孤狼の血の作品情報・感想・評価

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

ずん

ずんの感想・評価

4.0
ベテラン刑事の執念
その背中を見て気づかされた新米刑事
彼には彼のやり方があって、警察だから何でもありなのかと恐怖さえ覚えた
めちゃくちゃに見えた捜査も、あの覚悟があったから出来ていたのだと
豚小屋がトラウマになった
she

sheの感想・評価

4.0
こりゃ凄い映画を観た

広島と言えばヤクザ
ヤクザと言えば広島

私は広島生まれ広島育ちだけど
あのわざとらしい広島弁も
話の内容も好きじゃないから
任侠映画は
(父はよく観ていたけど)
一度も観たことがなかった

役所さんの広島弁は本物だった
冒頭なんて広島人じゃないと
何言ってるのか分からないんじゃ…?
(地域によって方言は異なるし
現代っ子が使わない言葉もあって
違和感を抱く広島人もいるかもだけど)
細かいところにも
時代や広島呉が散りばめられてて
さいねい龍二の登場には吹いた

暴力的なシーンには
何度も目を閉じてしまったけど
リアルとパフォーマンスが
絶妙なバランスで
観る者を楽しませる
映画=娯楽の世界だったし
話も面白くて終わり方もお洒落

「この世界の片隅に」のドラマ版で
上手な広島弁を披露している松坂桃李も
本作でもしっかり輝いていたし
他の役者さんもすごく豪華で
素晴らしい演技を見させてもらって…

こりゃ広島人なら
観んにゃいけんじゃろ、と
言わんばかりに
八丁座でロング上映している意味が
分かりました

要約すると、最高でした!
ありがとうございました!
※元々グロいのが苦手だがら▲1点
ごめんなさい🙏


とってもどうでもいいことなんだけど
缶ビールの蓋をすっかり取ってしまうの
幼い頃よく見てたことを思い出した
あれが普通だったのか何なのか
近代歴史の大衆文化は
なかなか書物にならないから謎…
長々と書いていたが、間違って消したので手短に。

昭和末期の広島、暴力団抗争を巡るアウトローな刑事と若手刑事の物語。
原作は小説。まさか、この血みどろ生々しいリアルな描写を女性が書いていたとは、衝撃だった。
監督は、白石和彌監督。酸いも甘いも知り尽くした、妥協のない映像作品を作り上げる人だ。

決して綺麗とは言えない、ギトギトとした“男たちの汗”が象徴的な物語。
広島弁がまた下品で、救いようのない展開が最高によかった。
こだわり抜いた表現がたくさんある映画。
映画にまだまだ可能性がある!と、感じた瞬間であった。

P.S.なぜヤクザ映画が大和男児の心に響くのか?
 世の中では暴力団撲滅なんて風潮があるのに。
怖いもの見たさ?非現実になりつつある社会を銀幕の世界で再確認したいから?
なら、“トラック野郎”的なドロドロとした汗の映画を作れば、大当たりするのではなかろうか??

そういう事を考えていたら、仕事脳が働き、番組の企画書にひらめきがあった。
普段、関わることのない身近な人、“タクシードライバー”や“トラックドライバー”、そういった人たちにスポットを当てた人間らしいドラマはできないだろうか…。
Naoco

Naocoの感想・評価

3.0
続編て役所広司出る?
石橋蓮司と役所広司は良かった。

ほいでもダサァ…思うんはワシが広島県民じゃけぇしょうがないんかのぅ。もちぃと方言頑張って欲しい人おったわ。

はい、ウザい〜〜こういうこと言う人!

(ほいでもダサいもんはダサいわ)
sorablue

sorablueの感想・評価

4.8
今のご時世にしてはだいぶ踏み切った悪い人映画。
往年の東映映画ファンは喜ぶのでは。
男臭くてよい。
maaaaached

maaaaachedの感想・評価

4.7
とにかくずっと面白くてしかたなかった!!
白石監督はこのまま日本を代表する監督になっていきそう。
役所広司ももちろんだけど、松坂桃李がハマリ役すぎて超よかった。
このまま松坂桃李が大上二世として成長した後を長期シリーズ化して描き続けて欲しい。シリーズ化してほしい映画no.1って感じ。
Tysuke

Tysukeの感想・評価

4.5
相当なクオリティーで作られてて、役者陣の気合いの入り方が素晴らしい。
目を背けてしまうシーンは挙げればキリがないくらいありましたが、それくらいやってくれた方がお金を払って映画館に来る価値があるってもん!

役所さんの汚れっぷりは、清々しさを覚える程でした。最初から最後まで、警察は何してもええんじゃという台詞通り、違法だろうが何だろうが迷いなく突っ走る。最後あんな姿になっても、絶対に信念は曲げなかった。終盤キツかった。

松坂桃李が1番良かった!本当に良かった!この人をこの映画で大スクリーンでロケ地の広島で観れたことは、忘れはしないでしょう。元スーパー戦隊とは思えない。
ラストの表情は、最高でした。

警察には警察の正義、ヤクザにはヤクザの道、信念と信念のぶつかり合いが見事でした。男臭くて、超臭くて、めちゃくちゃかっこよかった!

とりあえず、仁義なき戦いは未見でしたので、これを機に観てみようと思います!

あと、本題とは逸れますが、自分が今広島に住んでるので、やっぱり住んでいるところが舞台の映画って、テンション上がります!
ナグ

ナグの感想・評価

4.2
この手のアウトレイジ系ヤクザ映画は、組の人物構成や裏の取引、裏切りなどで頭を使い、バイオレンスな映像で体力を奪われる。
まさにこの作品もそんな感じで、見終わった後はゲッソリ💦💦
でも内容は十分面白かった!!

役所広司の広島弁は自然で演技も上手くて言うことないし、その他の役者さんもさすがだった。
中でも中村倫也のヤク中チンピラっぷりはアッパレ!!
懐かしのスリチャンのビルが出て来たり、広島人にはたまらない要素が盛りだくさんでした!!
ばば

ばばの感想・評価

3.9
役所広司がただただすごい。字幕付きだったのは意味わからなかったけど。
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

3.0
江口洋介かっこいい。松坂桃李もいいけど、ラストの説得力が足りない気がした。
>|