こ

犬ヶ島のこのレビュー・感想・評価

犬ヶ島(2018年製作の映画)
4.0
ストップモーションアニメ最高〜!と思わせてくれる映画だった。
同じストップモーションアニメのKUBOに関してはなめらかに動きすぎて途中でストップモーションアニメということを忘れてしまったけれど、犬ヶ島については最後までフィギュア感というかコマ撮り感は抜けないまま。
人形劇や紙芝居を見ているような気持ちになり、ストップモーションアニメならではの(きっとあえて作っている)「間」というのが本作全体のコミカルさを補強している。
日本が舞台なのにほとんどが英語で進み、出てくるのは洋犬ばかり、舞台もいつの時代なのかわからない、料理の仕方もココはどういう世界?と思わせるようなアンバランスな作り。
前評判通り画面の作り込み、小道具へのこだわりが半端ない!
もっとじっくり見ていたかった。

ストーリーに関してはやや突飛のない点も多かったので点数はこのくらいで。