yurina

犬ヶ島のyurinaのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.6
日本語が文字として機能していなく、完全にデザインだった。読めてしまうからこそ画面の情報量がエラいことになったけど、配置やら英語との組み合わせで最高におしゃんなデザインだった。そして壁に書かれたメッセージ辛い...

日本文化よく観察してるなぁと感じる映画でした。ウェス・アンダーソンすごい。一番お洒落な映画作ってる監督だと思てる。

日本語が英語に訳され、それに字幕が付くのが不思議な感覚。字幕で見たからこそ楽しめた所なので字幕を推します。

ファンタスティックMr.FOXを初めて見た時も衝撃スゴかったけど、犬ヶ島も負けず劣らずの衝撃でした。
久々にパンフレット買った!最後のクレジットまで楽しめました〜