囚われた国家の作品情報・感想・評価・動画配信

「囚われた国家」に投稿された感想・評価

最後に分かるんだけど覚悟を決めている人たちがめちゃくちゃカッコいい
エイリアンもキモ怖いし心に残るカルト映画という感じ
やられた!
面白い!!
スリルとサスペンスの二重奏。
情報の伝達から実行、そして逃走を丁寧に描いたレジスタンス映画。

エイリアンを“侵略者”ではなく、人類と合理形成の上で“統治者”として存在していることがいい。(それは見せかけで彼らとは軍事的に対等関係ではなく抑圧!旧満洲国と関東軍、ナチスとオーストリアのように)
SF映画という仮面を被った革命映画です。
サントラも最高じゃん!
 エイリアンの侵略から地球を守れ!…て感じのSFエンターテインメントの要素は全く無し! 既に国家も警察も全てエイリアンに統治されてしまった社会でのレジスタンスの戦い…渋い!
 もはやこれはスパイ映画⁉にも見えるレジスタンスの地下活動、情報規制をはじめ、人間の位置情報までも統治下に置かれた中、通信手段は伝書鳩、新聞広告、ラジオ放送…アナログが熱い!
 エイリアン国家へのテロ作戦は超新型爆弾!…ここはSF!…緊張!からのレジスタンス狩りはハンターが恐ろし、ここもSFエイリアン!…「逃走中」のソレより100倍強い!
 
 おーっ!っと唸らせるクライマックスの真実!…今まで観てきた物は全て前フリだったのか⁉
 最初のカウントダウンの先は、33回転から流れる味のあるジャズボーカル…最後のカウントダウンの先にあるものは…レジスタンスの勝利なのか…
  
 評価低めだけど、自分にはドハマリの異形SFエイリアン作品でした!

 ヴェラ・ファーミガの役名がジェーン・ドウって…笑っていいのか、深い!のか…🤔
かむい

かむいの感想・評価

3.5
従うか、抗うか…。
エイリアンに侵略され統治される世界。統治者(エイリアン)に服従する政府に抗うレジスタンス達の話でした。
あーこれ!細かい説明が無いタイプの作品だ(笑)話も淡々と進み派手な戦闘もないけどラストは鳥肌もので面白かったです!
国民全てにマイクロチップが埋め込まれて監視される世界は、あながち間違ってない未来なのかも?!
sawady6

sawady6の感想・評価

3.2
様々な捉え方ができるであろう地味なSF
掘り下げ不足なのかそれとも意図的に見せていないのかわからんから、監督のインタビューとかを見てみたい
連ドラとかでやった方が映えたかもしれん
予告編に出てくるイカすロボットの衝撃的な役割を是非見届けてくれ!
muneo

muneoの感想・評価

3.3
意志は受け継がれる
抵抗は失敗するが😯
どんな苦難にも諦めない一作🤔
mao

maoの感想・評価

3.5
結構面白いのに評価低いな。エイリアンがモデルウニの中身梅干しみたいなキモさで良かった。始まって数分で掴まれるし、最後の登場人物の関係性が分かるところも鳥肌。ただポスターが壮大すぎて映像より誇張ぎみ。
宇宙人である統治者に支配された世界、統治者がどんな姿をしているのかは不明であるが、本部長のレベルであれば接見出来る。言葉と似つかない言語を喋り、何故かそれを通訳できる人間が居たり。これは大きな括りではSFかもしれないが、完全に自由を勝ち取る為にあらゆる犠牲を払ってでも実現させようとする人間たちの話で普遍的なものだ。何が恐ろしいって統治者に屈した政権上層部たちが一般市民をエイリアンと協力して取り締まる事だ。一旦、こういう世界が作り上げられてしまうと元の平和な世界に戻るのは大変だ。本作品は、現代の自由・民主主義を簡単に差し出してしまっていないか?という皮肉の効いたメッセージを発している。
キャストも謎めいていてベラ・ファーミガとジョン・グッドマンの関係性や目的が分かった時には、膝を打つし、彼らの覚悟にも心打たれたね。
SF映画の衣を借りた作品であるが、エイリアンの登場シーンが少なく画面は暗いという極端な出し惜しみが気になるが、あえてそうしたのだろうと思わせるね。
期待していなかった分、楽しめた。ハードである意味政治的な作品だけどオススメだ。
難しー!くて、ちょっと「??」になったけど、英雄がちゃんといて良かった。
こんな世界にだけは住みたくない。
私達のかけがえのない地球は、自分たちで守っていかなければ。
えりみ

えりみの感想・評価

4.0
劇場公開時気になってたけど行けず、WOWOW録画。
予想外に評判がよろしくなかったのよねー😓
みて判った。やっぱりね、ポスタービジュアルにある巨大ガンキャノンが全く動かへんかったらね、そらアカンわ。。。
猿の惑星ばりのSFアクションを期待すると駄目よダメダメ〜🙅
エイリアンは早々に見せてくれるんやけどねぇ、トゲトゲウニ星人👾
岩石型宇宙船🛸
最初に状況をテロップ説明、B級の匂い😓
大好き♪ジョン・グッドマンの出番が多いから見てられるけど。
主役は黒人、英雄の兄貴を持つ弟
人種性別色々な面子が多数登場
レジスタンスによる緊迫感のあるテロ準備💣
でも謎も多数
娼館のベラファーミガは何者❓
最悪な兄弟の再会😱
ジョン・グッドマンは体制側❓
敵を信じるな
SDカード

『マッチを擦り、戦争を起こせ!』
エンドロールで蜂起の予感😆
最後の最後に謎が解けるタイプのヤツね😏
ネタバレすると面白くないヤツ
SFの皮を被った体制批判
テロリズムを助長するのが目的では無い筈🚬
>|