娼年の作品情報・感想・評価

娼年2018年製作の映画)

上映日:2018年04月06日

製作国:

上映時間:119分

3.4

あらすじ

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それ…

主人公は、森中領(もりなかりょう、通称:リョウ)。大学生活にも退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。 リョウの中学校の同級生で、ホストクラブで働く田島進也(たじましんや、通称:シンヤ)がある日、ホストクラブの客として訪れた女性を、リョウの勤めるバーに連れてきた。女性の名前は御堂静香(みどうしずか)。恋愛や女性に「興味がない」という領に静香は“情熱の試験“を受けさせる。それは、静香がオーナーである秘密の会員制ボーイズクラブ、「パッション」に入るための試験であった。 最初こそ戸惑ったが、「娼夫」として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていくリョウ。「女性は退屈だ」と言っていたかつての姿が嘘のように、どんな女性の欲望も引き出し、彼との時間を過ごすことによって、彼を買った女性たちは自分を解放していく。やがて静香に対しても想いを寄せるようになるのだが・・・。

「娼年」に投稿された感想・評価

見てて手に汗握る。でも手順の決まった運動から相手を喜ばせたいに変わっていくの、恋愛感情とはまた別の愛の形のような。パートナーと見たい映画
hatthi

hatthiの感想・評価

3.0
愛の渦の方が好きだなあ
地名をいちいち文字で表示することに意味があるのかと思って注目して観ていたけど特に意味はなかった。
桃李は素晴らしい。体張りすぎ。
この映画、深く考えたら負けだなと思った(笑)
とりあえず和太鼓ズンドコのシーンはあと5年は忘れないと思う。
映画館であんなに笑ったの久しぶり。
akihiko

akihikoの感想・評価

2.9
全体的にラグジュアリーないい雰囲気なのに、クライマックスのシーンの謎の映像演出がクソダサい。笑
lily

lilyの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーのある女性向けAV!最初からモロに始まってて、だけど美しいエロ。
松坂桃李のケツ筋も美しい。
ねじ曲がった男性の 女性への思い、普通そうな女性の独特な性の趣向、知らない世界がたくさんあり、「こういう人、実際いるんだろうな」と思わずにはいられない作品でした。
最後の試験の絶頂のタイミングの描写の意図がよくわからないけど(あそこだけ安っぽくなった気がする)
全体的にキレイなエロさでした!
最初のと最後ので何ら変わりがなかった
サングラスの回が一番面白かった(っ'ヮ'c)
シミズ

シミズの感想・評価

3.7
(え?!はいってない?!)
映画館でみるの集中しすぎて、ちょっと具合わるくなった。
一緒に行く人は、すごく選ぼう。
うま

うまの感想・評価

-
ひとのセックスを大画面で大人数で、しかも真っ暗な部屋で鑑賞する。
人間ってかなり異常な生き物かもしれない。


松坂桃李のセックスを見たい人にとっては最高すぎるんだろうな、、
shiki

shikiの感想・評価

4.3
それまで自分の成長のため
みたいな感じだったものが
恵に呼ばれて会った所から本当の仕事に変わっていってしまったような、
今までとは違っていくような、変化していくような、そんな感じがした

リョウが静さんから言われた言葉を
思い出しながら
街行く女性たちを見ているシーンが個人的にすごく記憶に残ったシーン

ただし、
途中サングラスかけ始めたところは、ん?笑ってなった

最初はあんなに死んだ目をしてたのに
ヒロミさんと歯医者の話してるところはもう別人みたいだった
松坂桃李は目だけ見てても
こっちまで気持ちが伝わってくるから
すごい、、、
さや

さやの感想・評価

3.1
世の中の人、あんなに
セックスセックスセックスセックス
言うかね?(;´д`)
エッチしよ!じゃダメだったのかね
ものすごい嘘臭さを感じた
二時間、延々と松坂桃李の腰ふりを見させられてお腹一杯
>|