ウィーアーリトルゾンビーズの作品情報・感想・評価・動画配信

「ウィーアーリトルゾンビーズ」に投稿された感想・評価

4月のテーマ その2

"長久允"というアバンギャルドなシャワーを浴びまくるゲームのようなMVのような映画。

両親を失い"ゴミ"に埋もれてしまった人生ハードモードな子供4人組によるバンド
"リトルゾンビーズ"の悲劇をポップにコミカルに描いて、遊び心あふれる作品に仕上げている。


孤独な魚"ベタ"(熱帯魚)の件や
歩きスマホの大人がゾンビになる件

さらに
ファミマの入店音に合わせた

"月の光届かない~♪"
"悲しくても辛くない~♪"

のシーンなどが印象に残る。


生きてるのか死んでるのか分からないゾンビなのは子供たちか
それとも大人たちか…


ストーリー自体は難しくないが、映像ディレクター出身の監督の個性が爆発するクセの強さ。

凝りまくった斬新なショットの連続によって、時に情報過多になり脳内処理に時間がかかってしまうほど。

これが監督の作風なので仕方ないが、場合によってはクドイと感じる可能性も。
賛否が別れそう。

ただ好きな人はものすごく好きだと思う。

斬新でエキセントリックな映画が観たい人にオススメ。



池松壮亮さん上手い。
中島セナさんの将来有望感。
凄くいい。
カッコいい。

テンポが良く入り込みやすい。

前衛的なCMやMVをつぎはぎしたかの様な
芸術的作品に感じた。

子役たちの演技、セリフの言い回しは
テンポと装飾と音楽でいい意味で
誤魔化せている。

内容も決して薄れず
死への不感と
生への執着の無さを
大人たちが引き継いだものであり
こどもたちは生でも死でもない
ゾンビという生き方を自ら選択して
バンドとして解放していく。
しかしまた大人たちが足止めする。

非常に皮肉で決してハッピーエンド
では無いが、それがまた良い。

感情移入まったくしてないつもりだったが
ライブのシーンは何故か泣けてきた。

ただ、
どのシーンを切り取っても
美しさ切なさを感じるが
正直後半はそれ故に疲れた。
眼球疲労な感じ。

もう少し途中で変化があれば
違う味も楽しめたのかなと。

脇役たちがとにかくいい。
新たな日本映画の誕生。
nnm

nnmの感想・評価

4.4
世界観と音楽好きすぎる!!!
時間の都合で早送りで見なきゃいけなかったのがもったいなかったな〜

ショッキングなテーマをポップに描いていて、とっかかりやすく考えさせられるテーマに触れることができたなという感じ。
あの4人はダサイダサイ言いながらそれぞれ何思ってたんだろうね。
いおり

いおりの感想・評価

4.5
平成が詰め込まれてる

ところどころのセリフの名言性、ゾンビのように歩く大人たち、「ゾンビだから生きる目的なんてない」、色づかい、フィルム等々全てが好きだった

大人≒ゾンビにはなりたくない
「絶望、ダッサ」

やっとやっとやっと観れた!
円盤にしてくれてありがとうございます!

この監督、永遠に中学生なの?って聞きたくなる。カメラワーク、言葉選び、色使い、ゲーム的電子音、飲み込まれていく。最&高!

大人はいつだって身勝手だったな。
わたしも大人になってしまったな。
彼らがcontinueを選んだように、
わたしもcontinueを選び続けるよ。
ゾンビだって、クソゲーだって、いいじゃないか。
Momoka

Momokaの感想・評価

3.7
新しい青春映画ってことなのか。面白いし曲もいいけど1時間でよかったかもなー、途中で飽きてた。カットと構図のこだわりがすんごかった、意味はわからんけど!
「感情がないからゾンビだ」と考えるティーンより、社会性や外面、損得で動く大人のほうがよっぽどゾンビ。

オシャレなのかダサいのか、エモパンクのようなチップチューンが最高。

70点

新作DVD📀
劇場鑑賞を逃した作品🧟‍♂️

両親を亡くして火葬場で知り合った4人のティーンエイジャーのヒカリ、イシ、タケムラ、イクコ🧟‍♂️🧟‍♀️🧟‍♂️🧟‍♀️
無感情な彼らの作った楽曲が、話題を呼び社会現象にまで発展する🎸

これは正直観ていてかなり辛かった😓
ただでも、4人はネグレクト、虐待、いじめ...で傷つき無感動だったのに、自動車事故、ガス爆発、借金苦による自殺、通り魔の被害者と親たちを失う😰
夢や希望は始めから無い、生きてるか死んでるのか分からない状態で、さらには、胡散臭い大人たちの金儲けの道具にされて行く...救いのない展開に辟易でした😓

とにかく取り巻きの大人たちがクソ過ぎる👎👎
親たちもさることながら、金儲けしか考えない業界人たちに反吐が出そうだった🤢

そこが子供たちに見透かされていて、現実はくだらなすぎて泣くに値しないというヒカリの言葉に反映するのでしょうか🤔
そして、それを感情の起伏がない子供たちがバンドで訴えるという皮肉...🎸

最近観た「ジュディ」が、ハリウッドで10代の頃から薬漬けでボロボロにされコキ使われていたのを思い出しました💊
一体 ‘ゾンビ’ なのは、この子供たちでしょうか、それとも取り巻きの大人たちでしょうか...🧟‍♂️💴🧟‍♀️
yoshiki

yoshikiの感想・評価

4.8
『そうして私たちはプールに金魚を、』から監督のファンです。
思春期爆発物語。感情が爆発しない、世界を白けた目線で見るタイプの。
映像、音楽、キャスト、世界観全てツボ。
クラシックは清楚なフリしてビッチ(笑)
熱量ほぼないのにセリフのインパクトが突き抜けてる。
好き嫌いが分かれる作品。
映画好きの人には是非観てもらいたい。
8/31限定の無料配信で。
すごく斬新な映画だった、サブカル感強め。
個人的には単に好みではなかったかなあ。
序盤から両親死んだのに淡々としてる子供達に入り込めなかったからかもしれない、、
色々演出とか台詞はおもしろかったけどテンポが良いわりに2時間長いなってなった。
途中眠くなって記憶おぼろげ。笑

なので色々書けないけど、とはいえ8/31という学生が一番憂鬱な日に無料配信した粋な計らいには拍手!!
大人なのに無料で観てすみません!
>|