TakutoMitumori

オーメン/オーメン666のTakutoMitumoriのレビュー・感想・評価

オーメン/オーメン666(2006年製作の映画)
2.0
映画鑑賞666本目は勿論オーメン!!

6月6日午前6時、出産と同時に母親を失った赤ん坊、ダミアン。ちょうど同じ日、生まれたばかりの赤ん坊を亡くしたアメリカ外交官のロバートとキャサリンのソーン夫妻は、ダミアンを引き取り、愛情をそそいで育てる。
ところが成長したダミアンの周囲では、家政婦をはじめ大人たちが次々に謎の死を遂げる。
キャサリンまでが不可解な事故で重傷を負うなか、ロバートはダミアンに恐るべき疑いを持つようになる。そしてある日、一人の神父がロバートのもとを訪れ、ダミアンにまつわる恐るべき事実を告げる。


っとあらすじは大層なこと言ってるしパッケージもいい感じだから皆期待しすんだよね
70年代にヒットしたオーメンシリーズのリメイク版。
前回見たときはオリジナル見ないで見たからなんとなく受け入れられたけど今回はオリジナルを踏まえて・・・
話の内容はほぼオリジナルと同じだし同じ様な話の流れで残念だったかな
流石に映像技術は上がってるけどそこがまた残念感なのかもしれないし
ダミアン悪魔の化身歌ってる割にやることなすことがちっちゃい!
まぁそもそも俺日本人だし家仏教だしキリスト関係の映画も好きだけどそもそも馴染みが無いからよほど面白くない限りハマらんな~

色々調べてから見るのも悪くないとは思うけどそんな時間も無いし
なんとも言えない作品だけどただ一言  残念!!!

去年東京から山梨に越してきて確実に映画鑑賞ペースが落ちてる・・・
ってのもこれまで渋谷に住んでたときは徒歩15.20分で映画館だったのに対し山梨なんと車で1時間、しかも県内唯一( 」´0`)」
そんなこんなで鑑賞ペースは落ちていきますが皆様2017年もよろしくお願いします!!!