ママレード・ボーイの作品情報・感想・評価

ママレード・ボーイ2018年製作の映画)

上映日:2018年04月27日

製作国:

ジャンル:

2.9

あらすじ

ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?更には松浦夫妻の 1 人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。 遊からの不意打ちのキス、一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日…

ある日突然、両親から離婚することを告げられた高校生・光希。旅先で出会った松浦夫妻と気が合い、母親がその夫と、父親がその妻と恋に落ちたためお互いパートナーを交換して再婚すると言いだして!?更には松浦夫妻の 1 人息子で光希と同い年の遊も含めてみんなで一緒に暮らすことに…。 遊からの不意打ちのキス、一度自分をフったはずの初恋相手の銀太からの告白、親友の茗子のある事件など思いがけない出来事が起こる日々のなかで、光希は次第に遊に惹かれていく。両思いになった遊とひとつ屋根の下に住む毎日はトキメキの連続。でも、遊はなぜか突然、光希に別れを切り出す。二人の恋の行 方は・・・?

「ママレード・ボーイ」に投稿された感想・評価

内容はほんとに現実ではありえない。わらう
とりあえず、吉沢亮がかっこよすぎた。
Nao

Naoの感想・評価

2.0
現実では無いであろう少女漫画にしかない世界だなと思った
ファンの人だったらその人のかっこいい部分とか可愛い部分を観るためって感じ
甘酸っぱいです🍋久しぶりに実写化でキュンキュンしました、
吉沢亮が存分にイケメン力を発揮している作品です
桜井日奈子ちゃんが愛らしくて本当に
可愛いなあと思いました🌸
atsumi

atsumiの感想・評価

4.5
レンタル開始されるのずっと待ってた〜〜

なんでパートナー交換するの!?から始まって、お互いの子どもが互いに惹かれ合う姿は素敵すぎた\( ˆoˆ )/

もう、かわいい!ってなる笑
kaname

kanameの感想・評価

1.5
一風変わった両親の再婚によって、一つ屋根の下で暮らす事になった高校生の男女が織り成す恋模様を描いた物語。

全編通して現実味のないフワフワした内容なので、興味の持続が難しい…

血の繋がりは?本当の親は?…話の肝に入るのが遅すぎるだろ、これ…w
まりえ

まりえの感想・評価

1.0
吉沢亮目的。以上。

マンガの世界だから許されるんだろうけどくだらなすぎる、、設定現実味なさすぎるし話の流れ途切れまくりだし引きのカメラワーク多すぎるし意図が汲み取れないカット多いし、、

まあいいか。吉沢亮かっこよかった。

あとシェアハウスの部屋の色合いが可愛かった!以上。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
とにかく複雑な家族
檀れいが「遊くんのこと好きになっちゃ駄目だよ」って言った時お前がよく言えたなって思った。
りお

りおの感想・評価

2.0
一応、世代なもので無視出来ず。
原作の最終回は記憶にあったが、後半はオリジナルの展開もあったのかな?
少なくとも主演の二人は大学生にはなっていなかったような・・・
私の記憶が欠落しているだけ?
ラストがわかっているので原作のイメージをどこまで壊さずストーリーが進んでいくかに重きを置いて鑑賞。
まず、キャスティングは誰もハマっていなかったように思う。
桜井日奈子の光希はまだよかったが、吉沢亮の遊がちょっと・・・
というか、吉沢君は振り切ったイケメン役の印象が強いからこんな正統派少女漫画のヒロイン相手役は物足りなさを感じる。
銀太と亜梨実役の子はストーリー削られてたから何か可哀想だった。
20年以上前の作品を頑張って現代風に近づけようとする痛々しい演出も多々。
シェアハウスってちょっと無理ないっすか?
普通に二世帯住宅でよくない?
と思った所でお互いの両親がパートナーを入れ替えた上で同居するというトンデモ設定自体が時代関係なくクレイジーであることに気づいたのでした笑
思春期を思い出してノスタルジーに浸れるかと思いきやストーリーが飛び飛びだったり、説明が足りてなかったり、「そのカット必要?」という謎の尺のシーンが差し込まれていたりと色々ツッコミ所満載でなかなかそうもいかず。
唯一評価したいのは主人公が通う高校の制服の再現度。
色使いからデザインまで、漫画を思い出させる完成度でした。
やはり漫画の実写化って難しいのですね・・・

茶番劇!!

ただ俺が女子高生だったらキュンキュンしちゃう。
あお

あおの感想・評価

-
お 亮 様 大 勝 利
もう何回も何回もうぅぅ全てが良すぎてため息祭。私のキャパも画面も耐えきれない美しさ早く国で守ろう
>|