mk

RAW〜少女のめざめ〜のmkのレビュー・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)
4.5

究極の愛の物語。
確かに。
両親、兄弟、好きな人。
お姉ちゃん(泣)
お父さん(泣)
一線を越えたあの瞬間は、音楽も相まって、今年一番のショッキングな瞬間だった。
その一線を超えて以降、狂気が増していくごとに、あどけない少女が、自立した一人の人間になっていっているように見えてくるのが不思議だった。
ラストにも衝撃。
今年一番のトラウマ映画。