h1na

娼年のh1naのレビュー・感想・評価

娼年(2018年製作の映画)
2.0
最初は絵面がいちいち派手すぎて物語が全然入ってこないが、段々慣れてきて最後には濡れ場で眠くなる始末。
ストーリーとしてはオーソドックスで単純なヒューマンドラマと言えるが、軸に「娼夫」を据えることで独特の奥行きを持たせている。
文章で読んだ方が面白そうなストーリーではある。