よ

愛がなんだのよのレビュー・感想・評価

愛がなんだ(2018年製作の映画)
-
不完全燃焼で終わる作品。
でもあれ以外の終わり方でもモヤモヤしたんだろうな〜って感じ。

全員がハマり役。
特に成田凌は話し方から表情から自然すぎて、、、
仲原くんの演技すごくよかった。

マモちゃんはクズ男だな〜と思いながらも、どこか憎めなくてマモちゃんを好きになっちゃうテルちゃんの気持ちもわかる気がした。
でもさすがに狂気じみてるな〜と感じる部分もちらほら。
会社のシーンとかこういう同僚いたら嫌だなって思った(笑)

仲原くんは、ちゃんと自分で区切りを付けて前に進もうとしてるところがすごいと思った。
本当はどうすればいいか分かってるのに好きだからそのままの関係をズルズル続けちゃうテルちゃんみたいな人はたくさんいると思うから、勇気あるなあって。
だからこそ、葉子が最後に会いに来ちゃったのはずるい。
その後のことは分からないけど、せっかくの仲原くんの決意が、、、
でも元まいまいオタなのでまいまいがひたすら可愛くて幸せだった(笑)

唯一残念だったのは、テルちゃんの妄想?で小さいときのテルちゃんが出てきちゃうやつ。
全体的なリアルさがよかっただけにそこのファンタジーさが気になった。

原作読んでからもう一回見てみたい。