RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価・動画配信

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

ぎん

ぎんの感想・評価

3.4
ベジタリアンが血に目覚める。

見るもの全てがエグい。痛い。
音楽が最高にキモい。
獣医学校がイカれすぎて嫌悪感。

こいつらが獣医になるとか世も末。
もう見たくない。
y

yの感想・評価

3.1
画が好き。二日酔いの時に観るものではなかった…けど平常時はもっと耐えられなかったと思う
FirmBear

FirmBearの感想・評価

3.9
グロ美しい。
思春期という多感な時期の少女から大人の女への移り変わりを、ベジタリアンからカニバリズム。オチの演出はありがちだが、画が綺麗。
Sinamon

Sinamonの感想・評価

3.6
厳格なベジタリアンの獣医一家に育った16歳の少女ジュスティーヌ(ギャランス・マリリエ)は、両親や姉と同じ獣医学校に進学します。
初めて親元を離れ、見知らぬ土地の寮で過ごす学生生活。
新しい環境で不安に駆られながら日々を送ることになったジュスティーヌは、新入生の通過儀礼に遭遇し、上級生たちから生肉を食べることを強要されます。
断り切れず、やむなく家族のルールを破って人生で初めて肉を口にしてしまいます。
これをきっかけにジュスティーヌのカニバリスト(人肉食)という隠された自分の本性に目覚めていく姿が描かれた映画です。

肉を食べた事により境界線を踏み越えてしまい、もう戻れない少女ジュスティーヌは思春期特有の子供と大人の合間で彷徨う様子をカニバリズムと同化させながら描いている青春スリラーだなぁと思いました。

姉も同じカニバリストで最初は仲のよい姉妹だったのがあるきっかけから肌を食いちぎるまでの姉妹喧嘩になります。
後々、その理由も明らかになります。

それぞれのシーンはとても怖く残酷でショッキングなシーンがあるのですが、ダイレクトに表現する事により、少女から大人になっていく過程が描かれていて、ただのホラー映画ではない何とも言えない気持ちになる映画でした。

衝撃的な変貌を遂げる主人公を演じたギャランス・マリリエの目の表情が余韻となってこびり付いて離れなくなりました。

ラストもゾッとするラストです😱

残酷でありながら、音楽とストーリーには芸術的なセンスを感じる映画でした。

だからと言ってホラーが苦手な方やグロテスクなのが苦手な方にはけしておすすめできない映画です。
ayu

ayuの感想・評価

3.4
ベジタリアンの家庭で育った獣医学生の主人公が、うっかり生肉を食べたことで禁断の味に目覚めてしまう…といった話。

カニバリズム中級編くらいのグロさ🍖

血が飛んだり激しい人体破損はそこまで多くないんだけど終始まとわりつく気持ち悪さ。

口の中噛んだり、抜歯したり、指切れたときとか、自分の血を味わった経験って誰しもあると思うんだけど、その経験があるからこそ伝わる生々しさ😱

危険な味を知ってしまった気持ち悪さだけじゃなく、秩序崩壊した学校にも嫌悪感やばいな。

先輩たちも教授もキショいし、学部も学部なもんでパーティして息抜きくらいは必要なんだろうけど、それにしても酷すぎる環境で真剣に獣医になりたい人が可哀想😵‍💫😭(笑)

この世にはゲテモノ料理というジャンルがあるとはいえ、洗礼としてウサギの肝臓を生で無理やり食べさせるのはやりすぎやと思います🐰

白衣も白だから素敵なんやん?なぜ汚す??🥼

公開当時からちょっと気になってたけど見逃し、その後も見れる媒体が少なく今回ようやく見たんだけど、お話としては期待値を上回らんやった。

伏線になりそうなシーンがたくさんあるのに結局なんやったん?ってモヤモヤが多くて、ネタバレサイト見てなんとか飲み込めた感じ。

序盤の事故シーン、なるほどね、迷惑なやつめ!

明らかにおかしな方向に変異していく自分の体との葛藤とか、もうちょっと見たかったなぁ。

主人公はちゃんと顔がかわいいです💫
役者さんのお顔がタイプだと面白さマシマシなのでそこはよかった。笑

【結論】
イカれた家族と学校のお話です(ᐛ👐) パァ

姉ちゃんが暴れてこのまま終わったらつまらんなと思ってたらラストで「お前らもかよ!!!」っていうプチどんでん返しがあってなんだかんだ楽しめなのかな、うん🙆‍♀️
saya

sayaの感想・評価

4.0
飛び級で16歳にして獣医科大に入学したヒロインは、ベジタリアンとして育てられたので肉を口にしたことがなかったのですが、上級生からの洗礼でウサギの腎臓を生のまま食べさせられたことで、隠されていたカニバリズムの欲求に目覚めてしまう物語です。
思春期における性への目覚めや初恋をホラーとして描いた少女漫画のような世界観でした。
カニバリズムの映画は何本も観てきましたが、この作品の描写は地味に気持ち悪いのが魅力です。
普通に人肉を食べるのではなくて、我慢できずにソーセージをしゃぶる感じで肉をそぎ取っていき、やめられないとまらない有様が妙に生々しくて吐き気がこみ上げてきますよ、もう最高です。
欲求を抑えきれずに孤立していくヒロインの悲壮感と抒情的な音楽が合わさって、どうにもやりきれない心情になりました。
敬虔な修道女が恋愛感情を抑圧して悪魔憑きになってしまう理屈と同じで、自分の欲求を隠しても悲劇しかもたらさないのですよ。
食欲は命を奪うので性欲より罪深いはずですが、世間では誰も食欲を隠さないじゃないですか。
食欲と性欲が混ざり合う狭間で苦しみ、隠すことしか出来ないヒロインの葛藤の深さは計り知れないわけです。
親によって抑圧されていた本性が目覚めてしまう青春ホラーは数多くありますが、他の作品と違って解放感もないまま、罪深い欲求と一生をかけて向き合っていかなければいけない真摯な姿が美しくて切ないのだと思います。
あとブラジリアンワックスでアンダーヘアを脱毛するよりレーザー脱毛が圧倒的にお勧めなことは補足させてください。
お姉ちゃんの顔が好き。
フランスの獣医大学はみんなこうなんだって思う人出てきそう…。

緑になるまで出てくるな!!!
なかけ

なかけの感想・評価

3.2
最近流行りの思わせぶりで運動神経悪い雰囲気映画かと思いきや、意外にも動的で悪くないシーンも多々あり悩ましい。
後景で訳の分からない動きをしている乱痴気騒ぎを縫う長回し、屋上での立ちションや、フレーム外へと転がって行く車椅子なんかはとても良い。

意味ありげで意味無さそうなスローモーションや、人肉に目覚める瞬間にギャーンとなるギターは下品でいただけない。

主人公が背負うものが「業」まで達せず「トレンド」くらいの重さしか感じられず、物語はイマイチ乗れなかった。
Seina

Seinaの感想・評価

4.0
姉妹映画
音楽、映像すべて作り込まれていて、気持ち良い不快感。だいすき。
ラストもしっかり。

作風はネオンデーモンに通ずるものがあります。

それにしてもイカれた大学だな…。
母とおばあちゃんと鑑賞。

主人公のお顔ちゃんななさんに似てる。
>|