1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価・動画配信

上映館(2館)

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

sidoren

sidorenの感想・評価

2.9
ワンカットでの撮影?
なので、普通の戦争映画とは少し違った世界観が楽しめた。
hirokitak

hirokitakの感想・評価

4.0
無茶な伝令を受けた兵士をひたすらにカメラが追いかける!
戦争の大局ではなくて、個に焦点を当てた作品。凄く強かったり、勝敗を決する程の役割を帯びていたりするわけではない。
ただ信念をもって突き進んでいくのがカッコ良かった!

同じ人に密着しているので、その分感情移入することができる。
悲惨な部分や酷い部分も沢山あるが、それ一つで立ち止まるわけには行かない。主人公と一緒に必死に前に進む映画です!
菱沼

菱沼の感想・評価

3.3
臨場感ある映像でよかったんですが戦争映画として、自分はそこまでいいとも思えなかったです。
aimo

aimoの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

苦手な戦争映画だけど、これは鑑賞しておこうとGEOへブラリ。
目の前に入る1916の文字、レンタルが開始されているではないか!と手に取り違和感。危ない1年違うかった。騙されそうだった。似たような映画があったので気をつけてください。

余談はさておき。これどうなってるの、の連続。ワンカット風ここまで没入感が出るとは。スタッフの思惑通りです。
若干、内容よりも撮影の仕方が気になりすぎてしまったかな…
そしてメイキング見て感動。映画はここまで出来るのか、と!

この映画の製作に関わったすべての方、お疲れ様です。
ワンカット風撮影凄い。どうやって撮ってるんだろう。メイキングを見てみたい。

ジョージ・マッケイと共に戦場にいるように思えるくらい没入しました。終始目が釘付け状態。

ストーリーはシンプルでメッセージ性も強くないけれど、映像はアカデミー賞受賞も納得の素晴らしさ。

だからこそ映画館の大スクリーンで観たかった作品でした。当時、今作が上映されてない国にいたので仕方ないけど、、リバイバルで上映して欲しい、、
toto

totoの感想・評価

4.2
死にたいような死ねないような死にたくないような気持ちを映すジョージマッケイに感動した。
なちお

なちおの感想・評価

3.7
まさかのノンフィクション…!
ひとつなぎに見える特殊な映像編集技術も相まって、昔話として描かれた戦争という感じは一切なく、戦争の悲惨さを本当に目の当たりにしてるような…映像作品としてはとてもよかった!
個人的には特に前半の描き方がとてもリアルでよかったかなあ。
誰かの幸せを想ったり自然を愛でる心を持っているのに、どうして人間はこんな悲しい生き方しかできなかったんだろう。
のちお

のちおの感想・評価

3.6
ワンカットの様なリアルな映像で、緊張感がありかな。入り込んでしまった。
映画館で観たかった!
shiomi

shiomiの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

アカデミー賞で撮影賞、音響賞、視覚効果賞受賞しているだけあってとにかく、演出、臨場感が半端なく、2時間全てワンカットで構成されている。

自分の中の戦争映画ってメインの戦いの撃ち合いのシーンで仲間が負傷したり亡くなったりするイメージが多いのだけれど、この映画では本当に不意をつかれて、意外な場面で窮地に陥ってしまう。そこが本当にリアルだなっと感じた。常に危険と隣り合わせなのが戦場であって、安心できる時なんて無いのだと思った。でも、そんな中でも笑い話をして仲間を和ませたり、自分も死ぬかもしれない窮地の中、相手を救い出したり、水を差し出したりして、築いていく仲間との信頼関係。本来人間が持つべき姿や、本質について考えさせられた。

そして時には敵を助け出す様な場面も。しかし不意を突かれてしまう。本当に悲しくて、悔しかった。あの一瞬で味方、敵で分別されてしまう戦争の残酷さを思い知らされた。

命がけの伝令 とタイトルで唄えられている通り、本当にこの時代で伝えると言う事は、命がけであったのだと感じた。
様々な窮地を乗り越え、やっと遂行した任務。そしてあのラストシーンには感動した。
最後のシーンは色々な捉え方があるなって感じた。

この後、第二次世界大戦も勃発するのだと思うと、ゾッとしてしまう。そしてもう少しで75年目の終戦記念日を迎える。こんな事が二度と起きてはならないと、祈るばかりだ。
演技がバカクソ上手い、シンプルな設定にシンプルな話だからこそのパワーを感じる。パワーオプパワー
>|