1917 命をかけた伝令の作品情報・感想・評価・動画配信

1917 命をかけた伝令2019年製作の映画)

1917

上映日:2020年02月14日

製作国:

上映時間:110分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「1917 命をかけた伝令」に投稿された感想・評価

Kei

Keiの感想・評価

4.2
どうやって撮ってるんだ???
というのが気になる作品!!
ワンカットで有名なのは知ってたけど、ここまで臨場感のある戦争映画だとは思わなかった!

主人公の強さがストーリー全体に🤩
淡々と目的地を目指す中で、感情が溢れ出る所もすごい良かった!


最後の走るシーン、木にもたれかかるシーン
🏃‍♂️最高🌴
可野

可野の感想・評価

4.5
思い出し書きほぼ主人公への愛

IMAXで大正解の臨場感 自分がいつ撃たれるか終始ドキドキしていた
何度か耳にするgood lackは無慈悲で無差別な戦争を生き残れるのは運次第なんだと言葉の重みを感じられた
前線に出るほど丸腰になっていく様子が儚い
あとなんか衛生観念が気になってしまう

以下ネタバレあり


冒頭の方の色々文句を言いながら渋っていたのにいざ行くとなると年上が先だと言って先陣を切る姿 慎重派かと思ったら勇敢な方だった
敵の仕掛けで死にかけて本音を漏らしてしまうが口論になりそうなところでやめていたのも魅力を感じた
独パイロットの元へ行く時銃を離さないところとか楽にしてやろうの一言とか経験の差が描かれてるのも良い 遺品の扱いにも慣れている
1人じゃ無理だろ的なこと言われた時 I will で返すところが意思を引き継いでるんだと伺えて辛い
トラックのシーンplease と声を上げるのも辛い
川のシーンで意識を失いかけた時舞い落ちてきた花びらを見て彼を思い出したのか頑張り始める主人公 泳いで死体の山を必死に這い上がりなんとか陸に上がってようやく吐き出すように声を上げる彼の感情は想像の域を超えるけれども今までの境遇を考えるとしんどい
びしょ濡れのまま歌声に吸い寄せられるように森の中へ入り木に腰掛けるシーンが儚げですき
有名な駆け抜けるシーンは圧巻
最後の方で名前を言うの好き ウィル



ベネ様の役、スコを労ってくれてありがとう
本当によくやった
彼を称賛します
ぽち

ぽちの感想・評価

4.0
アーモンドの花びらや草原に点々と咲く黄色い花など、平時と変わらずそこにある自然が印象的で悲惨な戦場とのコントラストが映え、映像的に美しいシーンが多く印象に残った。ワンカットによる没入感を売りにしていたと思うが、むしろその技法感(建造物の緊密さの違和感など)に邪魔をされた印象。が、「到達する」ことに大きな意味を持たせたかったのかなとラストシーンから感じた。
Seika

Seikaの感想・評価

3.5
現代では手軽に、一瞬にしてメッセージを送ることができる。同じ行為なのだけれども、まさにそれとは対照的であり、伝える側が死ぬ気で走り続けていた。

一瞬の判断で生死の分岐点ができてしまうなんて、残酷だなと感じた。
戦場では倫理観をも捨てるしかないのか…😥

所々映る死体がリアルでおえっ🤮となってしまった。グロめの映画大丈夫なはずなのに💦
ワンカット風というのは何の意味があるのか分からない。そうするために時間軸を無理に圧縮しており(特に川に流されるところでそれが強く感ぜられる)、コンピュータゲームのようになっている。
マッケンジー大佐のところへ走るシーンは圧巻だった!というか全てが見どころ!すごい映画を観たって思った😳
圧倒的没入感。画面の中に入り込んだような感覚でドキドキが止まらなかった。オープンワールド系のゲームみたいに世界がずっと繋がっていてリアルさが倍増。戦争なんてするもんじゃないなと切に思わされる。
pawawa

pawawaの感想・評価

4.3
凄かった
BGMがほとんどない感じとか、何が起こっても大袈裟に描かず淡々と進んでいくストーリーとか、映画全体のテンションがリアルで、映画っていうより本当の記録を見てる気分になった、それくらいリアルで怖い
はるき

はるきの感想・評価

3.4
今では指ひとつで伝えることが出来て、なんでも便利すぎる時代だからこそ、人との繋がりが薄い気がする。
この時代を生きた人達はほんと凄いと思う。
俺やったら、1発でも撃たれたら戦意喪失しそう笑


何が起こるか分からないこのご時世、またこんな時代が来たりするのかな😱
人混み掻き分けるとこからもうおもしろ!ってなった
ワンカットってのがほんとにその場におるみたい、あれカメラワークどないなっとんねん
あと主人公まさかのそっちかい!そこもいい!
>|