heb

囚われた国家のhebのレビュー・感想・評価

囚われた国家(2019年製作の映画)
4.0
設定的には異星人侵略モノですが、中身はディストピアで戦い続けるレジスタンスのお話でした。
リアルに振った演出は終始抑え目ながら、電磁波が使えない?設定を活かした古いガジェットの使い方やその細かい描写等は逆に新鮮でなるほどなと思わされます。
伝達→集合→実行までの一連の作戦の流れをほぼノンストップで見せていくあのシーケンスは、劇伴も相まって最高に小気味良い今作のハイライトではないでしょうか。
肝心の”統治者”達の出番が少なく彼らがどうやってこの支配体勢を築き上げたのかなかなか想像し難い所ではありますが、この設定はあくまでもフレーバー程度のものだと割り切って観るべきかもしれません。

終盤のストレスのかかる展開からグイっと解放させるラストもお見事。
清々しい高揚感を持ってエンディングを迎えられました。