孤狼の血の作品情報・感想・評価・動画配信

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

moooooo

mooooooの感想・評価

4.2
みなさんのイチオシの役所広司はどの映画の役所広司ですか?
わたしのイチオシは、「shall we ダンス?」「キツツキと雨」「孤狼の血(←new!)」です
こってこての広島弁がリスニングやや難だけど最高によかったです


役所広司演じるヤクザにも顔が利く型破りなベテラン刑事と、松坂桃李演じる広大出身マジメ系若手刑事が、ヤクザ絡みの事件に迫るお話

ストーリーの面白さはさることながら、なんと言っても役者陣の演技力がすごかった!!

若手刑事の成長、変化にもグッときた

ゴリゴリの任侠ものでバイオレンスな要素は多いけど、見慣れてない人でも十分楽しめると思いました!

もっといろんな役所広司がみたいでござる、、、
松坂桃李と役所広司がよすぎた。松坂桃李の変貌ぶりと、豚小屋でのシーンが印象的だった。もう一度見たいなあ
YS

YSの感想・評価

4.0
2018/5/12
配給 東映

これを映画にして、大量の土砂崩れの様なこの熱量を放出したのが、凄い。

もう、色々エグい。
怖さが身体が固まったまま最後まで鑑賞。

裏社会の闇と権現に喰われそうで、
悪夢見てるようだった。。



日本映画専門チャンネルにて鑑賞
暴力映画もヤクザ映画もすきじゃないけど、この映画は好き。
ダークヒーローの役所広司がすごみと優しさを兼ね揃えていて良いバランスで存在してる。
江口洋介と組長のトイレシーンの緊迫したカメラワーク感激しました。
そして、松坂桃李の徐々に生真面目だけじゃなくなってく凄さもいい。持ち前のダークさを徐々に自覚していくんだけどそれを正義に利用しようと腹を括ったような顔のラストのタバコ咥えた仕草あっぱれ。
ab

abの感想・評価

-
ヤクザ映画の楽しみ方を教えてください。切実です。

聞き慣れない言葉だらけで会話の意味を理解できず(みんなボソボソ喋るからっていうのもある)ただただ役者たちの演技を観るしかなかった。無念。色々と心得てからもう一度観たい。
役所広司かっこいいし面白かったけど途中でレクサスRXが見えてたところがちょい萎えた。
「仁義なき戦い」と比較されてたけど、内容も方向性も全然違うし比べるだけ失礼だと思った。
クマ

クマの感想・評価

3.5
面白かった。凄惨なシーンがつらかったがしっかり描写していたのは良かった
現代のヤクザ映画。往年の名作のオマージュも嬉しいし、ヤクザ映画お馴染みのキャストに加えて大作ならではのメンツが噛み合ってる。(一部を除いて)松坂桃李さんのファンになりました。
PANDADA

PANDADAの感想・評価

4.0
昭和49年、広島呉原市。古参の暴力団尾谷組と、新興の五十子会系の加古川組との間で起きた抗争は一旦手打ちとなった。しかし14年後の昭和63年、金融会社の経理の失踪事件をきっかけに抗争は再び激化しようとしていた。呉原の暴力団達から恐れられている刑事大上は抗争を未然に防ごうとするが、暴力団よりも暴力的と言われる彼には県警本部から内偵が送られていた、、、的なお話。

キャストが非常に良いですね。

役所広司や松坂桃李は文句なし。
ぴったりの配役と素晴らしい名演に感嘆させられます。

石橋蓮司、嶋田久作、伊吹吾郎、ピエール瀧の親分役は何度も見てきましたが、竹野内豊や江口洋介の配役は初めて見ました。

2人ともすごい迫力ですね。特に江口洋介演じる一ノ瀬はキャラもきっちり立ってて、かなりサマになってます。

真木よう子、阿部純子も素晴らしい好演を魅せてくれます。

脚本も良いですよね。
バイオレンスでスピーディな描写に引き込まれつつ、ありがちだけど小気味の良い展開に目を離せなくなります。

味のあるラストも良いですね。

続編が非常に楽しみな秀作です。
ザン

ザンの感想・評価

4.2
すごい。仁義なき戦いのごとき広島弁が飛び交うやくざの世界。なかなかの迫力に引き込まれた。取って取られての終わりのない報復の世界。ああ、豚のフンの映像が頭から離れない。
>|