koheiさんの映画レビュー・感想・評価

kohei

kohei

映画(263)
ドラマ(0)

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.7

大塚に住んでいた頃、バイトで働いてた個人経営の居酒屋を思い出すな〜、、、

出来るものは作るよって感じとか、常連さんの温かさとかマスターの優しさとか😂

「客が来るかって?それが結構来るんだよ」

>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.3

これは面白い!
兄弟姉妹のギクシャクがうまく映像化されてる。

新井浩史にバカの欲望丸出し男やらせたら一級品だなやっぱ。まあ実際にそうだったみたいだけど…笑

TOKYO!(2008年製作の映画)

2.8

海外の監督が、日本で日本人を使って東京を題材にとった映画。

ボーイズ・オン・ザ・ラン(2009年製作の映画)

4.1

宮本から君へが大好きで、この映画が似ているとか劣化版とか言われてるから鑑賞。

全然劣化版じゃねえ。
すごくよかった。

原作者の花沢健吾は宮本から君へをめちゃくちゃリスペクトしてるらしくて、それがす
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.3

友達、恋愛、家族、、、
モラトリアム人間(猫?)の映画。

ONE PIECE FILM STRONG WORLD/ワンピース フィルム ストロングワールド(2009年製作の映画)

3.8

中学生の時、ワンピース知らないのに観に行ったやつ。

案の定何も覚えてなくて楽しめた。

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

3.8

もういい歳してるのにお姉さんがちゃんとお姉さんに見える。少年の目線でお姉さんが描かれててそれを共感させられた。

SFだけど科学的アプローチが良くて面白かった。

おっぱいは哲学。

ペーパー・ムーン(1973年製作の映画)

3.5

今の世の中に9歳であんなにタバコが様になってる演技できる子役はいないな。まあそもそも演技だとしてもタバコ吸わせられないだろうけど。

おっさん×少女のコンビ。某殺し屋映画を彷彿とさせますねー

バーディ(1984年製作の映画)

3.8

映画をよく見る人ほど肩透かしくらうラストだと思う。笑

ミスリード誘ってんのかなとか、色々考えながら観てて、最後のバーディーの言葉でこっちまで、は?😀笑ってなる。

この映画はラスト1分で完成する。

コーヒーが冷めないうちに(2018年製作の映画)

3.2

過去に戻っても事実は変えられないけど心は変えられる。

今の考え方が変われば過去も変わる。

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.0

ひたすらチルい。

薄暗くて寒色の映像に脱力しきった演技。
なんかずっとみてられる。
なんも考えずにぼーっとみてたい。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

独特なコメディよし、松岡茉優よし、セリフのパンチ力よし。

女性原作者、女性監督、そして女性が主人公ということで、多くの女性の背中を少しでも押せたら嬉しいと松岡茉優はコメントしてた。
自分が女性だった
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

サスペンス映画の金字塔。

これが元祖二重人格系サスペンスか。
ガッツリ色々な作品に影響与えてるのはわかった。

この映画の凄いところは、ラストまでの演出とかみせかたで矛盾を生んでないところ。

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット(2012年製作の映画)

3.3

もっぱらのロビン推し。

ワンピースの映画初めてちゃんと観たけど普通に楽しめた。

ゼットの声が自来也で鱗滝で、、笑
大塚芳忠さんの声はいいですね〜

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

3.8

最強にバイオレンスで徳も良心のかけらもないブラジルのスラム神の街。
当たり前のように銃を持ってぷらぷらしてるし、ドラッグやってない方が珍しい、、

これが事実に基づく話だというから驚き。

章のタイト
>>続きを読む

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年製作の映画)

4.0

親友の病気を治すために色々と奮闘する姿がチョッパーのようで、、、

デクスターが、起きた時に真っ暗だと怖くなるんだって言うところとラストの繋がりとか、デクスター母がエリック母にキレるところはくらった。
>>続きを読む

オーロラの彼方へ(2000年製作の映画)

4.0

SF×ミステリー×親子愛

こんなん好物に決まってる。

僕街、テセウスに似た話だけど、こっちの方が先か。
こういう物語に弱いです。

あと最後の野球シーンよかったなぁ。Yahooのくだりも好き。

ロケットマン(2019年製作の映画)

2.5

エルトンジョンの音楽はやっぱいい。

ただ映画としては…って感じ。ハマらなかったのかな。

ミュージカル調なのもなんか中途半端に感じたし、演出がくどい場面が多々。
心情の変化であったり周りとの関係性は
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.2

冒頭の音楽からよかった。

10歳の少年の目線でみせる演出がいい。
そしてそれがエルサを観てる人にも魅力的に映してる。

メガネのお友達ヨーキーがかわいかった笑

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

3.8

めちゃくちゃ不器用な主人公。笑

いい言葉が多かったな〜

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.8

ラスト引き込まれた、、

これはサスペンスっぽい純愛映画なのか、純愛映画っぽいサスペンスなのか正直わからない。

「日常」を切り取ってるんだけどこの映画は全くリアリティがなかったり、感情の曖昧さだった
>>続きを読む

情婦(1957年製作の映画)

4.0

60年以上前の映画。

エンドロールで「この映画を見てない人のために、結末は絶対お話にならないように」って。

ラストの展開が凄いというか、現代のサスペンスにエッセンスが引き継がれてる。

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

3.5

きれいな街並みとBGMでほのぼのしてるかと思ったら、、、

いいストーリーですな

アイデンティティー(2003年製作の映画)

4.0

どんでん系サスペンス。好物。
ネタバレ厳禁だからなにも見ずに挑むべし。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ほんとに1番最後のシーン。鳥肌。
顔だけで鳥肌たてられたのは初めて。
なんなんだ、あの表情は

君が生きた証(2014年製作の映画)

4.5

余韻、、、

シングストリートとかはじまりの歌が好きな人は一見の価値あり。
ただこの映画はもっと大事な要素が含まれてる。
ネタバレ厳禁だから予備知識なしで臨んで欲しい作品。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

-

さすがの鬼才っぷり
美術館でなんかなんとなく魅入ってしまうものってあるよね、そんな感覚。

言語による説明を極力排除していて、音、映像で感じろと。

人って初めてみるもの、要するに奇妙な物をみたとき興
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.2

いやーいい映画じゃないですか。

お父ちゃんの今日だけは頼むってとこのシーンは感動した。

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.1

割と好きな映画だった。
うまーくちぐはぐが絡み合ってく感じ。

解説読んで理解したけど、伏線がすごい。

みんな失って気付いてるんだよね。

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.8

ベタベタなちょーいい映画。

好きな要素が詰まりに詰まってた。
刑務所、主人公が知的障害だけど素直で愛を持ってる、愉快な仲間達、いい具合のコメディなのに泣ける。

芸術的、学術的な映画もいいけど、
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.5

家族愛

何を良しとするのか、個人の主観を浮かび上がらせるようなシーンが多かった。

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

もう全くホラーではないねこれは。
SFサスペンスラブコメ。

ツリーのポップな自殺が面白い。

全く退屈せずに楽しめます。

>|