Mayu

人魚の眠る家のMayuのレビュー・感想・評価

人魚の眠る家(2018年製作の映画)
-
辛くてやるせなくて、登場人物それぞれの立場を想像すると色んな感情が押し寄せてくる。誰にでも起こり得る話だなと感じた、創作な気がしない。東野圭吾すごい、、。ちゃんと小説で読みたいな。