くぅー

苦い蜜 〜消えたレコード〜のくぅーのレビュー・感想・評価

3.3
邦画で最近良く見かける密室劇で、犯人探しをする下りは既視感はありまくりかもしれない…が、十二人の怒れる男を超えた14人に、さらには音楽好きにはたまらないビートルズなネタ、そして、仙台が舞台ゆえに期待値は上がった。
しかし、正直、TVの2時間モノのサスペンス劇場を見てる様なテンションは緊迫感が弱く、明らかに余計なキャラやエピソードが邪魔で、謎解きも苦笑気味で、もったいない余韻。
そんな中でも、“神様は宗教を信じてない”って台詞にはニヤリだった。