ゆっぴ

レオンのゆっぴのレビュー・感想・評価

レオン(1994年製作の映画)
4.0
やっと観れた名作。面白い。もっと早く観るべきだった…。
いいものって時間が経っても色褪せないものですね、気付いたら終わってました。色調も音楽も好きな感じ。演出とか構成とかもかっこいい。

レオンとマチルダはもちろん、役者のハマり具合がすごい。
仕事をするときのレオンはめっちゃかっこいいのに、というか怖いのに、マチルダといるときには普段の彼だと感じないようなユーモア。マチルダも同様。
2人にはお互いに無いもの、得られなかったものを補える関係性にみえた。師弟というか親子というか、なんというか。
この作品ならではの強い関係性。
ブタのシーンがアングル含めすごく好き。
そこから二人の生活の様子とかも可愛いし平和、後半との対比が効く。
植物に陽の当たる場所、風通りを良くするためカーテンを開ける姿も愛おしい。
自分で言ってたのにピンクの可愛い服買ってくる姿も愛おしい。
柔らかそうな布に植物包む姿も愛おしい。
そしてマチルダも愛おしい。
色んな表情を出しているから惹きつけられる。服のセンスも言葉のセンスもいいなぁ。
すごく大人びた女の子だけど、年相応さも次第に出てきてよかった、なんだか安心。
これはレオンが引き出した魅力なんだろうな。
スタンの冷酷非道人間っぷりもいい、ここまでくると逆に気持ちいい。
なんだかまだ余韻に浸っている。

ハラハラする展開の中にジョークもあって最高に楽しめました。とはいえ切ない。