レオンの作品情報・感想・評価・動画配信

レオン1994年製作の映画)

Léon/Léon: The Professional

上映日:1995年03月25日

製作国:

上映時間:111分

4.2

あらすじ

「レオン」に投稿された感想・評価

かっこいいしオシャレ。
長いバージョンもあるけど普通の方が良い!
こぽり

こぽりの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

こういう映画はバッドエンドが多くて辛い。エンディング曲がグッときて心を揺さぶられた。
ナタリーポートマンがすごいけど、ジャンレノの表情もすごく味があるよね。
2人の関係性が美しく感じられた。

映画の色味や写し方、セットすべてにセンスを感じた。

個人的にバナナフィッシュを思い出してまた切なかった。
momo

momoの感想・評価

4.0
何回か見たからもう覚えてるストーリー
豚ちゃんの鍋つかみかわいいよね
zarion

zarionの感想・評価

5.0
全体を通して面白いシーンで構成される
無駄なくシンプルに2時間でまとまってる
イイ作品
wfd0519

wfd0519の感想・評価

4.0
色気の描き方が絶妙
bjork/Venus As A Boy
UCOCO

UCOCOの感想・評価

3.7
やっぱり私には『レオン』がマイバイブルたる人の気持ちが一切分からない。

この映画の何がいいのか、他の映画とどう違うのか、誰か私を説得してみてほしい。

みんなナタリー・ポートマンの可愛さにやられているだけなのでは?
私にはただ可愛すぎる女の子とロリコンおじさん(ジョン・レノを敬うためにお○じとは言わない)の話にしか見えん。
私だって2人が映画の登場人物になりきってクイズ大会するシーンはほっこりわらわらしてしまうが、だから何だ?という感じ。
名作と呼ばれる作品にはちゃんと理由があるんだな、と当たり前のことを実感した…

無口だけど優しい殺し屋と、とある事情から殺し屋になりたいと思っている女の子の不思議な交流。バイオレンス・アクションであると同時に、少し変わった愛の物語でもある。

ジャン・レノとゲイリー・オールドマンだけでやっても十分面白い正統派アクション映画になりそうなんだけど、やっぱりナタリー・ポートマンの存在感が凄い。

天真爛漫な少女かと思いきや、繊細な表情、大人の女性のような一面を見せる彼女に終始キュンとしてしまいます!

映像やファッションも最高にオシャレで、今から30年近くも前に作られた作品とは思えません。全てが刺さる世界観…

大好きな映画が増えた。必ずまた観る。
そ

その感想・評価

5.0
静かに育まれる愛情。派手な形がなくても、すべての人の中にあることを思い出させられます。
ナタリー・ポートマンが子供なのに美しすぎる。
殺し屋なのにレオンがかわいすぎる。

ハードでタフな一匹狼の殺し屋レオンの哀しすぎる人生。
それは愛する人を失った心の傷とそのため誰も愛さない生き方を選んだことにあった。
なんて切ない映画だったろう。

護るべき者ができた時、人は強くなるのか、それとも弱くなるのか?
きっとそれは両刃の刃。

滅びは弱いせいではない。
現実を知ることは時として残酷だ。
それを直視しないで生きる方が本当は弱い生き方だったりする。
ピュアであることは人の世においてなんと生きにくい事だろう。

やるせない気持ちの中に暖かさも灯っている。

レオンのカッコいい姿よりも、マヌケな表情の方が心に残っている。
なんで??って顔がとても無垢でいい。
ジャン・レノってこんな表情ができる奴だったんだね。

ただ一人で生きていく少女の道はどうなるんだろう…。
裏切りを知らないままの彼はまだ本当の人生を知らない。
マチルダのほうがずっとずっと大人であった気がする。
anyo

anyoの感想・評価

5.0
出てくるもの全てが素敵でオシャレだと感じた。
マチルダの家族の中で唯一の救いだった弟が殺された時、マチルダは孤独になってしまったけど心の底からレオンに出会えてよかったと思った。
大人びてるマチルダだけど、どこかたまに少女の可愛らしさもあって生意気で最高でした。
レオンとマチルダのファッションショーにほっこりさせられた。
最後は切なかった。
でも何度でも観たくなる映画。私の思い出の映画。この映画を見ると大切だった人を思い出します( ; ; )
>|

あなたにおすすめの記事