み

ママレード・ボーイのみのレビュー・感想・評価

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)
2.7
集英社連合試写会 一ツ橋ホールにて

公式が告知で動画公開しすぎて既視感のあるシーンばかりに。告知も大事だけど少し見ただけであぁあの予告のシーンね。ってなってしまうのはどうかと思った。



原作を全巻読んでから見たのである程度ストーリーがわかってたせいなのか周りが泣いている中あまり泣けないまま終わってしまった。

他の人が書いている通り、原作の全部を2時間に無理やり詰めたんだなあという印象。原作を読んでない人には1つ1つのシーンが短すぎて伝わらないのでは??とにかく読んでから見たことをひたすらに後悔した。

あといい感じのシーンに流れる曲のセンスが…それかもう少し主張の少ない曲を選んで欲しかった、、、な、、

桜井日奈子さんの演技は初見でした。もっと下手なのかと思っていたけど思っていたより良かった…ただやはり叫ぶシーンは本田翼感が出てしまっていて女の子2人とも叫ぶシーンは微妙でした。笑顔が可愛い。
ミキの行動はちょいちょい謎な行動が多くて言葉と行動の一致しなさが見てて違和感がありありで残念。

銀太役の佐藤大輝くんは全然ライバルとしての機能を果たしてなくて可哀想だった…もっと揺れ動くはずなのに映画版銀太は雑魚キャラすぎて…演技もこれから伸びるんだろうなという印象。

メイコ役の優希美青ちゃんは顔と役がぴったりだなあと思った、、、演技も素敵でした、、とにかく可愛い、、、

そして目当ての吉沢亮くん。自然な演技もなく演技も上手でした。ファンという贔屓目もあるのかな…正直このキラキラした映画よりもっとドロドロした映画で存分に演技力を発揮して欲しかったなと思わずにはいられない…

今回の遊くんよりもリバーズエッジの山田くんのような役演じている時の方が吉沢亮の魅力を引き出せるのかなとも思いました。


とにかくキラキラキュンキュン系の映画です。私は泣けなかったけど泣いてる人もちらほら居たので泣けるんじゃないでしょうか