人魚の眠る家の作品情報・感想・評価・動画配信

人魚の眠る家2018年製作の映画)

上映日:2018年11月16日

製作国:

上映時間:120分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「人魚の眠る家」に投稿された感想・評価

バチボコに重い…
なんだろう…

コメントするのが難しい…(映画の内容が、というより私の語彙力の問題)
nen

nenの感想・評価

-
原作 東野圭吾らしく、理系みな要素が強く。
ヒューマンドラマかと思いきやコテコテの科学み溢れる物語、そしてまたヒューマンドラマ…

仕事のやりがいって、こういう事だよな……っていう部分は希望溢れてたけど、それぞれの立場の差で、微妙な温度差、歪みが生まれてしまったのは悲しみ溢れてた。
日本の医療に関しての他国との違いも、勉強になりました。

でも、坂口〜川栄ペアのタクシーシーンは では、よくあるベタな展開だけどニヤリとしたわよ…

後半は… ちょっと目を塞ぎたくなるシーンもあるけど、泣いちゃう。
子どもの言葉は純粋で心に響く。
生きるって奇跡の連続だなって、有難い事って、こういう映画を見ると良く思います。
8

8の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自分が脳死判定を受けたら、と考えたことはあったし、結論も出していたつもりではあった。けれど家族の視点を含めて考えると判断が難しい。

母親の狂気は、警察を呼んで鬼気迫ったあのシーンで一気に見方が変わった。愛せる母親になっていた。
Anna

Annaの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

脳死判定は臓器提供が条件とは知らなかった。我が子がそんな状況に陥ったらと考えると、医師を前にそう簡単に判断できないと思う。

だんだんヒートアップしてヒステリックな母親は見ていて怖かったけど、母親だったらそうなってもしょうがないのかな…あとは星野さんの彼女はちょっと理解し難かった。

それにしても他の子どもたちトラウマだろうな。メンタルケアしっかりしてあげてほしいと思ってしまった🥺
Chuantian

Chuantianの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なぜかずっと気になっていた映画。
ギュッとなる映画と称します。

このテーマにおいて、警察を呼ぶ緊迫したあの脚本/物語を考えつくのは本当にすごいと思う。登場人物全員の言うことが「確かにそうだな」としか言えない。『体を動かすことによって健康を保ち生きている』『他の人には生きてるように見えない』『それは言っちゃダメ』『殺人罪になるか』

ギュッとなる映画です🎬
M

Mの感想・評価

4.0
究極の選択の連続。。

稲垣来泉ちゃんこの子。。素晴らしい。。
終始この子の演技に圧倒された。
子役みんな素晴らしかった。

篠原涼子も流石でした。

スカッとするではなく
さらに泣けてしまう伏線回収がやばい。

狂気の愛ですね、、
第三者の描写がなければこっちも飲み込まれて狂気に気づけなかった。

部屋全体が水の中にいるような雰囲気も
個人的にはめちゃくちゃ良かった。
るる

るるの感想・評価

4.1
もう戻ってこないんだもんね。
お母さんはそりゃそうなるよね。
もし目を覚さなくても大事な人なら時間がゆるす限りその人の顔や手を触りたいよね。
m

mの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

本当に考えさせられる映画。
テーマは「死」とはなにかです。
観てから少し時間が経っているけれど、母親が脳死で植物状態の娘に刃物を向けながら「自分が今娘を殺して殺人罪に問われるなら、娘がそれまでは生きていたことになるから喜んで刑に服す」というシーンがずっと印象に残っています。母は強い。時には諦めも大事だけれど、何と言われようと子どもを最後まで見捨てず大切にしているところにも心を打たれました。篠原涼子さんの演技も素敵です。
ゆ

ゆの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに声を出して泣いた。子供がいると色々考えさせられる話やった。
プールでの事故で娘が脳死状態に。
脳死を受け入れられずにいる母は最先端技術により娘の身体を操るように…。
夫はエスカレートしていく妻の行動に疑問を抱きはじめる…。

脳死判定は臓器提供が条件なんですね。
脳死、心臓死、何をもって死とするのか。その違いが重くのしかかる作品でした。
また、生きながらえている娘を機械でコントロールする科学の力と倫理観の境界線に登場人物皆が葛藤する姿がリアルで良かった。

子を持つ親の立場で考えたら、やはり我が子の心臓が動いていたら死んでいるとは思えなくて、いつか目を覚ますのでは?と延命措置を続けると思います。親のエゴかな、、本人にとってはどうなんだろう…。自分が脳死状態になったらどうして欲しいだろうか…色々考えながら鑑賞しました。

特にプールに引率した自分を責める祖母と
我慢ばかりの弟の姿が可哀想だった。
母はもう少し弟に寄り添ってあげてほしかったな…。子役たちの演技力の高さに驚いたし泣かされました。

少し演出が過剰かなと思うところはありましたが、思ってもみなかった角度からの真相や伏線の回収が終盤に集約されていて、さすが東野圭吾原作だなと。辛い話ながらも良い終わり方だったと思います。
>|

あなたにおすすめの記事