犬ヶ島の作品情報・感想・評価

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

4.0

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

TheThe

TheTheの感想・評価

4.0
NHKのプリンプリン物語を思い出す。
グランド・ブダペスト・ホテル以来です。
犬好きと猫好きって何が違いがあるんだろうね?
私ん家は、子供の頃から犬ばかりで必ず外で飼う約束がありました。貰ってきたばかりの子犬の時だけ1日だけ玄関でした。もとは狼だっんですよね…
そんなこんなを考えさせてくれる作品。
それと村上虹郎くんがでてたようです。
それ以外にも松田龍平、翔太とブライアン・クランストンとか。
もう一度、鑑賞して探してみます。
制作の様子が尋常じゃなかった。これはものすごい拘りをもって造られた作品です。犬好きにはたまらない。日本への愛もたくさん詰まった作品です。
ストーリーは置いといて、独特の空気感がよかった。身長測って滑り台までの流れとかすき。
間違った日本感というのはよくあるけど
部分的に見ればかなり忠実に再現された日本がある。ただ全体でみると間違ってはいるがここまで日本贔屓にむしろリスペクトを持って作ってくれたのなら感謝するしかありません。


ところが私にはストーリー的に乗れなかった…人間以外の動物にそこまで愛を持てない私の愚かさが問題だった…
犬公方の綱吉まで行くとキショいけど(笑)
なんだかんだ生き物を大切にする意味でええ奴やったのかもとか考えてしまう始末でした。
日本のこと詳しく調べてるな〜。日本人が作った❓っておもう感じ。
人間が気持ち悪い。犬はまだかわいんだけど。
ストーリーは犬の病気が人間に移らないように、島に軟禁される。そこに、気持ち悪い人間が世話になった犬を探しにきて、裏で政治が動いるお話し。
面白くない事はないんだけど、この評価はちょっと高すぎ違うかな?
好みの問題か。
ツキコ

ツキコの感想・評価

4.0
観たのは半年前やけど
作中の口笛の音がたまに蘇る
おもしろかった
テンポ感がとても心地よく、間延びが感じられないあっという間の101分。そして何より作中のフォントがとても可愛い。この独特の世界観に引きずり込まれていく自分がいた。ストーリーとしては非常に分かりやすい構成で良くも悪くも想像通り…かな。そこが個人的にもう少し欲しかったポイントです。
Matsuzoh

Matsuzohの感想・評価

4.0
ウェス・アンダーソン監督作初見

なかなかに独特の世界観と映像。他の実写作品も見てみたい

終盤にどんな感じで盛り上がるのか?と思ったら、なんか盛り上がりきらずに終わってしまった感じ。もったいない

事の顛末を言葉で説明しすぎだったり、登場人物の唐突な心変わりやら、「その人物がその役職に?急になんで?」ということが重なって、どうにもついていけず取り残された感じ

そこまで面白かっただけに、惜しい
yui303

yui303の感想・評価

3.5
可愛い、フォトジェニック、とは少し違う不思議な世界観。

情の描き方であったり、物語のテンポの良さやバックミュージックについては前作のストップモーション映画、"Fantastic Mr.FOX"のほうが良かった。
しかし、いくつもの言語、そして生物、古き良き日本の姿とSFを混ぜたような街並み。沢山の情報量を過多にせず、101分というコンパクトにまとめあげられるのは凄い!

近未来の日本が舞台とのことだが、残虐であったり、滑稽であったり、隠蔽であったり。少なからず風刺だろうなと感じた。こういった映画は日本に住む人の視点からは思い描けないと思うので非常にユニーク。

(でも個人的にウェス・アンダーソンにはロイヤルテネンバアムズみたいなホームを感じる映画をまた作って欲しい。)
ak

akの感想・評価

2.6

SNSで話題になっていたので観ました。冒頭から独特の世界観が伝わってきたのと、情報量が多い…!アニメだからこそ、あの情報量でも苦じゃなかったかなと。
出てくる犬たちがどの子も魅力的で、でも必死に生き抜いてきた強さも伝わってきたので、そういった細かな拘りを色んなところで感じました!

ストーリーはシンプルな分、登場人物やどこか片言な台詞だったり、背景などで魅了される作品でした。
>|