taku

友罪のtakuのレビュー・感想・評価

友罪(2017年製作の映画)
3.7
観ていて胸が痛む、息が詰まる程に重苦しかった・・・面白いと言っていいのかわからないけど、それでも見応えある凄い映画でした。

少年犯罪、いじめ、加害者の家族、AV強要出演、嫌な過去を背負った人たちの群衆ドラマ。互いに苦しむ加害者側と被害者側、彼たちを執拗に追い詰める周囲の人々の姿は昨今の事件を思わせる様で、今の日本の恐ろしさと醜さが生々しく描かれていました。他人事ではなく、もしも身近で、もしも自分だったらと考えさせられます。

生田斗真さんと瑛太さんという人気スターでありながらそのオーラを感じさせない風貌で、過去の罪に苦しむ難役を見事に演じていました。何をするか分からない2人の不穏な雰囲気が本当に凄かった・・・

鬱映画で問題作だけど、このご時世だからこそ見るべき映画だと思います。