sharpshooter

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔〈スペシャル・エクステンデッド・エディション〉のsharpshooterのレビュー・感想・評価

4.0
DVD所有

モルドールの″サウロン″とアイゼンガルドの″サルマン″による、″二つの塔連合軍″の侵攻にあえぐ国・ローハンの、ヘルム峡谷の戦いを描くって話☆

上記の戦いと平行して、指輪を捨てる旅を続けるフロドとサムのお話、旅の仲間からはぐれたメリーとピピンのお話が語られます。

城を捨て、国民を連れ難攻不落の砦に籠ってオークの軍勢を迎え撃つローハン軍と、それに加勢するアラゴルンとギムリとレゴラスたち。
大群で押し寄せるアイゼンガルドの軍勢の前に、圧倒的不利な状況のローハン軍。
そこに助っ人として駆けつけたのがエルフ軍、暗い雰囲気だった砦に活気が湧きます。わたくしもこのシーンで涙が出そうになりました。エルフ熱いぜ!
さらにガンダルフも″はぐれローハン″のエオメルらを引き連れて帰還、オーク共を蹴散らします!

そんな砦の激しい攻防戦の最中、アイゼンガルドの本拠地に森の守護者・エント族が押し寄せます!
この件の裏には、いつも″要らんことしい″な二人のホビット、メリーとピピンの活躍によるところが大きいです。たまには役に立つじゃん♪

そんなこんなで、各地で活躍した″旅の仲間″の働きでサルマンの野望を打ち砕くことに成功!
しかし、ローハンとかつての同盟国だったゴンドールは救援に来ることはなく、遺恨を残すことに。ゴンドールの王家の末裔アラゴルンはちょっぴり気まずい感じに。

なんにしても、負け戦覚悟で戦う戦士達の姿って本当にカッコイイし熱くなる。
沈んだ時こそ周りを鼓舞して戦う姿勢を崩さない、そんな男になりたいと感じた一本(* ̄ー ̄)☆



○キャスト○
セオデン王/バーナード・ヒル
エオウィン/ミランダ・オットー
エオメル/カール・アーバン
グリマ/ブラッド・ドゥーリフ
ファラミア/デビッド・ウェナム
木の髭/ジョン・リス=デイヴィス