娼年の作品情報・感想・評価・動画配信

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.0

あらすじ

「娼年」に投稿された感想・評価

Omekosan

Omekosanの感想・評価

1.0
おーい、なにをしとんねん

中2がしたチープな妄想をオシャレに撮ろうと思ったんかな?

「全裸少年」ってタイトルにするべきだったな
ノリでみたけど
冷静につっこみどころ満載w
タイトルからしてわかってはいたけど、正直しんどいw


松坂桃李のファンの方はこれみてどう思ったんだろうか。w

でもここまでやりきる松坂桃李すごい

老婆、、。
笑ってしまった。
Ganchan

Ganchanの感想・評価

1.0
ただひたすらに気持ち悪い

ほぼ見てない
流してただけだけど音も無理
石田衣良原作「娼年」の映画化である。
松坂桃李が過激なセックスシーンに挑み、全編ほぼ性描写の衝撃作である。
松坂桃李ファンなら絶対見逃せない垂涎の作品である。
しかし単に過激な性描写だけに留まらず、様々な人間模様・一筋縄ではいかない泥臭い人間ドラマを描き出す。
流石の「石田衣良」原作作品である。
chiaki

chiakiの感想・評価

-
松坂桃李さんの色んな役を見て観たいと思っだけどびっくりするくらい私にとって刺激的なシーンが多くてそう言うシーンを飛ばしながらみたら案外ドラマパート?が短かった…でなおします…
大学生設定なのにもびっくりした…すげえ…
「ヤバい、ヤバい(笑)」
「凄く顔が火照ってるんだけど(笑)」
終演後、隣にいた女子二人組の会話。

観客、特に女性の感想は先ずはここだと思う。
それくらいR18の熱感が凄かった。
松坂桃李はオープニングからSEXやり通し。

石田衣良のヒット小説を舞台でやって好評博して、「愛の渦」の三浦大輔監督で映像化。
表面的な過激さが必然クローズアップされるけれど、人間関係の湿度、距離感の描き方は秀逸。
これ女性監督が撮ったら、また違う面白さがあると思います。
2

2の感想・評価

1.5
濡れ場が多い。自分の好みの映画ではなかったかな…。

2020/05/09付近に鑑賞
桃李くんの見方が変わった作品になった。
演技力も素晴らしく、エロく官能的で感動した。
若い爽やか俳優だと思ったけど、本気で役者という職業に取り組んでるんだなぁと伝わった作品だと思う。
ますます松坂桃李を好きになった。
つみき

つみきの感想・評価

3.5
思っていたより全然良し。

人には簡単には見せられない、その人の奥深くにあるものを普通っぽい人が受け入れてくれる。嬉しいやろな。


指折りだけはマジでキツかった。


でもすごかった、好きよ。
a

aの感想・評価

3.3
ベッドシーンの演出は男性目線であり娼年という職業的にはいただけないと思う事が多かった。
でもどこか滑稽で憎めない。
監督も参加した応援上映の感想を見ると、そこに参加して一緒に盛り上がりたかった。
>|