友罪の作品情報・感想・評価

友罪2017年製作の映画)

上映日:2018年05月25日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

ジャーナリストの夢に破れて町工場で働き始める益田と、同じタイミングで工場勤務につく鈴木。鈴木は周囲との交流を避け、過去を語りたがらない影のある人物だが、同い年の二人は次第に打ち解け心を通わせていく。だが、あるきっかけと行動で、益田は鈴木が17年前の連続児童殺傷事件の犯人ではないかと疑い始める――。

「友罪」に投稿された感想・評価

sa

saの感想・評価

2.4
記録
原作が素晴らしいだけに残念。
というより、原作が素晴らし過ぎる。
生田斗真さんより瑛太さんの演技凄かった!
犯罪加害者の心情がよく描かれてる作品だと思います。
一生背負う罪にはエンディングはないんだな・・・
他にも同じように感じている人たちがいたけど、佐藤浩市の方の話は思い切ってカットしたら良かったんじゃないか。もしくは別の作品として分けた方が良かった。富田靖子の娘のエピソードもカット。

Aの事件の性質上、Aの異常性の方に物語が傾かないようブレーキの役割を期待したと思われるが、2時間の制約の中でこれを収めるのは到底無理。

事件へ裁きではなく、生きていく人間同士として出会い、赦し合った2人の魂を描きたかったのなら、もう少しそちらに時間を置くべきだったのでは。
yuuuuu

yuuuuuの感想・評価

3.0
瑛太の演技に観入る映画。
家族の在り方って一つじゃないと改めて思った。

難しいわぁ。
登場人物が多すぎた気もする。

瑛太の最後の表情は
結構印象的。
くろち

くろちの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ずっと重い...暗い...みんな闇病みヤミーです。
出てくる人達みんな暗いし闇抱えてるやつ。

斗真くんと瑛太の話がメインやけど、それ以外に他の人達のエピソードがあってこれがまたややこしくさせてる気がした。
なんか相関図が分かりにくいし、佐藤浩市の話や夏帆の話や少年院の女の先生の娘の話いる?って思った。(もはやメイン以外全部やないかい)
色んな形の罪や命の重さを見せたかったのかもやけど、逆に分からない!
それやったらもっと斗真くんと瑛太の話を深く描いてほしかった。
2人の友情もそんなに深まってた?とあまり伝わらなかったし、夏帆も結局瑛太のこと拒否するんかいっていう。
同僚の先輩暴力ふりすぎて犯罪レベルやし。
夏帆の最低男もそのまま野放しやし。
佐藤浩市と息子の仲はよくならないままやったし。
斗真くんの勝手にすればと言い放ったのも冷たすぎてありえへんし。
全体的に全てのエピソードに対してモヤモヤして終わった。

そして先輩のゲロが気持ち悪すぎてこっちまでゲロゲロや〜〜:(´◦ω◦`):
瑛太が自分の頭殴ってる時も怖すぎて、親友とヒィィイイってなってた...まじ恐怖。
はよ止めぃ!て思ったわ!

瑛太がまだちゃんと罪だと認めていたから少しだけ救われた気がした。
まさかの斗真くんのあの場所と瑛太が事件起こした場所は一緒やったとかありえる?
でも最後そーいうことよな?たぶん。
最後に瑛太が笑ってたように見えたのはなぜ...

もし仲良くなった人が実は犯罪者だったら。
という難しい問題やったけど、どうなんやろ。
加害者は幸せになっちゃいけないのか。
この問いかけは...正直、答えられない。
想像出来へんからいっぱい考えてみたけどやっぱり私にはわかんない。
この映画もっと面白くできたんじゃないかなーと思っただけにちょっと残念。
作中の出来事についてのネタバレはないと思うのでフィルターを外してみました。作品について一切知りたくない方は飛ばしてください。
ーーーーーーーー

これだけ鑑賞日の記録が残っていたので書き残す。
ファンとも言える主演両人の作品はほぼチェックしているので躊躇わず映画館へ行った記憶がある。

まずはレビューにもよく書かれている主演の演技について。
生田斗真は役柄もあるが過去出演した社会の暗部に触れる系映画(グラスホッパー、秘密など)の延長という印象。彼の慟哭が合わない人にはこれも厳しいものがある。
瑛太についてはこちらも役柄が大きいが、それを差し引いても過去の出演作の中で最も印象的。今年もし彼が主演男優賞をとれなかった賞は今後全て出来レースだと考えたいほど。あの演技にスコア5.0をつける。

作品について。
鑑賞中にずっと力んでいたのか、帰宅してから手の震えに気付いた。
もし自分に感受性の豊かな幼い友人がいれば、軽々しく勧められない。
全編を通して汚く、醜く、目を背けて生きていたい部分が描かれている。この作品はあくまで虚構だが、現実にこうした世界で生きざるをえない人が存在しているであろうこと、それに対する自分の無関心を作品を通して直視することになる。
それ故に作中の一瞬の安らぎが非常に尊いものに感じられた。辛い時期をほんのひとときの楽しい思い出だけ頼りに生きていくこと、生きていけることには程度の差はあれど覚えがあったので、そういう時間を共に過ごした人間がどれほど大切か、作中であまり語られずとも直感できた。

残念なのは原作から追加、改変した部分に限って内容が薄く意味不明だった点。演者に助けられた点があまりに多いのではと思う。感情を揺さぶられたが、消化不良も否めず作品としての完成度はあまり満足のいくものではない。観て、自分で思考して、初めて体をなすと言えるかもしれない。
なぜかリアリティ感じなかったが、登場人物さまざまに物語があるのはよい。でもこの類なら、『怒り』の方がすき。
Tinouu

Tinouuの感想・評価

-
瑛太の演技が圧倒的すぎて脚本や生田斗真が追いついてないような感じを受けたのと、原作に忠実?すぎて全く要らない要素があってダルい.瑛太は凄い.
Nana

Nanaの感想・評価

3.2
ドロドロした映画
瑛太の演技素晴らしい
それに比べて生田斗真は下手すぎて、、、
>|