犬

ブロードウェイと銃弾の犬のレビュー・感想・評価

ブロードウェイと銃弾(1994年製作の映画)
3.5
芝居

売れない作家と大女優、ギャングと踊り子
彼らが作り出す舞台とは....

ウディ・アレンが“狂騒の20年代”のブロードウェイ演劇を舞台に描くバックステージコメディ

日記的に話は進む

ドタバタ
終盤はウディ・アレンらしい展開で面白い

もちろん男女関係もあり

会話が面白い
衣装も良かった

ジョン・キューザックの感じはさすが
ダイアン・ウィーストの演技良かったです
オリーブは強烈キャラ