mar6さんの映画レビュー・感想・評価

mar6

mar6

チャーリーとチョコレート工場(2005年製作の映画)

3.3

不思議な世界観。
観た後チョコレートの銀紙をそっと開けたくなる映画!

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.6

コンプレックスは誰でも持っているものだけど、人目を気にしたり人と比べずに、
自分の人生を楽しむことが、魅力ある人間になれる秘訣なんやと感じた映画でした!

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.8

大人になって、
あぁ好きやなぁって思うようになりました。たまに見返したくなる^^
音楽が心に沁みました。

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.3

切ないお話でした。
すっきり終わって欲しかったなぁ…
歌がすごく良かったです^^

31年目の夫婦げんか(2012年製作の映画)

3.6

微笑ましい、
思わずにっこりしてしまう映画。
大切な人がいるって、
すっごく暖かくて幸せなことやなぁって思いました!
まっすぐな奥さんと、不器用な旦那さん。
旦那さんが最後に素直になれて、
本当よかっ
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.5

一番好きな映画です。
社会人になり立ての辛かった時、
たまたま手に取った作品。
家族や友達、
周りの人達の愛情の暖かさや
有り難さを教えてくれる、
私にとって大切な映画です。
いつ見ても、何回見ても、
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

色んな意味でカッコいい、痛快なアクション映画でした。
服装もオシャレで…かっこいいなぁと見入ってしまいました!
前作もまた観てみよう!

SING/シング(2016年製作の映画)

3.6

心があったかくなれる、
映画でした!!
サントラが欲しくなりました^^

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.5

心が締め付けられるような、
悲しい、切ない映画でした。

登場人物は皆、
自分の存在意義があやふやで、
宙を浮いているような感覚。

それぞれ違った立場や境遇の中で、
誰かとの繋がりにしがみつき、
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

3.6

信念を貫く偉大さを学びました。

共産主義ということで不当な迫害を受ける、映画界にこんな時代もあったんだ…と、実話なだけに考えさせられました。
これまでは映画のストーリーや映像に目を向けがちだったけど
>>続きを読む

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2015年製作の映画)

3.3

タートルズ、亀ってところが可愛くて好きです。
チームワークで戦うシーン、かっこ良かったです。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

とても心揺さぶられる映画でした。
革命的な米国宇宙プロジェクト成功の背景に、人種を巡るこんなに壮大なストーリーが存在していたなんて…

宇宙に挑むという一国共通の夢の実現に、人種なんて関係ない。
差別
>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.0

ずっと、泣いていました。

困難、だからこそ挑戦してやろうと、
生に向き合い続ける主人公の生き方は、どれだけ多くの人に勇気とパワーを与えることだろう。
アメフト界でも、ALSへの社会的理解を深めるとい
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.7

抗えない時代背景の中で、愛情を確信に変えるため葛藤するブラッドピッドの演技力がすごいと思いました。
最期は思わず涙が出ました。
悲しいけど美しい恋愛映画だと思います。
マリオンコティヤール、めっちゃ綺
>>続きを読む

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

4.4

この映画、何回観たんやろう?
って言うぐらい、出会えてよかった作品です。
特別に感動するとか、特別にハラハラドキドキするとかでは無いけど、会話の一つひとつや場面が、ふと心に残ります。

淡々とした日常
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.6

泣きました。なかなか好きな映画でした。
映画を観た後にこの題名の深さに改めて気づきました。

最も身近な存在である人が急にいなくなるという現実。
破壊、依存、拒絶…感情のやり場が無く、奇行に走る主人公
>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

4.0

この作品、大好き!
元気が出ない時、
いつも助けてくれる映画^^
オシャレで明るくて…!
何より、周りに居てくれる人達の大切さが心に沁みる作品。
辛い状況でも、相手を思いやって且つ自分らしく行動できる
>>続きを読む

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

3.7

久しぶりに見たけど、好きやなぁと思いました。切なさの残る純愛。

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

3.2

話に引き込まれて行く面白さがある分、途中で犯人が推測できてしまうのが残念!
藤原竜也の演技力はやっぱりすごい!

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.6

メモ:トラウマ経験と向き合うことに苦しみ、葛藤しながらも、周りの人との関係性の中で生きるということをリアルに描いている作品。