haruka

ウィーアーリトルゾンビーズのharukaのレビュー・感想・評価

-
自然画素たけえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
ということで、見たよWE ARE LITTLE ZOMBIES
まず、映像の作り方がとてつもなく好み!!一瞬一瞬も映像も音楽も温度も凄く好きな作品。PG12なんてもったいないって思っちゃう。
台詞一個一個が凄く刺さる。生きること、死ぬこと、愛とかなんかそういうのをライトにポップにして色を付けて。死んじゃったら本当になんっにもないよね。天国も地獄も神様も、死んじゃった人に思いを馳せる為にとても一番都合の良い要素の一つなのかもなあ。
全然重たくなんかないんだけど、普通に昔少しでも死にたいなって考えたことある人はとても感じるものがあるんじゃないかなって強く思った作品だった。
台詞一つ一つや考え方がほんとにセンスあるんだよな。
ハート=心臓=命なのも好きだし、牛乳と血が混ざって出来たピンクがだせえってのも好き。
文章にしたら重すぎて見てらんないくらいの内容がめちゃくちゃポップに描かれてて、主人公達の感情に揺らぎがない、良い意味で。最初から諦めてると言ったら挑戦してないみたいに捉えられそうだけど、そうじゃないんだよね、そうじゃない人達もいるんだよって。
めちゃくちゃ考えるし、思い出すないろいろ。別にそれが普通というかそれしかなかったから特別だなんて思いもしなかったけど、友達の家と自分の家がなんだか違うこと、自分の家族とは違うなってうちはおかしいなって、なんでこんなんなんだろうなって当時めちゃくちゃ思ってたこととか。
葬儀の後に食べるお寿司とか、なんであんなに出てくるんだろうね、食べきれないのに。死んだのに変なとこ豪華な飯に、死んだのに死んだ後すら金がかかるのも皮肉だよね、笑っちゃう。死んだのに。

今更ながら、2019年に見た映画の中で一番残る作品かも…!