mornin

Summer of 85のmorninのレビュー・感想・評価

Summer of 85(2020年製作の映画)
3.7
主に2人の関係性だけがずっと描かれてて内容はさらっとしてる感じだった。でも、誰しもが持ってる嫉妬心であったり、進路(将来)への不安であったりそういう心情が分かりやすく表現されてて良かった。この映画のメッセージをちゃんと受け取れてるか分からないけど、言葉の強さは偉大ですね〜(ToT)

他のユーザーの感想・評価

開

開の感想・評価

3.4
In Between Daysの使われ方だけがほんのちょっとだけ良かった、内容はあっさりしすぎててなんの深みもなくて全然良くなかった、過大評価されすぎ
まるみ

まるみの感想・評価

3.0
最後のダンスシーンが格好良かったのでちょっとだけ加点。
軽い方にも、重い方にも、どっちにもあんまり共感できなかった、かな。
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

4.5
恋に落ちた。薄く開けた瞼で、からかうように落とされた視線。掴めない句読点と、冗談と本気のあやふやな境界線。えっ…?とこちらが動揺している隙に掴まれている指。ダメ押しで、何かを約束するみたいに渡された真っ赤なヘルメット。全然タイプではないのに、あっという間に転覆した。

ガンガンに音楽が鳴るクラブで、突然連れて行かれた海の中。チカチカ眩しい人混みで、もうあなたの感覚しか入ってこない。愛おしさを持て余して胸が絞られる。

恋の始まりも終わりもあっという間だった。どんな愛し方だっていい。思い出を偽りなく抱えていくことを覚えた人間は強いし、何度だって航海できるね。

普段好んで青春映画を観ないけど、夢中で恋したあの時みたいにキラキラ光って眩しかった。
i

iの感想・評価

4.0
だから言ったじゃんダヴィド悪い男だって〜、て少年少女の心にはその言葉は響かんのよな。過去を乗り越えて新しい物語を生きること。作中で、失恋した時、自分が映画物語の主人公だと思えばその心の痛みや苦しみが楽になるって言ってたけど、もんのすごく共感して、ウンウン頷いてました。
な

なの感想・評価

-


10代の恋愛と生死の儚さを感じてウワァアってなった
愛する人の突然の死だったりそもそも死とは何なのかって最近考えることが多くてすごくタイムリーな作品だ!って思った

アレックスの束縛とか重さが怖かったけどそうなっちゃうくらい魅力的な人間に見えたりする時ってあるよね自分のただの空想に過ぎないのに
クラブで流れた音楽が良すぎるし墓場で踊り狂うとこも最高
挿入曲も映像の少し荒れ具合も80年代風に作り込まれていて良かった
若いからこそ映える作品
oimo

oimoの感想・評価

5.0
フランソワ・オゾン監督作は『危険なプロット』『彼は秘密の女ともだち』に続いて3作目の鑑賞。

この監督のあまり健全でなくヌルッとした、だけどとんでもなく純粋で地味〜な情熱の描写と、作品の核を台詞やストーリーラインではなく俳優の演技に乗せて描ききる言葉足らずさが大好きです。考察せずには居られない。今作も最高でした。


内気な少年アレクシが奔放な青年ダヴィドに出逢い激しい初恋に身を焦がす一夏の模様が、現在の地獄パートと幸せの絶頂である過去パートを行き来しながらミステリアスに描かれる。この構図がまず好き。


アレクシ(アレックス)
友達のクリスに何の躊躇いも遠慮も無く彼女とのデートを優先される。船使って良いよ!じゃあね!って感じで軽〜く。冒頭から既に古い靴下扱いされてるアレクシ…。
掃除を頑張るお母さんに「休んだら?」と声を掛けたり、引越しするんじゃなかったと嘆く彼女を傷心中にも関わらず優しく宥めたりと、とにかく良い子であることが伺える。エジプトの死生観を知って死に惹かれるようになったという言葉通り、ベッドサイドの壁にはエジプト関連の切り抜きがベタベタ貼ってある。優しい両親に穏やかに愛されており、文才はあるがそれ以外には特別情熱を傾ける事柄も無く将来やりたい事も見付けられない、純朴で垢抜けない、同級生達に比べて精神的にどこか幼い少年であることが分かる。

ダヴィド
懐の広い天然の人たらし。17歳で父親を亡くして学校を中退し、亡き父の意思を継いで経営者に。心配性だが見たいものしか見ない母親とは心が通っておらず、孤独感を持て余して一年間荒れに荒れ、その時その時の感情に全力で身を任せて生きる無謀で奔放な少年。ようやく少し落ち着きかけていた所で盲目的に自分を必要とし求めてくれるアレクシに出会う。


惹 か れ 合 わ な い 筈 が 無 い ん で す よ ね。


正反対の二人。お互いにお互いの存在がどれほど眩しく魅力的に映ったか。その上更に顔と体も良い。初恋相手には少しヘビー過ぎた。お互いに。遊び人のダヴィドにとってもアレクシは初恋の人だったんじゃないかと思います。喉から手が出る程に欲しかった。ただ傍に居るだけで満たされるダヴィドと、どれだけ傍に居ても満たされないアレクシ。すれ違ってはいないんだけど、アレクシを完全に手に入れた事で満足したダヴィドにとってのアレクシは、早々にただの背景に…古い靴下になってしまう。終わりの始まり。物凄く悲しい展開ですね。
もちろんダヴィドには終わらせる気なんてなかったんだろう。アレクシは俺のものだけど俺はアレクシのものじゃない。ダヴィド的にはアレクシが文句を言わず今まで通り一番傍で自分の孤独を満たしてくれながら、新しい誰かと新鮮な駆け引きを楽しみ続けるのが理想だったんだろう。古い靴下ってまさにな例えだったよな。俺は履き心地の良いこの靴下(アレクシ)を履いて新しい靴(遊び相手)を履きたいんだよと。クズです。
ただダヴィドはアレクシに対して何の駆け引きもしていなかった。アレクシに本当に飽きて思慮を欠いていた。だからアレクシが激怒した時は内心びっくりしたでしょうね。アレクシに対して「飽きた」と本心を伝えながらも涙をこぼしていたダヴィド。
本当は「だけど愛している」とも言いたかったんじゃないの?
アレクシが飛び出して行ってからそれに気付いた。
全くありがちで陳腐で死ぬ程悲しいけれど、失って初めてアレクシの大切さを噛み締めたんじゃないの?
ダヴィドはスピードの彼方の泡の中に入ってアレクシに謝りに行きたかったんじゃないの…?

また先生の存在が良かったですね。地獄に仏。出てきた時は危険なプロットかなと思ったけど、ジェルマンよりちゃんとした大人。あの先生が居なかったらアレクシは本当にヤバかった。更生施設に送られて一生ダヴィドとのことを引きずりながら地獄の人生を生きてたかもしれない。
ダヴィドは先生と付き合ってたような口ぶりだったけど、先生は教師と生徒だったよと。どっちが本当なのか。これは原作小説『おれの墓で踊れ』を読むしかない。原作があるとこういう楽しみ方が出来るのでありがたいです。


最後、どこかダヴィドっぽく笑うアレックスに出会う。

そうだったな…。誰かを好きになる度、少しずつその人の要素が自分の中に溶け込んできた。その要素は多分、その人の一番好きだったところであり疎ましく思った部分でもあった。

人は自分に無い部分に惹かれて恋をする。
恋は不毛では無く、どんな悲惨な終わりを迎えても確実に出会う前の自分とは全く別の要素を自分の中に吸収する。
それを心の傷にするか成長に出来るかは自分次第。

アレクシが迎えたこの恋の終わり方がまた、とんでもなく良かったです…。
peachkid

peachkidの感想・評価

3.7
私の好きなフランソワオゾン監督っぽいシュールなストーリーではなかったけれど、いい映画だった


特に恋をしている時の、思い込みの非現実的で、理想的な描写はとても美しく、入り込むことができた


思い出と海がとても美しかった
ひさぎ

ひさぎの感想・評価

4.5
アレックス、可愛いなあ。アレックスの物語、切ないけれど勇気ももらえる、素敵な物語です。前向きになれます。
たそ

たその感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

初見
理想の友達といて自分の何を知ったのかはちょっとよく分からんかった。けど、バイクで疾走したりヨットで海に出たりする映像が綺麗で好き。服装も髪型も小物もちょっとレトロで可愛い。
出会いから6週間で別れてるし、別れの後から始まってるせいでそもそもの主人公がどんな人やったかあんまり分からんから、自分を見つけたみたいな終わり方がしっくりこんのかもしれん。人生経験積めばわかるようになるんかな。

レビュー読んで理想ではなく現実と向き合えるようになる話やったんか?ってなった。難しい。余計に理解できへんくなったかも。
こまち

こまちの感想・評価

4.0
儚い夏を描いた詩的な作品。

主人公のアレクシは友人にあっさり自分より恋人を優先されて、1人ヨットで海に出たところ転覆してしまい、そこで助けてくれた年上のダヴィッドとすぐ息が合う。彼と夏を満喫する間に、いつの間にか親友以上の存在に。

共に夏を過ごす存在もおらず、進路にも悩んでいたアレクシにとっては、彗星の如く現れた妖しい雰囲気のダヴィッドとの時間は幻想だったのかもしれない。こりゃ心酔しても仕方ない。

2人が視線やちょっとした仕草で互いの気持ちを確かめ合うようにして、近づいていくところが叙情的。
控えめでうぶな感じのアレクシと、熱くて開放的で爽やかでどこか儚げな、正に夏を体現したようなダヴィッドの、対照的な2人の関係が、目を惹く水色とオレンジの鮮やかな色彩で瑞々しく描かれている。
しかも2人とも美青年。

2人を繋ぎ止めてくれる学校の先生がいて良かった。
夏をテーマにしてる映画やっぱり好きだ…
「Summer of 85」の感想・評価を全て見る

morninさんが書いた他の作品のレビュー

恋する寄生虫(2021年製作の映画)

-

この映画面白いですか……??小松菜奈が出てるから見たけど本当に小松菜奈が出てるな〜っていう感想しか抱けなかった

僕と頭の中の落書きたち(2020年製作の映画)

3.8

統合失調症という精神疾患を扱ってるからちょっと重たい系の内容かと思ったら幻覚のキャラがポップで重くなりすぎてなくてよかった

オールド(2021年製作の映画)

3.7

話の展開が早くて観てて、"え、殺しすぎ殺しすぎ〜〜めっちゃ死ぬじゃん〜"ってなった
でも今はYouTubeとかTikTokとか展開が早くて簡潔なものを求める傾向があるから時代に沿ってる映画だなと感じた
>>続きを読む

目撃者(2017年製作の映画)

-

現代社会では見て見ぬふりをして生活するのが当たり前になってるよね…干渉しないのがいい時もあれば、人との繋がりがなくなることで孤独感を抱えて事件に繋がったりもするから今の社会で必要なものは何なのかを問う>>続きを読む

呪詛(2022年製作の映画)

-

この映画ってインフルエンサーにPR頼んでる、、?ネットですごい怖いって言う人が多いから見てみたけど普通のホラー映画じゃんってなった…