chill

茜色に焼かれるのchillのレビュー・感想・評価

茜色に焼かれる(2021年製作の映画)
3.0
初見。

目を背けてしまう。あんまりに辛い。

ジュンペイが生まれ、あのように育ったことがせめてもの希望の光になった。

狡い男共に舐められたまま生きてやるもんか、まして死んでやるもんか。

「こういう男(性)には気をつけろ」という目安になる人物像がたくさん。

尾野真千子さんは好きだったが大好きになった。
chill

chill