ある女流作家の罪と罰の作品情報・感想・評価・動画配信

ある女流作家の罪と罰2018年製作の映画)

Can You Ever Forgive Me?

製作国:

上映時間:106分

3.6

「ある女流作家の罪と罰」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

3.7
『アメリカンアニマルズ』とかを思い出す映画だった。

有名作家の手紙を捏造するという話なだけあって、相当ウィットに富んだネタが盛り込まれているんだろうが、私の文学に対する知識量が圧倒的に足りず、その観点からは楽しめなかったことが残念。

ということもあって、もっとテンポが良ければ楽しめたかなと思ってしまったのだけど、いつもコメディ全振りのメリッサ・マッカーシーの新たな一面を見れるので、観る価値アリ。こういう役柄を演じるのもとても上手い。なんかすごく共感ができるキャラクターだった。猫好きなところも。
円盤

円盤の感想・評価

3.5
お金が手に入ると歯止めが効かなくなるもんですね。
才能はあったんでしょうけど、人嫌いで身なりも汚いとなるとその才能が廃れてしまうんだなぁと。
Moxica

Moxicaの感想・評価

-
心臓に悪すぎて先を見るのが怖くなって30分くらいで見るのやめようかと思ってしまった。
才能の無駄遣いにもほどがあるでしょ…
momonono

momononoの感想・評価

3.5
ハラハラしていや。
メリッサ・マッカーシーがムクドリとキッチンの人だと知った。女優ってすごいな。
RICH

RICHの感想・評価

3.0
伝記映画

元人気作家が犯罪に手を染める
その犯罪は文書偽造
ただの文書ではなく、有名作家の手紙
コレが事実って言うのにびっくり。

この人はなんのために本を書きたかったんだ?
本が一度売れてしまうと、売れる本を書かなきゃならなくなるのかな
やっぱり商業的になってしまうのかな
っていう疑問があるけど。

この偽造した約400通の手紙が一番の誇りで幸せだったと語ってたのが辛かった。

メリッサマッカーシーってコメディのイメージしかなくて、こんなシリアスな役もできるのがすごい。
maverick

maverickの感想・評価

4.5
2018年のアメリカ映画。メリッサ・マッカーシーが、実在の作家リー・イスラエルを演じた伝記映画。


.リー・イスラエルは、人気作家の手紙を偽造したことで捕まった。自身も過去にベストセラーを出した作家であったにもかかわらず、困窮のあまり犯罪に手を染めてしまった人だ。こうした手紙が高額で取引きされるのに目を付け、何度も偽造を繰り返した。

過去に人気の作家が、そうした犯罪に手を出したということが驚きである。さらに驚くのは、その手口が非常に鮮やかだったということ。作家本人になりすました文章の再現度が素晴らしく精巧であったため、皆が騙された。彼女はこうした才能が非常に高かったのだ。もはや枯れ果てたと思われた作家の才能は、皮肉にもこうした形で開花する。生き生きと文章を書き綴る姿は活力に満ちている。それが何とも印象的だ。

コメディ女優のメリッサ・マッカーシーがシリアス路線で挑んだことも話題となった。主人公は犯罪者であり、口も態度も悪い嫌な奴だが嫌いにはなれない。人間味を感じさせる演じ方をした、メリッサ・マッカーシーの演技によるところが大きい。ズルい部分や弱い部分に共感してしまうんだよね。彼女は本作でアカデミー賞の主演女優賞にノミネートを果たした。これまでの彼女のキャリアの中でも最高の演技だと思う。もともと彼女は高い演技力を持つ女優。2011年の『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』でも高く評価され、アカデミー賞助演女優賞にノミネートしている。良い作品であれば、彼女はこうして輝くことが出来るわけだ。ちなみに本作と同年の『パペット大騒査線 追憶の紫影』ではラジー賞で主演女優賞を受賞している。笑い話だけど、今後はしっかり作品を選んでもらいたいものである。


映画化に相応しい、リー・イスラエルの波乱万丈の物語。メリッサ・マッカーシーの演技と相まって、とても見応えある内容だった。テンポも良いからさくっと観れる。本人もこの才能を違う形で発揮していれば成功していただろうに。どんな優れた才能があっても、それを悪用しちゃ駄目ってことだ。
雰囲気が良い映画だった。
あんなバーでしっぽり飲んでみたいわ。

古い手紙を表現するのに焼くっていうのは考えもしなかった。勉強になった笑
「ある女流作家の罪と罰」WOWOW 映画 #映画
猫を飼う51歳、喪かと思ったらレズ
まあまあかな
2020/2/12
実話に基づいた話と最初からわかっているはずなのに、まるで創作された物語のようだった。自身の人生さえも作り替えていくような…

発想と物書き、そしてユーモアの才能に溢れていて、人によっては羨ましいくらいの能力だと思う。あれだけの才能があるなら、正当法でいけば素敵な暮らしが送れた気がするな。ひねくれ気質とお口の悪さだったりが引っかかった結果だったんだろうな。良く言えば、気取らないタイプ。

ダメなことをやっているはずなのに、二人の掛け合いやいたずらっ気に思わず楽しくなってしまう。子どものようにはしゃいでる姿が可愛いとすら思ってしまう。

ジャックの憎めないキャラクターに虜になる。そして、猫ってなんであんなに人を虜にするんだろう。
もぐら

もぐらの感想・評価

3.5
良い映画でした。主役二人の演技が繊細で。よく言えば人間くさいんだけど、どうも主人公の感じが悪すぎる。愛想がないくらいならまだいいけど、、自分は共感しきれなかった。
>|

あなたにおすすめの記事