囚われた国家の作品情報・感想・評価・動画配信

「囚われた国家」に投稿された感想・評価

オチまでの長さプライスレス。

正直どんな鈍感ドジっ子パンチラ美少女でもオチは「あ察し」状態、それでもインディペンデンスデイのおヤッさん並にかっこよかったぜ…!
ニータ

ニータの感想・評価

3.4
SFとして見るには満足感が足りないけど、ヒューマンドラマとして見るには十分。

派手さはないけど、終始緊張感が漂ってて個人的には好きです。
SFを用いたヒューマンドラマ、地味だけどなんか良かった。
青猫

青猫の感想・評価

-
宇宙人に支配された世界。
たんたんと進んでいくレジスタンスのストーリー。
宇宙人と戦うわけでもないので派手さはないが、ビジュアルや世界観は悪くない。
続編を匂わせるようなラストだが、内容が内容だけに。。渋いSFだなぁ。
地球外生命体の管理下に置かれた地球

その体制から自由を取り戻そうとするレジスタンス達がある計画を実行する、のが前半の話
あまり台詞も無く各々が淡々と任務を遂行
サスペンス映画の後半戦みたいな緊張感がありました

この計画は成功か、失敗なのか?!

そして、結構かっこいいエンディング‼️

確かに劇場公開作品としては地味かもしれないですね
激しいバトルもないので…
SHIRATONG

SHIRATONGの感想・評価

3.0
もし本当にこんなキモエイリアンが人類統治したら
従わないでレジスタンスになる人の割合ってどんくらいなんだろ

近未来SFモノだけど、サスペンスというかヒューマンドラマなんで迫力のシーンとかは一切無いです
久しぶりの洋画観賞しました。
予告など見て期待してましたが、期待値よりは上がりませんでした。
もっと地球を侵略したエイリアンと戦うのかと思いきや
そのような方向へはいかず、迫力に欠けた。
人物像も弱く、主役らしい主役もいなく
作品に引き込まれる感じがしなかった。
もっとハリウッドにしか出来ないSF映画を期待してます。
すぽ

すぽの感想・評価

3.5
ジョン・グッドマン観たさに鑑賞。

シカゴでの地下組織の暗躍がカッコいい。
宇宙人に占領されてしまった人類に未来はあるのか。
エンドロールのキャストクレジットの頂点にジョン・グッドマンが君臨。ジョン・グッドマンお前だったのか映画。

仲間を招集する為に考えられたアナログ合図を受け取っては粛々と行動を開始するシークエンスのスマートさにボルテージが上がった。恐らくは招集の合図を決めた時には存在しなかった弱点を垣間見るタイミングがバッチリ。

ルパート・ワイアット監督『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』だと仲間を集めて、計画を建てる段階が面白かったけど、『囚われた国家』は遥か昔から集まった仲間が、完成された計画を粛々と実行するのが面白かった。

有線ケーブルが印象的。娼館の壁を這うように埋め込まれケーブルと隠された記録メディアの山。この隠された記録を利用して、統治者が存在する地下へと繋がるケーブルへ乗っていく。
クロ

クロの感想・評価

2.3
2020/9/14ディスカス2.3よくわからんが、最後だけスッキリしたが、基本わかりづらい。トータル、そんな大した敵ではないのでは?
>|