犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

ウェス・アンダーソン監督の最新作『犬ケ島』

こちらも5/25(金)公開の映画🎦

新しいのか、懐かしいのか、良くわからなかったけど・・
アンダーソン監督は、日本 “ JAPAN ” 大好きなんだな〜❤
って、日本のアート&日本独自の浮世絵や神社・太鼓等が満載でした(*^^*)

これストップモーション・アニメなんだけど、
制作日数と言うか「1シーンの最も長い撮影は15週間(107日間)」とか、「最も長いチーフのゴルフコースショットは、1929フレーム」とか、「人形の数は1097体。500人以上の人間と500匹の犬。」「各人形製作は16週間。ナツメグは6ヶ月」etc.
『犬ケ島』エキサイティングな驚きワールド満載で〜
しかも、3月末に開館した日比谷TOHOでは人形他を展示しているとか💡

因みに、アンダーソン監督の前作『グランド・ブダベスト・ホテル』は大好きな映画です❤
スー

スーの感想・評価

4.3
独特の雰囲気と世界観を持つ作品。
シュールな笑いと緻密に作られたストップモーションアニメ。犬たちが可愛いし個性的なキャラクターが印象的な傑作。
音楽も昭和の時代劇のようで耳に残る。
まさにWアンダーソン監督の作品。

試写会で字幕版と吹替版を両方お先に感情させて頂きましたが、どちらもかなりイイ!私は大好きです。画面の情報量が多いので吹替版の方がわかりやすいかも。
大人向けのストップモーションアニメです。吹替版には5〜7歳ぐらいの小さいお子さんも来てましたが、よくわからないシーンがたくさんあったみたいで「今のどうして?」「どっちの犬?」とか小声で質問している声が聴こえてきました。良い作品なので、できるだけいろいろな年齢の方に見て欲しいのですが、小さい子には難しいシーンもあることだけお伝えしておきます。
代わりに50代ぐらいのおじ様は大爆笑したりとかなりウケてました。私もクスクス笑う組でした。
Wアンダーソン監督作品て本当に独特なので、あのシュールな世界観が好きなら気にいるはずです。私は見終わってから速攻でフィギュア6体付きムビチケをポチってしまいました。
日本がリスペクトされていて丁寧に作られている傑作なので、是非大ヒットして欲しいです。

犬可愛い🐕=3
ストップモーションってすげーな。日本語と英語の使い分けが斬新。かつアニメーションもウェスアンダーソンワールド全開で見てて痛快だった。
18
試写会にて

テンポがよくてあっという間に終わっちゃった!!映像のボリュームがすごくて1回じゃ足りない。ってことで観た次の日にはフィギュア付き前売り券買ってた。

ウェスアンダーソンワールドにハマっていく。過去作もっと観たい…
ASA

ASAの感想・評価

4.0
試写会で鑑賞。監督がどうとか出演がどうとか事前情報無しで予告で期待してたんだけど、期待以上。背景は作り込んでてオサレだし、キャラの動きもコミカルで可愛い。人間と気持ちが通じ合ってるようで通じ合ってなくて、でも通じてるみたいな。でも、お互い思いあってる感じが、飼い主とペットのリアルを感じて良かったなあ。なんとなくグロいので、小さい子には不向きだけど、大人が楽しめるアニメでした。
私は以前より将来は犬2匹飼って助さん・角さんという名前にしてお散歩のときは「助さん、角さん、行きますよ」って言いたかったんだけど、この映画を見た今、将来飼うお犬の名前はチーフとナツメグにしたいと思っています(とってもどうでもよい感想)。

自分の欠点だと、直さなきゃいけないとこだと思ってくれているところを、でも私はあなたのそういうところも好きだよって行ってくれる恋人最高すぎるじゃん、最高すぎるじゃん?

英語と日本語(日本人が声あててるんだけどなんか妙な聞きづらさのある日本語)が入り混じっていて英語だと思ってたらいきなり日本語聞こえてきたりするから割と混乱する、脳みそ疲れる。

映像や音楽はウェスアンダーソンらしさがたっぷりで見ていてとっても楽しい。犬いいよなあ犬。


2018-44
餅

餅の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

試写会にて。
ストップモーションまじすごい。
ストーリーは意外と王道。
でもツッコミ所満載。

各キャラは母国語を話すって説明まであったけど、日本語も英語も混じって早口だったり同時通訳だったり更に被せるから聞き取りにくい。
日本語のキャラは演出なのか下手なのか微妙だったけどチーフとかスポッツとか犬達がすごいかっこよかった。
アダヒ

アダヒの感想・評価

3.0
自分をオシャレだと思い込んでいる自称映画通のブスは ウェス・アンダーソンが好きだ。唇を真っ赤にして下北辺りをうろついている人種だ。ちなみに俺は唇を真っ赤にしないし、下北にも行かないタイプだ。キャラクターは 教育テレビの人形劇のような 奇妙で少々不気味な雰囲気を帯びていた。しかしストーリーは王道で 親子でもデートでもOKな映画だった。ちなみに俺は1人で観に行った。
あやの

あやのの感想・評価

3.3
試写会にて。

ビジュアルほど病んでない!
100%観やすい…わけではないけど、実は本質は観やすいような作品。
ちょっと分かりにくい所、突っ込み所は多々あれど、一本通った話で展開もなかなか楽しめたと思う。
主役と犬の関係にウルッと来そうになる。

色彩好き、シュール好きにはたまらないであろうウェスアンダーソンらしさ、ぶっ飛びセンスは勿論健在かと。
横スクロールで壁貫通する映し方とか章構成が好きだなぁこの監督は。

早くて小さい日本語は読みづらいし英語と字幕が行き来するので頭と耳の切り替えが疲れるかも。
あと主演のイントネーションがちょっと気になって現実に引き戻された。日本人で良かったんじゃないかな…。
すいか

すいかの感想・評価

4.1
犬と人間の言語の違いを英語と日本語で描いてるのが面白かった。ただ、少年が一句詠む良いシーンで、ダイナミック字余りしてて笑ってしまった。
ほとんどの日本語の部分の字幕が出ていなかったので、自分日本人でよかった。

中国の映画館で見たので、英語日本語中国語が飛び交ってたのが面白かったけど、理解できないところもあったのでも一度日本で観ようと思います
>|