは…

「黒人に悪者はいないの?」

という事です(笑)
(姉の彼氏ジャスティンやオギーの友達のサマーとかめっちゃ良い子過ぎて、逆に怖い)

人種差別とか関係無く映画が撮れれば良いのに…
(何にでも目くじら立てるのは…イクナイ)

終わり方も好感が持てました!!
家族と疎遠になっていたり、友達と上手く行ってないとお悩みのそこの貴方!!
この映画で見つめ直してみるのも良いのでは〜?(笑)
(レンタル開始は「TSUTAYAだけ」で11月16日ですよ〜)

最期に…
主演のジェイコブ・トレンブレイくんは、あの「ルーム」の男の子です!!
(本作は特殊メイクで表情が見え辛い形でしたが、演技が素晴らしかったです)

だが…しかし!!
僕が一番注目したのは…!?

姉の親友のミランダ役、ダニエル・ローズ・ラッセルちゃんです!!
(キュートなのに美人でもあります)

ミランダちゃんのエピソードに胸キュンしちゃいました〜☆
(えぇ娘やねん!ホンマにえぇ娘やねんって!!)
ひろ

ひろの感想・評価

5.0
想像以上に最高だった。ジェイコブくんはどんねんなっても可愛い!オギーにはもともと勇気がないあった、両親が素晴らしい、ユーモアと強さをしっかり教えている。オギーの周りで変わっていく人間模様もまた素晴らしい。自分もオギーに拍手を送った、彼に出会えた事が一生の財産になるだろう。彼もまた人生を謳歌するだろう。そんな希望に溢れたラスト、すごく勇気付けられた。
さえり

さえりの感想・評価

5.0
ワンダー君は太陽 最高です!!
この映画は宣伝詐欺です!ただし、いい意味で!!宣伝見たらオギー少年の話だと思うじゃないですか?違います!問題を抱えるすべての子供たちの映画です!
このポスターで3歩くらい後ろを歩いてるお姉ちゃん、ちょいキャラだとおもいますよね。実質第2の主役です!お姉ちゃんに共感して、感情移入して、お姉ちゃんが出てくるたびに涙が出てました😭
オギー、ヴィア、ジャック、ミランダ、そのほかにもたくさんの問題を抱える子供たちが出てきて、誰かしら共感できる子がいると思います。すべての親と子に見てほしいと思える映画です。


個人的には映画を見終わって数日間、おばあちゃんのことを思って涙がとまりませんでした。ヴィアがおばあちゃんだけは自分のことを理解してくれる、でも今はいない…というシーンがあって、自分自身ずっと会っていなくて、でもきっと私のことは忘れているだろうおばあちゃんのことを想いました。

ヴィアの演劇のシーン、あれは彼女にとって、初めて人生の主役になれた瞬間な気がして涙が止まりませんでした。

そんなかんじでずっとヴィアに感情移入しっぱなしでした
>|