孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

peko

pekoの感想・評価

3.3
江口洋介カッコいい。
任侠もの大好きなツレと見た。
ところどころ眼を覆ったけどストーリーは良かった。
新米刑事が成長した続編とか期待する。
まゆげ

まゆげの感想・評価

4.2
ヤクザ映画はアウトレイジくらいしか観たことのない世代だけれど、とてもよかった。
画面から漂う血生臭さや汗臭さ、残虐なシーンもあえて映すことで緊張感が漂っており、その中で役所広司演じる大上はとんでもない存在感を発揮していた。

ストーリー的にも、かなり丁寧に描かれており唯一まともな松坂桃李演じる日岡のおかげで感情移入しながら観ることができる。

役所広司の演技もめちゃくちゃすごいけれど、松坂桃李も引けをとらないくらいよかった。作中、様々な出来事を通してラストまで変化していく新人刑事を見事に演じていた。
脇を固める滝藤竜一やピエール瀧、真木よう子、お決まりの役どころの石橋蓮司も素晴らしい。

役者陣の演技、脚本の無駄のなさ、映像、どれも完成度の高い作品だった。
YUKO

YUKOの感想・評価

3.7
さすが白石監督、心が疲弊する。

もちろん褒め言葉で。

男ばかりの演技派役者陣の中でも
個人的には中村倫也さんの
イカれてる輩感が最高に良かった。

日本の映画作品の中でも
白石監督のヘアメイクは
かなりクオリティが高く凝っている。

それがまた
作品の完成度を上げる要因になっている。
あくまで、個人の印象で申し訳ないのですが…

かつての東映実録やくざ路線を彷彿とさせるナレーションや色調と、「凶悪」や「日本で一番悪い奴ら」に連なる白石監督の作品として、勝手に、ノンフィクション的なリアリティがあって、無軌道で救いのない、ヒリヒリした話を期待してたところがありました。

観てみると、実のところ、そうではなくオハナシとして良くまとまっていることを知り、意外ゆえになんとも複雑な気分に。

とすると、陰惨なやくざ映画として売ってる印象の宣伝は、それで正解だったのかなぁ、と思ったのでした。
宣伝から受ける第一印象で、避けられて観られず、損してるんじないかと。
…宣伝って難しいですね。
雨

雨の感想・評価

4.3
キャストがとにかく豪華な面々でどのシーンもとても濃い。ジェットコースターみたいに絶えず楽しかった。広島のひとたちがまあカッコイイ
松坂桃李はポスター通りのかっこいい切れ者を想像していたら、冒頭へたれ残念だった。。アウトレイジの加瀬亮的なやつ想像してた

ヤクザ対警察だから、ヤクザのかっこよさが全然出てない
コンプライアンス的にダメなのかな
久々の邦画
なんだろどこがよかったとかじゃなくてずっと退屈せず見れた
たまにはいいな
大貴

大貴の感想・評価

4.5
初め大したことない思ったけどめちゃ面白いやんけ!!
我の真珠とっちゃろかー!
広島弁めちゃ面白い…
美人局俺も憧れる笑
これ見て欲しい
ポップコーン食べながら観る映画じゃないですね、冒頭からのシーンでやられてしまった…所々目を伏せてしまいます。
画面越しにむぁっとした熱気や臭いが漂ってきそうでした。
Mantaro

Mantaroの感想・評価

4.2
ひっさしぶりに暑苦しい邦画見れました‼︎

所々挟まれる任侠映画に敬意のこもった描写が良かったです!

もうなんでもアリのガミ(役所広司)さんに笑っちゃいました。

「やってくれたぜ‼︎」が感想です!

※バイオレンスやスプラッター苦手な方はお気をつけて下さい!
>|