人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

個人的には脳が死んだ時点で人は死んだと判断すべきかなぁと思いました
死体を連れ回して死体に電気流して勝手に体動かして
まわりに気味悪がられるのは当然だと思いますが、自分が母親なら主人公と同じように生きてると思いたいし気がおかしくならないようにお世話をするかもしれない
takaki

takakiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

テーマ:医療倫理
・脳死はヒトの死か?
・臓器移植をめぐる家族の葛藤
・脳死判定された人間を殺すのは犯罪か?
かわゆ

かわゆの感想・評価

5.0
社長令嬢だから延命治療を満足にしてあげれるってのを前提としても、脳死と心停止による死の判別は難しい。脳死の状態でも機械を使って生かすことが、生きているといえるかってテーマは答えがないと思う。

私の父も生前、延命治療をしていたけど途中でやめた。その選択をしたのは母。どんなにつらい選択だったろうと考えると胸がいっぱいになる。
Junna

Junnaの感想・評価

-
ぎゅっと切なく、切羽詰まるような感じ
どこまでが生きている定義で、どこまでが保たれるべき尊厳なのかすごく考えさせられる
edi

ediの感想・評価

3.5
非常に重いテーマの作品だった。
泣かされた。

意識のない人に電気信号を送って動かすことができるというのだが、娘が脳死でなければ、植物状態から回復することは稀にあるかもしれないので、その日のために意識のないままリハビリをするというのは理解できる。

しかし、脳死していて回復の可能性がないのならば、ただいたずらに死体を弄んでいるようにも捉えられかねない。
観ていてぞっとするのはそこだろう。

いろんな立場の様々な視点と考え方が交錯して、それぞれの気持ちが分かるだけに、自分ならどうすべきなのかを迷ってしまう。やりきれない気持ちにされてしまった。
心臓は動いているのに、脳は死んでしまっている。脳死判定をするには臓器提供を承諾することになる。本人に意識がない場合、その親が延命治療を続けるか否かを決める。すごく考えさせられる映画だった。私はまだ結婚もしていなければ子供もいないけれど、親の立場になってどちらにせよ辛い選択をしなければいけないと考えると、何が正解かわからないし、どの選択をしても後悔してしまう気がしてならない。母親の狂っていくような姿、お母さんの自分を責め続ける姿、弟の姉という存在の違和感、父親の延命治療によって妻に希望を持たせてしまった罪悪感。いろんな角度からいろんな人物の心情が見えて良かった。自分がもし、瑞穂の立場になったら、臓器を提供してほしい。子供から目を離してはいけない。これが一番の教訓な気もします。
ユウキ

ユウキの感想・評価

2.0
色んな問題を無理に誇張させて
議論呼びたい感じが
あんまり好きじゃなかった。
平和に優しく生きたい
一言で言うと感情がぐちゃぐちゃになる作品です。めちゃくちゃ良作でした。

まず子役も含めたキャスト全員の演技が素晴らしい。
失礼ながら、篠原涼子ってこんな演技派でしたっけ?w
映像、音楽もたまらない。
滅多に映画で泣きませんが、3シーンぐらい泣きましたw

途中母親が狂い始めて、サイコパス的な雰囲気になる演出も良き。
こんな作品しか見れんのか、俺w

脳死が死亡したことになるか否か(日本の法律的には死亡)という、大変重めのテーマなので、重たい映画が苦手な人は閲覧注意。

多分涙腺ゆるい人は上映時間の3/4ぐらいは泣きっぱなしですw
それぐらいずーっと切ないし悲しい。

東野圭吾の好きなテイストが全部詰め込まれた感じが良い。
MINDY

MINDYの感想・評価

4.6
ずっっと見たくてやっと見れた作品🦋

めちゃくちゃ泣いた息できんくらい泣いた

最後のお花に囲まれてる瑞穂ちゃん見てお母さんの感情が自分の中に入りすぎて可愛いねえ;;辛いねえ;;しんどかったねえ;;ごめんね;;ありがとう;;;;ってなって死ぬほどしんどかった

もはやレビュー書きながらまた泣いてる

途中、不気味ゾーン入ってきて、お?狂ってきてんな?これ泣けるか?って思ったけど無事に泣けたいいレビュー書けない迷ったらとりあえず見て

若葉ちゃん、辛かっただろうなあ😭😭若葉ちゃんのせいじゃないよって抱きしめたくなったし、弟くん、複雑だっただろうなあ😭😭

みんなの気持ちが分かりすぎて、でも、入れ違いすぎて、しんどかった。みんなしんどいよね;;

弟くんの泣き演技めっちゃ好き可愛い抱きしめたくなった
学校でみんなに生きてるって言うからって;;
NakaD

NakaDの感想・評価

3.7
東野圭吾っぽくない感じで好みのジャンルど真ん中じゃなかったけどいろいろ考えさせられていい映画だった
>|