娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

杏

杏の感想・評価

5.0
原作のファンだったので見に行ったが、完成度が高くて見に行って良かったと思った。
松坂桃李の演技がリョウの変化をよく表していて感動しました・・・!
舞台でも主役をつとめたとはいえ、肉体的に大変だったろうにすごい!
なんと言っても松坂桃李の素晴らしさ。
とてもかっこいい。イケメンである。

もうお腹いっぱいです、っていうくらいに
濡れ場。濡れ場。濡れ場。
あともう笑いが堪えきれない場面が多々。(笑)

女性たちの欲望と、自分と向き合う青年
そこまで深く感じとる必要はないのかもしれないけど、少しだけ考えさせられるものがあった。
かなで

かなでの感想・評価

3.5
自分がノーマルでよかった。
変わった趣向な人はたいへんだなあ
と冷静にみてた自分が笑える。
m

mの感想・評価

3.3
三浦大輔監督すきで観に行ったけど
松坂桃李さんはとてもいい役者だ。
孤狼の血もしかりで、品が漂ってて優等生タイプの松坂さんが静かにイカレるヤバさ。

劇場で声を殺しながら大爆笑したシーンがあるけど(観客が一体となってその状態)
卑猥すぎて文章で形容できないのがつらい
Moo

Mooの感想・評価

-
笑ってしまったシーンも数多く・・・
でも小説の世界観をうまく出せていたかな
松坂桃李がこの役を引き受けたの凄いと思ったら、舞台もやってたとは…。松坂桃李が凄かった。松坂桃李の演じる隠=淫が見事だった。
kuro

kuroの感想・評価

3.5
初めてのお客様との行為の帰り、たわいもない歯医者の話をしているシーン、あのシーンがこの映画で一番好きだった。

主人公がモテるのは、とにかく聞き上手で相手の気持ちや求めることを察して理解できるからだろうなぁと思う。

最初のお客様役の大谷麻衣さん、タイプすぎて二回見ました。。。
さあや

さあやの感想・評価

3.2
思った以上に劇場内のあちこちから笑い声が。そして私も笑ってた笑 真飛さんがいいこと言ってるっぽいけど、全部桃李くんの激しい喘ぎ声で5分くらいにしか記憶に残らなかったので、ちゃんと見返そうと思う。
たかし

たかしの感想・評価

3.0
濡れ場シーンがかなり責めているという映画はそれだけで満足できる。でも今作は濡れ場シーンの音に違和感が多く、かなりノイズになっているのがもったいない。
主人公の成長物としても正直分かりづらい。セックスを通じて成長するのであれば、最終試験というべきラストでもうちょっと見てるこちらに伝わるような変化が欲しかった。
如月

如月の感想・評価

3.2
役者さんたちの熱演は伝わるが、第一印象は“運動会みたいだな”だった。

前にも同じ感想を抱いたことがあったのを思い出し確かめたら、同じ三浦監督作品だったので合点がいった。愛の渦。

金銭授受を伴う出逢いは、少なくとも当初は愛も情もない交わり。芽生える感情やその変化、人間の営みの滑稽さや悲哀を監督は描こうとしたのだろうか。

主人公の心の成長は読み取れたが、試験の最初と2度目の差が分かりにくかった。自分の感性が鈍いのかも。

領くんの大学の友人の恵には、もっと衣装(下着)で覚悟が表現されていたら良かったのに残念。短いシーンだけど勝負なのだから。最後の二人の絡みは、哀しくて切なくてとても良いシーンだったが、二人とも大学生役は厳しいと思った。Barのシーンでは衣装やメイクで雰囲気を醸し出せても、服をまとわぬ身体は正直。

本作とは関係ないが桜井さんはドラマで、おねだり&諭されるシーンのほうが官能的だった。着衣だったけど。

全体的に裸の時間が多いわりにはいやらしさはない。金銭で繋がる関係で描かれている行為を、そのまま手本として身近な人との関係に持ち込まないでね、とお節介にも程があるが思っている。
>|