RAW〜少女のめざめ〜の作品情報・感想・評価

RAW〜少女のめざめ〜2016年製作の映画)

Grave/RAW

上映日:2018年02月02日

製作国:

上映時間:98分

ジャンル:

3.7

あらすじ

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次…

16歳のジュスティーヌは厳格なベジタリアンの獣医一家に育ち、両親、姉と同じ獣医学校に入学。初めて親元を離れ、見知らぬ土地の大学寮で学生生活を送ることになった彼女は、新しい環境で不安に駆られる日々を過ごす。新入生通過儀礼として 生肉を食べることを強要されると、どうしても学校に馴染みたいという思いから家族のルールを破り、人生で初めて肉を口に する。その行為によってジュスティーヌの本性が露わになり、次第に変貌をとげていく。彼女が本当に求めるものとは..。

「RAW〜少女のめざめ〜」に投稿された感想・評価

sai

saiの感想・評価

3.9
カニバリズムがどうとかよりも、こんな獣医学部は嫌だシリーズがあれば、ぶっちぎりで優勝できそうな映画。毎回ベッド捨てられるのしんどすぎるだろ…(笑)

肉食うシーンより、主人公と姉の微妙な関係性がツボだったなあ。姉が野暮ったい妹を雑に扱う反面、ちゃんと世話やいたりするところとか姉のいる身としてはあるよね~って感じで。さすがにあんな喧嘩の仕方はしないけど(笑)

見終わった後だと、冒頭の事故のシーンがなんともね。あとラストのガラス越しのあれ、エモい。
とても面白かった!生々しい青春映画。トイレで〇〇〇を吐くシーンがゴアよりもゴアなゴアでヤバかった。思春期っていう獰猛の開花なんだなあ。姉妹がとてもよい。ぺったりくっついていながら殴り合うようなリアルなバランス感覚で、監督自身の姉との関係が反映されてるのだろうな。同室のゲイがお花のように儚くて哀れでした。あとトーチャン…。(2018/7/20
グロテスク of グロテスク
生ものが嫌いなわたしは、見てるの辛かった

ずっと気になってようやく見れたけど、、
ちょっと期待しすぎたかな…
kiko

kikoの感想・評価

3.6
目覚めたカニバリズム❢❢鶏手羽を食べるがごとく指をむしゃぼる様は新しい。オチはふーんなんだけど、姉妹役の2人の雰囲気がいい。
ブラジリアンワックスのその後が大丈夫だったのかが心配で‥(笑)
maichan

maichanの感想・評価

-
少女が女になっていく過程をカニバリズムに置き換えて表現している映画です。
肉欲が文字通り肉が食いたい欲となって現れます。肉食系女子です。

さほどグロくはなかったけど、血が多めで、生理的に嫌な気持ちになるようなシーンを意図的に入れてる感じです。学生たちの汚らしい白衣とか。猿と性行為をしたらレイプになるのかなんて会話とか。

ヒロイン、ジュスティーヌのお姉さんがなぜあんなにも妹をけしかけるのか。名前からして「美徳の不幸」「悪徳の栄え」のジュスティーヌとジュリエットの姉妹なんだろうけど。
この2人の愛憎がひしひしと胸に迫る映画でした。

悪魔のいけにえやグリーンインフェルノはちゃんと焼いて美味しそうでしたが、こちらは直接生でカブリといくので、カニバリズムというより、ゾンビ、バンパイアものっぽさがあります。
アマゾンプライムビデオで。

無法地帯な大学だな。
先輩があんなにやりたい放題でいいのか?
この映画の舞台は大学ですが、「家」を描いた作品です。
映画の冒頭、並木道の続く一本道を走ってくる車に向かって木陰に隠れていた人影が飛び出します。明らかに衝動的な自殺行為です。車はその人物を避け木に衝突して大破しますが、これを遠景に引いた画面で長回しでみせます。この人物が誰かは明かされません。次のシーンは食堂で主人公である娘のサラダのなかにミートボールが混ざっていたと文句をいいに行く母親を映すともなく映します。これは主人公が厳格に躾けられたベジタリアンであるとともに過保護に育てられたことを表します。
そして映画の中盤、冒頭と全く同じ光景が繰り広げられます。自殺未遂を犯すのは主人公と共にいた彼女の姉です。映画を最後まで見るとわかるんですが冒頭の人物は主人公の母親なんですね。
「家」から初めて出てゲイの友人により人間の多様性や失恋などを味わった主人公が母親からの呪縛を脱するまでの話です。カニバリズムはひとつの象徴であり母親から受けた負の影響を意味します。主人公と同様の道を辿っていた姉は同様に苦しんでおり、先にひとつの結果に至ります。
これは誰でも経験するサンタクロース体験のようなものです。幼児は6才くらいで外界との接触等によりサンタクロースがいないことに気づくのですが、そこには誰も守ってくれる者のない厳しい現実世界が広がっているわけです。この映画はそれをカニバリズムというショッキングな手法で伝えているのではないかと思います。
では、なぜカニバリズムなのか。これは何を意味しているのでしょうか。カニバリズムは大きく2つに分けることができます。1つがエンドカニバリズム(内食人)であり、部族や家族内の死者に敬意を表するため行うものです。キリスト教における聖体拝領もそのひとつですし、オートカニバリズム(自食人)という自らの肉を食べるものもあります。また、アンドレイ・チカチーロ、佐川一政、アルバート・フィッシュ、エド・ゲイン、アルミン・マイヴェスなどの異常性欲もこちらに含まれるでしょう。
他方がエクソカニバリズム(外食人)と呼ばれ、敵を威圧したり脅威を自らに取り込んだりする目的で外部の人間を食するものです。
RAWにおける主題はエンドカニバリズム で、相手に対する愛情からその人肉が食されています。終盤姉に面会に行った主人公がお互いの欠損した部分を誇示しあうシーンがありますが、これは愛情表現として捉える事ができます。(途中
Shoko

Shokoの感想・評価

3.3
174本目。RAW見ました。
映画アカウントにしたくせに全然映画見てなくて気まずさがすごかったですけどもう大丈夫です(?)
あやさんにアマプラで週末セールだよ〜って教えてもらったので。
見たかったのにタイミング逃してたのでようやく、です。
私の知ってるあらすじは、ベジタリアンの女の子が無理やり生肉食べさせられてなんやかんやでカニバリズム…みたいな…どこ情報だっけ…?だいたい合ってた。

怖くはないけどぐろい映画でした。食欲なくす。ゾンビ見ながらごはん食べるタイプの私でも「うーん…今ごはん食べたくない…」でした。
ていうか学校が!怖い!獣医学部ってこんなパリピなの?!
私なら根暗コミュ障なので初日から登校拒否しそう…おまけに動物好きで入学したのにうさぎの腎臓食べさせられて…ていうか初めて口にする肉がうさぎ、それも臓器って、肉嫌いになりそう…と思ったのにめっちゃ肉食べるやん!やっぱりフレッシュな腎臓なら美味しかったのかな…お肉おいしいもんね…でも食べすぎはだめよ…
獣医学部といえばストーブでおしるこを温めて爆発させるみたいなほのぼのさが欲しいですね。
どうするどうすればどうなる?!で一気見したけど大学デビューの女の子が酒を飲み、肉を食べ、セックスをしてる映画でした。酒池肉林よ。
姉妹愛もあるよ。お父さんがかっこよかった。ていうかお父さんよく生きてたね…
悪意

悪意の感想・評価

3.2
少女の目覚め、つまり大人(性)への目覚めとそれに伴う肉食への目覚め。
厳格なベジタリアンの家庭から肉に囲まれた獣医学校への入学、不埒な学院生達と奔放な姉、ゲイのルームメイト、それぞれが上手く作用し合って多様な意味での肉欲を掻き立てる。
発疹は変わり行く自らの肉体への戸惑いと抵抗の表れを示唆していたのだろうか。

個人的にはオチが素晴らしく詰まらなかった…姉妹のシャワーシーンで終わっていたら完璧でした…。
これみた後牛丼を食べたが、みんなはいたんだ肉の味を知っているだろうか?この映画ぐらいの鮮度で食うとどうだろうね?想像でしかないが後者も食えたもんじゃないだろう。
麻疹と指にはくるものがあった。姉の''あんたのためにやってんでしょ練習よ''に違和感を感じたが、ラストの回答に笑った!きっしょ!きっしょ!
>|