nao

孤狼の血のnaoのレビュー・感想・評価

孤狼の血(2018年製作の映画)
4.0
東映の本気を観た。笑
まだ日本映画も捨てたもんじゃないなって、感動しました。
任侠映画+刑事ドラマといったかんじで脚本も良くできてるのでぐいぐいストーリーに引き込まれていく。
泥臭くて男臭い。バイオレンスシーンも容赦が無いので直視できないシーンも多かったけど、中途半端じゃないところがこの映画の良いところ。

松坂桃李はこの映画が代表作になるだろうな…。
それくらい素晴らしい演技だった!
でもやっぱり役所広司が最高に渋くてかっこいい!!
他にも豪華で素敵な俳優さんがたくさん出てるけど、やっぱり役所広司が居てこそのこの映画のかっこよさだと思う。

女のくせにこういう男臭い映画が大好きなのは、あまりにも自分とはかけ離れた世界だからこそ感じられる男の強さや弱さに魅せられてしまうからなのかもしれない。

結構容赦なく痛くてグロいシーンがあるのでそういうのが無理な人にはおすすめしません× ご注意を。。