skippy

ある女流作家の罪と罰のskippyのレビュー・感想・評価

ある女流作家の罪と罰(2018年製作の映画)
3.4
フライトにて鑑賞。
メリッサおばさんだからコメディーだと思って観たら全然違った。
終始暗い雰囲気の映画。あんまり共感もできず入り込めなかったかな。結末は納得。