孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

個人的にはアウトレイジより好き。

こういう男臭い映画、もっともっと増えてほしいな。

次回作も楽しみ。
「県警対組織暴力」と一緒に観ると演技の重みが…と感じてしまうが、現代でこんな魂揺さぶられる映画を作るなんて!感動しました。特に主演の2人がかっこよかった!オマージュもありながら現代受けするようなストーリーに仕上がっていた。

あと、赤ペン瀧川先生がでてた!
深作欣二の『県警対組織暴力』と二本立てで観てしまったせいか、真木よう子の安易なキャスティングやストップモーションで静止画にする瞬間のコマから物語の描き方に至るまで日本映画はこうやってつまらなくなったのか〜という気持ちになってしまったけど、最後のガンギマリ江口洋介を見てパルプフィクションでブルースウィリスが日本刀を選んだ理由が分かった気がした。
うわー、深作欣二『県警対組織暴力』との二本立ては素晴らしい企画、、親愛なる新文芸坐様。だがしかし、並べてしまうとこちらはヌルさが際立つ!明らかに意識されオマージュがふんだんにあるからこそヌルい。「もっとやれるだろ!」という文芸坐からのエールも含んだ二本立てに感じました。あと、真木よう子も江口洋介も竹野内豊もすごく下手に見えたのは私だけでしょうか。
FUU

FUUの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

自分的には今年上半期ベスト1(暫定)見終わった後にもう1度見たいと思う作品でした。こんなことは久しぶり。王道展開といえばそうなのだろうけど、その展開が心地よいぐらいの演出のうまさ。無駄がなく時にクスッと笑えるような所もあり(え?ない??)法に則って悪を取り締まれば良いなどという正論がクソの役にも立たない世界で役に立つのは抜群の調整力。暴力の世界で役に立つのは頭の良さなのだ。役所広司と真木よう子が本当に素晴らしい!松坂桃李って演技上手かったんだなと見直した。血と暴力を撮らせたらこれからは白石監督なのかも。怖がらせるのが巧すぎる。遺体のリアリティも秀逸でしたわ。
堊

堊の感想・評価

1.3
酷すぎる。
冒頭の取調室での行為シークエンスでしつこいくらいベルトをカチャカチャやらせてる時点で不穏な気配しかしなかったけど…

・偶然頼りすぎる脚本
「たまたまあの現場に」、「え、君もたまたま?」、「お前もたまたま…」

・見せられない放火シーン→不自然すぎる繋ぎ
・セリフ頼りすぎる演出→「あの人、もう3時間もここで飲んでる…」
・観客を馬鹿にするかのようなクドすぎる編集→回想で繋いだ後に回想

・広島弁の書き文字で泣かせようとしてるのは爆笑しちゃった。

セリフで全てやってるのにその間と間が異様に長いってどないせぇちゅうねん。
省略するとかそういうことを全く意識してない。
ラストの太鼓の演奏のクロスカッティングの下手さも逆にすごい。見返したのか??ドコドコやってるのを被せればええってもんじゃないでしょ……せめて引きで会場を移したりいくらでもあるはずなのに…

もうスプラッターならスプラッターに振り切ってくれ。スプラッターも明らかにゴム素材の部分をアップにしたり、大して上手くもないのに二度も出てくる豚小屋のくだりとか……
深作欣二ならどうするか?を考えてもいいのでは。
西村京太郎原作のドラマ見てた方がマシ。
こ

この感想・評価

5.0
ずーっと見逃してたのをやっと観られた!いやーかなり満足!役所広司がヒドい!取調室から出る時点でせめてベルトは締めとけよ(笑)!話が進んでいく中で実はこんな人だった…と分かるのも良い。出てる役者みんな顔がキマっているのも良かった。何人か、もうちょっと見せ場あってもよくない?っていう人たちもいたけど、全体的にかなり満足しました。
湿気の強さとむさ苦しさが最高。ドラマの湿度の高さも古き良き邦画感があってよかった。
いちか

いちかの感想・評価

4.0
2018.09.17

かっこよすぎるだろ
かっこよすぎるよ
osyamanbe

osyamanbeの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

石橋蓮司の死に様、似合い過ぎ。
中村倫也さん、朝ドラのときとキャラ違い過ぎ。
ヤクザ怖い。ほんとに生かさず殺さずなのかな?現実世界でたまに一斉摘発されたりするのも、背景考えたら面白いかも。
>|