RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

KiiHan

KiiHanの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかったハラハラした〜けど内容よくわからない怖い
お母さんがすでに人間の肉を食べることが好きでそれを防ぐためにベジタリアンを無理やりさせてたってことなのか
Moeka

Moekaの感想・評価

3.5
ああエロくて大満足。食欲睡眠欲喫煙欲排他欲性欲詰まりまくり。肉欲の味は1度しめたら忘れられない。ただ抑圧を受けて受けてやっと自己を見つけるに至った時からのこの結末がある意味1番ホラーというか衝撃かもしれない。個人的にはあまりグロくなく、1番どこでウェッとなればいいのかわからない印象。笑えるところが多いからブラックジョーク映画なのでは、、、みるみるうちに獣のような瞳になっていく女優さんに脱帽
kaname

kanameの感想・評価

2.5
ベジタリアンの少女が、生肉を口にした事をきっかけに隠れていた本性が露わになっていく様を描いた物語。

噛む、喰う、吐く…独特の世界観を味わえるのは、それなりに楽しいが、何が言いたくて何がやりたいのかはサッパリ…w

ショッキングなビジュアル以外は、今ひとつ物足りない印象かな…
グロいが思ったよりぐろくなかった。

この家族おかしいし
こんな学校は本当にあるのか?だし
もはやこの子は人間なのか?に限る笑
うーん、

食べたものを吐くシーンや口の周りを血だらけにしながら生のもんを食べる場面などスプラッター満載で、オエッとこみ上げてきました

作品の狙いは面白いと思いますが、私はダメでした。
ILLminoru

ILLminoruの感想・評価

2.8
フランスの女性監督ジュリア・デュクルノーの"カニバリズム"ホラー映画。

"カニバリズム"という題材を"少女から女への変容(性の目覚め)"そして"愛情"のメタファーとして描いた作品。

"覚醒"するシーンは音楽も相まって「美味っ!何コレ!?」っていうのが映像で伝わる秀逸なシーン。

それほどグロくはないですが、想像をかなり喚起させるので閲覧注意な作品。

言うほど、グロいシーンは無いが苦手な人は注意。

もらいゲロしやすい人も注意。


🙆‍♂️
もしや、目を背けるシーンか!とゾワゾワ恐れながら観た ちょっと神経に悪いんじゃないかとすら思いながら。
けど それほど怖いシーンはなく というか 姉妹がそれぞれ魅力的だし 病気なんだな、サガはもうしょうがないな と思えてくる 気の毒だったり滑稽だったりして。 実際 私自身ほぼベジなので 現実に肉ばかりを好む人があまりよくわからないから 極論 同じに見えてくる。あと、血肉とエロスはでどころが同じと思える。鼻血のシーンがかわいくすらあった。

一度で充分だけど 嫌いじゃない。続編あったら観ます。
少女が女性になるまでの過程をモチーフにしたホラーかと思いきや、ラストでまさかのどんでん返し!あの父親の告白を聞いた瞬間、点が一気に線となり、“抑圧を受けて生きること”というもうひとつのテーマが浮かびあがる。
ne22co

ne22coの感想・評価

3.7
2017年 105作品目(試写)

作品前後しますが年末観てたけどかき忘れてたので。
途中何度か両手の隙間から観るような心臓がぎゃー!!っとなるシーンもありましたが、テーマが分かりやすくて(ある意味思春期の意味不明な衝動みたいなものも含めて)観やすかった。

画のアート感と音楽のメリハリ感もお洒落だった。あと最初に思っていたよりもユーモア要素(ユーモアと感じられるかどうか絶妙なところですが)が多くて吹いたりした。

最後の最後が自分的には一番トラウマ級になんども味わいたい感覚シーンでした。ぞわぞわするぅ。

監督がめちゃめちゃ美人さんでそれもびっくりでした。
>|