犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと…

近未来の日本。犬インフルエンザが大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に降り立った。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく──。

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

MAeKeN

MAeKeNの感想・評価

4.0
ウェス・アンダーソンワールド全開!

ピクサーとかこてこての3Dアニメだったら、多分めっちゃ違和感あったと思う。人形にして正解!

どの犬も愛嬌があって、皆で協力して苦難を乗り越えるところとかが良かった。オチも好き。

美術部に拍手
88888888
ずん

ずんの感想・評価

4.4
ウェス・アンダーソン監督のこの作品に対する情熱を讃えたい!

監督の感性の素晴らしさと日本への愛が溢れる素敵な世界観を堪能できる傑作でした!

近未来の日本で犬の病が蔓延し、犬嫌いのメガ崎市長の命令により犬達はゴミと一緒に犬ヶ島へ送り込まれ密かに生き長らえていた。

主人公のアタリ少年は飼い犬兼ボディーガード犬である相棒スポッツを探しに1人犬ヶ島へと渡る。

そこで出会った沢山の犬達との大冒険物語。

冒頭から和太鼓のBGMや浮世絵、日本の歴史的背景など、昔の日本を違和感なく感じさせるのが素晴らしいです。

リアルな日本じゃ無いにしても、制作するにあたってここまでの世界観を創り上げるのに日本の事を相当詳しく調べたんだなぁと感心しました!

また特に驚いたのが、登場人物の豊かな表情や犬達の毛並みがなびく描写。ストップモーションで描く繊細さに監督の丁寧な仕事ぶりと本気が感じられます!

どの登場人物も犬達も愛着の湧くキャラクターで特に主人公のアタリ少年と野良犬のチップが一緒に旅をしていく中でだんだんと心の距離を縮めていくのが可愛かったです。

本当に細かいところまでこだわっていて、愛犬スポッツとの再会シーンやチップが始めてクッキーを食べて感動するシーンで犬の目に涙を滲ませていたり、感動したのは寿司職人が寿司弁当を作るシーンや研究者のハイテク機械で薬の効果を証明するシーンは真面目でいかにも日本人らしさが表現できてるなぁと!

他にも高校新聞部の黒板の文字や、犬ヶ島のあちらこちらに書かれた日本語に遊び心がありついつい一時停止して見入ってしまいました。

改めてウェス・アンダーソン監督に興味を惹かれる傑作でした。

他の作品も観てみたいです。
ウメダ

ウメダの感想・評価

3.8
ストップモーションアニメの出来としては、KUBOに劣るとは思うが、犬ヶ島の方が面白い!

画面枠に入る人間と犬の配置や、独特の世界観、そして犬のキャラクターや生い立ち、顔の表情など丹念に作り込まれていて良かった(^。^)
ふゆ

ふゆの感想・評価

3.7
シュールな可愛さのキャラクターとフィクションの馬鹿馬鹿しさとリアルな怖さが絶妙にミックスされた物語に目が離せない。
日本人としてはツッコミどころ満載だけど、外からの目線で見ると確かに不思議の国だなあと改めて思う。
時代劇のような場面転換と、ヨォーッ(ドンドコドン)みたいなエンディング笑う。
パペットなのでマニアックな部分まで行き届いた映画。絵面だけでなく、台詞と動きも。
Mr.FOXが好きなので楽しみに見たけどごめん、私はマニアックの一点突破で映画に興奮するタイプの人ではなかった。
濃いなあ。。

あとこれは想像。多分半分無意識的に日本的な雰囲気の映画にしたんだろうと思うけど、軍隊の統制された美しさみたいなものは監督の好みとしてあって、でもナチスでは距離が近すぎて敬遠されるので、少し離れた世界の、戦時中の日本的な雰囲気にしたんだろうなと思った。
ようやく我が家にもソフトをお迎えできました。100万回観よう。

毎回あまりの可愛さに繰り返し観てしまうウェス・アンダーソン監督作品。
過去作にも見られたシュールでブラックなユーモアがこれでもかと詰まっていて、今作は特に楽しめました。

「日本」というデフォルメされた概念を舞台にしているわりに、細かい描写がやたらと真に迫っていてそのバランスにときめきます。
寿司と手術のシーンが大好き…なんでそんなに細かく描写するの…

「全ての画面と動きが可愛い」はもちろん、テンポとか会話のリズム感まで可愛くておしゃれでシュールで最高の一言。カンパーイ🥂
Leeloo

Leelooの感想・評価

4.3
寝る前にさくっと!な気分で観始めたらねむれなくなった。情報量すごい。
このへんの感覚、日本風ファンタジー(スチームパンクかな)が舞台の中でわたしたち日本人が劇中の(概ねタイポとしての)日本語を”読めてしまう”ことや、ところどころの描写に逐一「?!」ってなってしまうことに起因すると思うのだけど、それを最大享受できる立場でよかったような、反面外側からへんてこな感覚としてぽやーっと眺めてみたかったような。。

メイキング、たくさんの時間と工程を経て地道に細やかに作られてるただただ溜息。クレイばかりに注目しがちだけど個人的にはあちこちに散りばめられたグラフィックがすき。
過去作の『ファンタスティックMr.FOX』ももう一度ちゃんと観ます。

メガ崎市っていうネーミングだけで星いくつかあげたい。
Motoka

Motokaの感想・評価

3.8
日本語と英語が分かる人だけが真にこの映画を楽しめるから、海外の人、ここの日本語のパート字幕ないから理解できてないんだろうなと、小さな優越感を得た。
アタリ、ってゲーム機の名前から来てるのかもしれない。
日本語喋る奴にはきちんと日本語のキャストをつけたら良かったのに。
変な架空の日本の都市も許容範囲のおかしさだったからグッド。

まぁほんと仕草一つ一つ、周囲の環境の動き、細かくて、コマ撮りの素晴らしを体験。犬の顔が声をやってる俳優さん達に見えてくるくらい。
ストップモーションか〜すごいな〜。お寿司作るシーンすごくきもちいい
映画の中の音(声優の声も含めて)が好きだった
ちえ

ちえの感想・評価

4.0
安定のウェスアンダーソン◎わんちゃん(『犬』って簡単に呼べない…)たちがイケメン、3枚目、クールビューティなんかに見えてくる。お寿司のシーンとか最高すぎた
>|