孤狼の血の作品情報・感想・評価・動画配信

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

hiroya

hiroyaの感想・評価

4.0
日本の極道の世界が垣間見えて、そこで生き残る強さとバランス感覚の凄さを見せつけられた。

極道同士のパワーバランスがあり、それがシーソーみたいに行ったり来たりを繰り返す。その支点を担う大神の生命力と根幹にあるカタギの強さの迫力に感嘆させられた。

日岡がヤクザを殴れるようになるまでの物語も、普通の人間なのにどこか危うさがあるそのハラハラ感にずっと引き込まれてしまった。

真珠のシーンは久しぶりに映画で目を覆ってしまった。

デニーロのマフィアや、『哀しき獣』の生命力とはまた違った日本の極道があって、すごく面白い映画だった。
タイトルの意味そういうことかー。
最初に出るタイトルのロゴが良い
えるる

えるるの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

俳優が豪華すぎる。昭和60年代の広島のヤクザの抗争を止めるマル暴の刑事達話。刑事映画だけどヤクザ映画。

不良刑事のガミさんは捜査のためなら不法侵入、暴行、放火、拷問、賄賂、ヤクザと内通なんでもする。相方の広大は本庁からきた新米で真面目だが空手の使い手。実は本庁からきたガミさんの内偵。揉めていたヤクザの抗争を止めるために一つの組みを潰す証拠を集めている。組組織内にある金融会社社員が失踪、殺害の証拠だ。
その証拠集めの最中に対立組織の若い構成員が殺害され火種が大きくなる。

最初から豚小屋の痛いシーンだけど、え?これ竹内?そんな事言うの?すんの?新鮮!って感じ、昭和の刑事は無茶苦茶やるって他の映画のイメージがあるけどガミさんは全然憎めない。一生懸命さが伝わってくる。広大も内偵で疑っているけどガミさんに惹かれる気持ちで揺れる。自慢の真珠出すシーン面白かった。あれって真珠サイズの違うものって聞いたけど本物の真珠なんだとちょっと感動。広大が焦って走るシーンがいい。私も広大と同じ様な表情してたかもしれない。嘘だろ?まさか?え?マジ?なんで?がみさーーーーん!対面した時も恐る恐る。リアルすぎて元気なガミさんが走馬灯で私の中にも走った。
内偵は警察をクビにされない様に警察幹部の弱みを握っているガミさんのノートを取り戻す事が理由だと知った広大はガミさんが自分が内偵だった事をわかって接していた事を知る。ガミさんが肌着姿であれを書いたと思うとグッとくる。必死で隠した所も見られてたし。
ここから目が坐り始める松坂桃李がきたなって感じ。松坂桃李はエロとこの表情がないと寂しい。やっちまいなって思ったけど意外と冷静に終わった。刑事だもんね。仕方ないよね。江口さんの日本刀もつ姿かっこよかった。子綺麗ヤクザ風じゃなくてバリバリヤベェ悪い役も見てみたいな。最後の最後、真木よう子が言っていたガミさんの得意技は美人局だと納得して収まりがいい。びっくりドッキリくりと○す

まず役所広司の表情や動きが凄くいい。汚い事やってる刑事だから頭ボサボサ、チンピラ風なのに不快じゃない。松坂桃李の久々に真面目な役やってると思ったら、やっぱり出てきたサイコパス感。チンピラヤクザの中村倫也やあんなに怖い竹内はなかなか見れない。江口洋介のバリッとヤクザは似合いすぎる。音尾さんが良い味出してる。真木よう子のママが本当に居そうなママでリアル。今回ピエールさんは暴れなかった。

面白かったです。痛いシーンが満載なので苦手な方はは避けた方が良いです。内容もなかなかですが、カメラワークが好きです。映像の良さと俳優さん達の演技見てるだけで楽しめます。綺麗な水死体なんてないってちょっと頭に残ります。大人の映画です。
任侠、バイオレンスものが好きなら。

広島弁??ナマリがヘタなのがちょいちょい出てきてシリアスに水をさす
cblsm

cblsmの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

平成になる前、広島の暴力団抗争を抑え込むベテラン刑事とその捜査手法に疑問を抱く若手刑事の物語。

正義とは目的か手法か。
現実ではどちらも叶えることは難しく、それ自体誰のための正義なのか、履き違えることは多い。

はみ出すことを厭わないベテラン刑事とスパイを命じられた若輩者の警官コンビ。
若輩感はお得意の松坂桃李が出てきたと思いきや、ラストでは全く別人になってるから恐ろしい。
続編どうなんだろ。色んな意味で楽しみすぎる。
モリヤ

モリヤの感想・評価

2.3
アウトレイジに獣感を足した作品。途中途中で出てくるナレーションに少し冷めた。
とにかく真木よう子さんが綺麗
hi-liteはやはり1番カッコイイ煙草です
純粋かつトラッドな"ジャパニーズ・ヴァイオレンスムービー"。原作も観てて好きだったが映画もGOOD。
tetto

tettoの感想・評価

3.8
ヒリヒリと怖いくらいの迫力でリアル感ある重厚な映画。俳優や製作陣の気合いを感じた。

役所広司がすごいはまり役。
他の俳優達も一癖も二癖もある役を見事に演じていた。
tkami

tkamiの感想・評価

4.0
朱に染まれば赤くなるっちゅうことじゃけぇのお。骨太の映画じゃ。
>|