犬ヶ島の作品情報・感想・評価・動画配信

犬ヶ島2018年製作の映画)

Isle of Dogs

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「犬ヶ島」に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

-
ウェス・アンダーソン作品は2本目なんだけど、これはちゃんと理解できた笑BGMがいい〜
naoto

naotoの感想・評価

3.5
アニメーションのクオリティはすごいけど、個人的には「どれだけの労力を費やしたか」を評価に反映させたくない派ではある。
そういう意味ではストップモーションアニメは評価してはいけないタイプの映画なのかも。。

でも寿司のシーンと手術のシーンはアニメでないとできない表現で、そのアイディアはすごいと思った。
ブラックコメディ的な演出で逆にいつどんな展開になるか読めないのもおもしろかった。
アタリと黒い犬との距離の詰めかたもじんわりくるものがあったが、本当に落涙するほどの感動はなかった。
今まで見てきた同監督の映画の中で一番評価に困る映画だった。
ぽ

ぽの感想・評価

3.5
粘土アニメのようだった。この監督定番のシュールさにクスッと笑えたり意外と面白かった。ただ、オノヨーコはびっくりした。悪い意味で。
うちゃ

うちゃの感想・評価

4.5
初めて見た時の感覚が忘れられず見た
その時と同じで言葉にできないけど見入っちゃう〜〜
なつこ

なつこの感想・評価

3.0
観てしまった…。
想像のまま、シュールでぶっ飛んでました。
この舞台が日本なのが…ちょっと解せんのだけど。お外から見る日本てこんな感じなのかしらね^^;

やっぱり実際に〝生類憐みの令〟なんてありましたし、政治にお犬様を利用する国民性なんでございましょうね。
とは言えしかし、シュールながらもストーリーはしっかり芯が一本通っているので、一度受け入れてしまえば、後はもう見入るだけでした。

犬を島流し…ホントにあったらおおごとですが、知らぬだけで、日々、処分される犬猫は現実です。ペットいなくても「ええ」てなったので、愛犬家の方々にはなかなかキツい内容ね。

大切な友達を助けに犬ヶ島へと降り立った少年アタリ!
そこで出会う仲間たちとの冒険友情物語。
とりあえず、あの場所に降り立ったら3秒後には感染症で死ぬ笑
犬ヶ島が思いがけず広かったけど、生息してる犬は少なめだったな。

字幕多くて、作りは大変オサレになってますけど、結局、政治がらみの陰謀にペットが振り回されるお話しでした。
グランドブダペストホテルほどのキレはなし

ウェスアンダーソンらしい独創的な芸術作品だがグランドブダペストホテルほどのキレ味は感じられない。ビルマーレー渡辺謙をはじめ日米そうそうたるメンバーが声優陣に名を連ねているが村上君とスカーレットヨハンソン以外は全く分からなかった無駄金じゃなかろうか。
醤喩

醤喩の感想・評価

4.1
イッヌ飼いたくなるね
ウェス・アンダーソンが日本を題材にした映画を撮ってくれたのがもう嬉しい
ウニ県メガ崎市ってなんかいいね
すー

すーの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

メモ:ストップモーションと言えば?
ピングー?ウォレスとグルミット?ナイトメア・ビフォア・クリスマス?それともパクシ?
いいえ、チェーンソー・メイドです。



それはそうと今回の犬ヶ島。も、ストップモーションアニメです。
ものすごく日本をリスペクトしてリサーチしてくれているのが伝わってくる。海外や違う文化圏の人達が日本を愛してくれるのは素直に嬉しいなあ。

海外の人が想像するズレた日本っぽさみたいなものをベースにしてはいるのに、しっかりリサーチされたガチの和の心が細部に宿っている。という感じ。このバランスがとても塩梅良くて心地良くて、異世界なんだけど、妙に懐かしいような居心地の良い雰囲気がそこにある。

ストーリーはまずまず。ワンちゃんはみんな可愛いけど、アタリくんはなんか好みじゃなかったな。登場人物の性格や行動、感覚なんかは「日本人的」ではないよね。それが決して悪いということはないけど。

個人的には、舞台装置や小物やその配置、空気を楽しむ映画でした。それらは本当に本当に本当に素晴らしくて、スタンディングオべーションです。
それは「日本人的」なアクションじゃないけれど。

このレビューはネタバレを含みます

ウェス・アンダーソン監督は、独特の世界観と映像の楽しさが際立ってるように思います。そんな監督の作品のなかで、個人的には一番見やすい作品でした。
とにかく、監督の日本の文化への愛が溢れているのが伝わってきます。こんなにセンスの良い監督が、リスペクトの心を前面に出してくれるなんて!日本の様々な時代が入り乱れてて、組み合わさって、古きも新しきも良きという。たまりません。
ストーリーの面でウェス・アンダーソン監督の作品には置いていかれがちですが、今作は追いやすいように感じました。
雰囲気としては、教育テレビの5分の短編アニメーションを映画化したような。ストップモーションだから余計にそう感じたのかも。

ゴミ島の8/1の標識がなにを示してるのか汲み取れなかったのが悔しい。
んゃぴ

んゃぴの感想・評価

5.0
好きすぎて3回見た
映像、音楽、ストーリー全部好き
猫派だけど犬しか飼ったことないからこそゔーーって気持ちになる
>|

あなたにおすすめの記事