如水

孤狼の血の如水のレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.0
昭和の終わり頃、まだ暴力団対策法施行前の広島は架空の町での話だが、なんだか妙にリアリティがあった。 それは綺麗事や御託を並べても、ヤクザ同士の揉め事はだいたい金絡みだし、役所広司演じる大上みたいな刑事は実際に警察組織には数多くいるだろう事は我々はしっているからだ。
世間を賑わせた北海道県警や愛知県警の不祥事もそうだし、この間もマル暴刑事がヤクザ相手に闇金をやってた不祥事が明るみに出たばかり。
そんなこんなで、この映画はなんとも、現実に有りそうで生々しく、そして実に面白かった。

大上が、広大出身の若手刑事に、正義とはなんじゃ? っと聞き、その答えの反論で語る言葉、これが大上の行動規範となってるのだが、なんとも魅力的なキャラだと感じた。