RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.8

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

思わず悲鳴をあげそうになるシーンも多く強烈だった!過激なのは苦手だが、これくらいすごいレベルだとも高スコアになる。インパクトのある音楽もなおいっそう拍車をかけていた。ヒロインの女の子可愛かったな。でも獲物として目標を定めたターゲットに向ける表情は、眉間のあたりに皺をよせ迫力あった。
Masa

Masaの感想・評価

3.3
原題: Grave(フランス語)/Raw
直訳: 深刻な/生

ー 知ってしまった味(タブー)。

なかなかの問題作だった。
嫌いな人を食べたいか
好きな人を食べたいか
肉うまいから食べたい

でカニバリズムの理由が変わってくると思うんですけど
もし私が人間食べるならっていう立場で思ったらドンピシャでこの映画には同意しか出来なかったけど
私のために動物のグロシーンは全部モザイクかけてほしかった
それか松岡修造ボイスで「2秒後にくるよ!動物のグロシーンくるよ!気をつけて!」って言って欲しかった

動物のグロ以外はそこまでグロくないけど私は吐きました
トイレのシーンは私が三日前に見た夢とまんまおんなじで驚きと吐き気しかしませんでした
仁

仁の感想・評価

3.0
途中途中、「イタタタ!」とか「やめてー!」みたいなシーンはあったけど、こんなもん?って思ってたら衝撃の展開に。 ラストはちょっとアレだったけど、それ以外はなかなか。
ちゃそ

ちゃその感想・評価

3.4
フランス産カニバリズム。
アレルギーで肉食わんのんじゃなくて血統の末食べさせてもらってなかったんやな。理解。

おねぇちゃんがなんで妹ルームメイト襲ってもうたんかわからんかった。今まで上手いことやってたっぽいのに。欲には勝てんかったんかな。
Nagisa

Nagisaの感想・評価

3.7
とんでもない
今年見てきた中で
1番ショッキングな映画
かなり気分が重くなる

これを見てカニバリズムに目覚めてしまう人が居るんじゃないかとさえ思う
ヨーロッパ映画の動物の使い方は、どうしても気が重くなる。増してや、舞台が獣医学校ときたら気分が悪くなる。
観る人を不快にするための道具として、動物を使うってのがもー、わたしには受け入れがたく。。。

して、中身ですが、「ガーゴイル」ジェネシスみたいな話。是非セットで観たい作品です。

ベジタリアンだった少女が、姉に倣って獣医学校へ入学し、新入生への洗礼として、生のウサギの肝臓を無理やり食べさせられてから段々と肉に目覚めて行くという話。

新しいホラーの形と言われるだけあって、確かに新鮮さはある。学校生活の中で、先輩達のかなり暴力的な制裁の日常で、次第に自分の中の暴力がそれを上回った形で目覚めて行く。それは、少女から大人になる性への目覚めのやうに、血肉を喰らいたいというはっきりとした欲求ではなく、自分ではまったく自覚しないまま、本能がそれを欲し、人としての理性との狭間で、次第に抑えられないものとなって行くといったリアリティー。

新鮮で面白かったけれど、生理的に不快なシーンが多く、終始眉間にしわ寄せて鑑賞していた。

そこは、フランス映画ならではな、性と血といった題材が堂に行っていたけど、説明くさい落ちがなんとなく気に入らなかった。
血は争えない…のか…?😂
これ変なの主人公だけじゃないよな…?
無理~😅
近くの映画館で上映しておらず、DVDにて鑑賞📺❇️

そういう話?😅
予想とは違ったな😆💦
正直、私には無理😵
何度も目を背けそうになった😭

主役がキレイだから「少女から大人に目覚める」映画だが
グロいのや血が苦手な人には無理かも😵
映画館や家族で観なくて良かった😅
評価はそこそこ高いが、私にはわからなかった💦
キモい髪の毛のシーンで園子温監督の『エクステ』を連想したり道路での事故シーンがクローネンバーグ感あったりオチも含め姉妹愛、家族愛溢れる良作でした。本作で長編デビューというジュリア監督の今後の作品も楽しみです。BigUp!
>|