f

1917 命をかけた伝令のfのレビュー・感想・評価

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)
4.5
大迫力のワンカット(風が売りの)戦争映画やからやっぱ劇場でみなあかんやろという軽い気持ちでみたら2回も泣いてしまいました
とりあえずマジでこれどうやって撮ってるんやってシーンばっかりでスゲーの連続
それとカンバーバッチ、コリンファース、マークストロングという三大英国紳士の贅沢な使い方 カンバーバッチは待ち時間クソ暇やったやろうなと思った
戦争映画にしては人がサクサク死ぬような描写があんまり無かった印象 そこだけフィクションみが強かった
ただ、このヤバイ環境の中で(死ぬ死なないとかではなく)主要キャストだけが特別な存在!みたいな描写がなくて良かった
どんだけ2人が頑張ってても戦争の中では2人はただのコマに過ぎない若干突き放すような現実が垣間見えて良かった
あまりに凄すぎるワンカットやから、映画終わったの自分の視界がまだ1917の中のワンカットの世界みたいな錯覚を起こした
戦争映画で感動とかじゃなくて切羽詰まった感じの主人公らに感情移入して泣いたの初めてかも
戦争はダメやしダサいよ