Summer of 85の作品情報・感想・評価

「Summer of 85」に投稿された感想・評価

kako

kakoの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

夏の終わりに観たので曖昧です。


想像してたのと少し違った!
けれど面白かった〜〜好きな感じの映画だった。
ダヴィドの自由〜!俺は俺!(語彙力)みたいな価値観凄く好きです。ちょっとスリリングなことが好きなところも、刹那的で。
ダヴィドのお母さんは、ダヴィドがバイだってこと気づいてたと思うんだよね。アレックスに対して"友達“をあんなに強調してたの、すごく違和感だった。お父さんが亡くなって寂しいだろうから、とかそんな理由だけじゃない気がした。

死に惹かれるアレックスは、死を目の当たりにしてもなお、死に惹かれていたのかな。
というかアレックスも結局バイだったのかな??

なんかよくわからなかった部分が多くて解釈のしようも色々あるな〜と思いました。
毎年夏の終わりの深夜にお酒を飲みながら観たい感じの映画でした。
ねむお

ねむおの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

映像も曲もめちゃくちゃ良かった 本当に良かった ヨーロッパの海、夏、ノスタルジー、死に惹かれる少年、年上の少年との出会い、恋、別れ……CMBYNとスタンド・バイ・ミーを足して2で割った感じ? マイプライベートアイダホはまだ観てないからわかんない
CMBYNとスーパーノヴァは男性同士じゃないと成り立たないと思ってて、それが好きだったんだけどこれは(この言葉は嫌いだけど)感動ポルノが好きってことになっちゃうのか……? キラキラした同性愛の作品が好きなのは悪いこと? 当事者をそれこそ私が大嫌いな「消費」してしまっていることになるのか? 私も当事者のはずだけどもう分からない は~全然わかんないけど雰囲気も音も映像も良かった(好みだった)ので観てよかったな~とは思いました

ケイトの言葉が刺さりすぎている ああそうだよ私もアレックスも幻想に恋をしていたんだ それで勝手に裏切られた気になって でも愛してるから 何を? 結局自分の幻想を愛していただけか? わからない 私はもう忘れた アレックスは乗り越えて「新しい物語」を紡ごうとしている

私は愛しても愛されることは叶わなかったけどアレックスはたった6週間とはいえ幻想に愛されてよかったねと思った

ダヴィドの「君といるのに飽きた」というのもアレックスを愛していたのも嘘ではないと思うんだけどどうしても何にも縛られたくなかったんだろうな 私には分からないしうっかり愛され愛してしまったアレックスからしたらたまったもんじゃないだろうけど……価値観のズレ、すれ違いによる悲劇だったと思うけど「おれの墓で踊れ」という1点において合致していたんだろうな……

アレックスが小説を書くことでダヴィドとの苛烈で幸せで悲しい6週間を昇華して乗り越えていくのがすごく良かった 私も(アレックスのように文才は無いけど)ぐちゃぐちゃ感想を書いて気持ちを昇華するのが好きなので、やっぱ気持ちを文字に起こすっていいなぁ……と思いました

そういえば「他人には理解できない2人の間だけの約束」みたいなのもCMBYNと似てるなと思った 「君の名前で僕を呼んで」と「おれの墓で踊れ」 他人には理解されないしされなくていい ただ2人の間で生きている誓い アツい

普通の恋愛(もはや「普通」が私には分かりませんが……)だったけど「墓の上で踊る」という点のみ異様だったんだよな その異様な行為がロッド・スチュワートのSailing(2人の思い出の曲)によって美しく装飾されていた感じ 墓の上で踊ることの意味を考えていたけどそれ自体に意味は無いのかも

あと少年がクィアであることが若気の至り・若い時の気の迷い、みたいな描写ではなかったのもめちゃくちゃ良かった ラストのシークエンスは少年がクィアのまま大人になっていくことを示すものだったと思う クィアネスは自分の中で変化はすれど決して気の迷いなんかでは無いので
allisa

allisaの感想・評価

4.0

恋は盲目って言うけどまさにその通り。

あなたが愛していたのは幻想よ

ケイトの言葉にグサッと胸を刺された
中身まで愛すって難しいね考えさせられるなぁ
chanmegu

chanmeguの感想・評価

3.0
映像はめちゃくちゃ好きだったけど
期待値が高すぎて物足りなさと思っていた感じではなかった感が正直あった…
穂

穂の感想・評価

3.5
最愛の人を無くす苦しみの過程が丁寧に描かれていて良かった。
はたから見たらイカれてる事も二人の中では正解であり正義だったんだろうな。
肌寒くなって来た頃に見ると夏が恋しく思えた。
小雪

小雪の感想・評価

5.0
出会ってから恋に落ちるまでの描写はもちろん美しかった
でもただ綺麗な所だけをうつすロマンス映画ではなくて、独占欲とか、恋愛感情の欲望という面の生々しさにフォーカスしてたところがよかった
主人公の独白っていう形で物語が語られているからか、哲学的な要素を感じられた
moto

motoの感想・評価

3.6
期待通りいい映画でした👌
冒頭のthe cureからrod stewartと名曲の使い方もとても良かった👏👏
異性との別れの映画より同性愛の別れの方が胸をかきむしられるのはなんでなんやろ。

ファッションとかヨーロッパの夏の感じが君の名前で僕を呼んでを思い出すシーンが多かった感じがする。

このレビューはネタバレを含みます

見逃しててやっと観れた作品🙌
やはり同性愛のエピソードは悲恋に終わりがち…その中でもラストのお墓の前でのダンスは良かった🎥
クラブで流れてる音楽と違う曲を聴くって映画他にもあった気がするんだけど思い出せず…モヤモヤ💭
好きなかんじ
さらっとおしゃれ、ぐさっと残酷、ちくっとせつない
レイ

レイの感想・評価

4.0
自分が観てきた恋愛映画の中でダントツで描写が素敵だった作品。
愛する人が突然いなくなる辛さ。

6週間を382万8800秒と置き換えるのオシャレポイント高い。
>|

あなたにおすすめの記事