犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

ynym00

ynym00の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

シャンプーのシーン
第2章冒頭の曲
やや赤の雰囲気を感じてしまうデザインのポスター

キャラや世界観がめちゃかわいい
alma

almaの感想・評価

4.1
ストーリーもコンセプトも良かったが、それよりも細部までデザインされたシーンが、見ていて楽しかった。
日本的なエッセンスが外国人の視点を通して、皮肉なのか愛着なのか、判断は難しいけれどとにかく盛りだくさんに詰め込まれていて、興味深く面白い映画だった。
ム

ムの感想・評価

3.5
烏丸のミニシアター、出町座にて鑑賞。上映終了間際やったから見れて良かった。
ウェスアンダーソンの作品を見るのは3つめやけど、どれもとにかくテンポが良い。
今作品は、近未来的な日本が舞台で、監督の中にある日本像というものが細かく表現されてて面白かった。あとは個人的に、少年アタリのカタコトな喋り方と、じんわり目に溜まっていく涙の表現、犬の揺らがない忠誠心にグッときた。実家のわんころを愛でたくてたまらん。
犬ってやっぱりご主人様が必要なんだ、って感じた映画。

七人の侍、トシロウとワクワクして暁テル子なんて久々に聞いた。使い方がとても上手い。
英語を喋る犬は最初は違和感あったけど、主人公が島にくるところから気にならなくなった。犬との関係って確かに言葉はわからないし。
さ

さの感想・評価

4.8
やっと観られた
素晴らしくて何度もときめいたし泣けた〜
ガブに会いたすぎるから超急いで帰りました
こういう映像の感じ苦手意識あったけど、スって見れた!
今のご時世は多数決で決めれてしまうから、トップがどんだけ狂ったこと言ってても賛成さえ多ければそうなっちゃうってこと改めて怖いなって。
ワンチャン5人組も多数決やったし(笑)
だから、政治に参加ちゃんとしないと!
そーいう思いで作ったんかは知らんけどそー思った
Masa

Masaの感想・評価

-
原題: Isle of Dogs
直訳: 犬の島

ー 犬たちの暮らすこの島では誰もあきらめない「ぼくの大切な友達を見つけてみせる」

英語/字幕なしで音声もよく聞こえない状態で鑑賞のため、細かい会話は分からないところもあり。
ストーリーはなんとなく追っていけた。
画が見ていて面白い。

もう一回ちゃんと観よう。
みほた

みほたの感想・評価

4.2
日本を舞台にした映画なのに、新しくて面白い日本映画を見させてくれたような、そんな映画。話のテンポが速いから、後味はスカッとするかな。
at

atの感想・評価

-
英語の犬と、日本語の人間の絶妙な分かり合えなさ。
くるりんぱしたキャスター、留学生の浮き方。
日本愛に溢れていて、あぁアンダーソン好きってなる。
複雑な感じの見せ方をしたかったのかな、でも、ただただ時間が使われ、ごちゃっとした印象。


目が悪い身としては日本語字幕、もう少し大きくして欲しかった。
>|