TuneIshiさんの映画レビュー・感想・評価

TuneIshi

TuneIshi

レビューは甘口、点数はやや辛目。

過程が微妙でもラストがキマッてる映画が
好き。

涙腺緩すぎでかなり高確率で泣きながら
劇場から出てきていますw

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.9

オープニングのパフォーマンス
の素晴らしさに圧倒された。

とにかく良くも悪くもタラタラ
してない。

ポップな楽曲と出演者たちの
美声とダンスでグイグイ話が
進んでく。

ダイバーシティとかバーナム
>>続きを読む

リベンジ・キラー(2015年製作の映画)

2.9

Netflixでダニートレホで検索し
視聴。

お目当てのダニーは最後の方に
少しでただけだとゆうね(汗)

誘拐されたマフィアの娘がコワイ
法螺話するとこが山場だったかもw

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

90分未満の上映時間で侵入者側
のキャラや動機と関係性も
家主側の事情と狂気も簡潔に
過不足なく描き、どちらにも
感情移入する余地を作った上で
強烈なスリラーが展開する。

私自身は家主側に共感する立
>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

3.4

英国一の少年記者?タンタン
(字幕表記はタンタンだが綴りも
音声もタンタン違う。そのまんま
は具合悪いんすかねぇ?)の冒険。

17世紀の帆船模型が発端となり
宝探しの冒険にタンタンが巻き
込まれる。
>>続きを読む

9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜(2009年製作の映画)

3.6

軍手を編んで作ったような
人形たちと人類を滅亡させた
マシンとの戦いを描いた
CGアニメ。

9体の人形たちが可愛くて
魅力的。

主人公のナインに特別な能力
や役割がありそうな雰囲気で
話が進むけど
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

お互いを認められない仲悪い
2組の兄弟姉妹の交差&激突
を生々しく描いたドラマ。

兄弟姉妹で一番頑張ってるのに
少しも報われてないお姉さんが
不憫過ぎる。

密かに想ってる弟くんに貰った
手拭いの柄
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

4.1

イントロのPOVバトルから
圧倒されました!!

とにかくアクションはアイデア
も魅せ方も凄くかつ韓国らしい
手斧やナイフでサクサクッと
鳴り響く斬撃音と、ヒロインを
彩る大量の返り血の噴水!!

>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

レイプされた上に焼死体となって
発見された娘。

犯人が捕まらずに7か月が経過し
捜査に何の進展もない。

母親は警察署長ウィルビーを
挑発するメッセージを書いた
3枚の広告看板(スリービルボード)
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

原作は雑誌連載時に序盤だけ読んだ。

かなり大胆に設定やキャラクターの
改変が行われている。

主人公が原作ではプロジェクトの
責任者であり、その達成に向けて
努力邁進する様をコミカルかつ
ドギつく描
>>続きを読む

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

3.5

エル ファニングが男の子になる
為に脇目もふらず突進してくが
母も、祖母も彼女の望みに完全に
寄り添えず、躊躇し懊悩し続ける。

彼女が未成年であるため治療には
両親の同意が必要となり、別れた
父親と
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.5

応援上映、チャンスはあったのに
参加できませんでした。
残念無念。

通常上映でしたが観て参りました。

バーフバリ!
バーフバリ!!
バーフバリ!!!
バーフバリ!!!!
バーフバリ!!!!!

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.2

フォローしている皆様の高評価
とアツイ長文レビューに背中を
押されて鑑賞。

こんなにも刺さり、かつ、笑える
映画は滅多に無い。素晴らしい。

ヒロインヨシカの妄言w総てに
共感しつつ笑わせてもらった
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

作品が3部作であると知った状態で
鑑賞したのでオチがバレバレで、
そこに向かって話が進んでるので
盛り上がり様が無かった。

作戦の過程や前提になる設定は
嫌いじゃない。いや、むしろ好きで
オチが読め
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.3

長澤まさみと高橋一生主演の
サスペンス?ドラマ。

長年、同棲した彼が突然倒れて
名前も職業もまったくの虚偽で
ある事を知ったヒロインは
彼の真実を探し求める…。


川栄が彼をストーキング?する
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

膵臓の病気で死期が近づいている
少女が、偶然その事を知った内気な
少年と過ごす日々を描く。


ヒロインが地味で暗い男の子に
ビックリするくらいグイグイ行く。

この非モテファンタジーに萎えてる
人も
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.7

ロバート パティンソン主演。

兄弟で銀行強盗したら障害のある
弟の方だけ捕まってしまい、
ロバート パティンソ扮する兄が
弟を保釈する為に悪戦苦闘するも
事態は面白くも酷い方に悪化して
いき…。
>>続きを読む

サヴェッジ・ドッグ -闘犬-(2017年製作の映画)

3.2

スコット アドキンスが
インドシナでゴア度高めの
復讐大殺戮を繰り広げる。

序盤は賭けステゴロバトル
とかありますがスコットの
友人達が死んで自身も死に
そうになってからは容赦無し
のマチェットで斬
>>続きを読む

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

3.4

弐瓶 勉原作のSF漫画の3DCG
映画化作品。

原作が良質なSF漫画であり、
映像化した本作も高品質で
よく出来ている。

ただ、欲を言えばプロットには
一捻り入れるか、もう一つ位は
山場が欲しかっ
>>続きを読む

嘘八百(2017年製作の映画)

2.8

中井貴一&佐々木蔵之介コンビが
自分を陥れた奴らに利休の茶碗の
贋物をネタに騙し返す。

メインのプロットは良かったし
その流れに沿っている所は
面白くてソコソコ笑えましたが、
2人の娘と息子のエピソ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

英国のテイラーショップをカバー
にした諜報組織キングズマンの
師弟コンビ ハリー&エグジー達の
活躍を描く痛快&ぶっ飛びスパイ
アクション最新作。

今回の悪玉ポピーが魅力的かつ
怖くて素晴らしい。
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

4.0

ラッセル クロウとライアン ゴズリング
が組んだ70年代が舞台のバディもの。

正確を期すならこれにライアン扮する
ボンクラ屑探偵マーチのひとり娘の
ホーリーを加えた3人組の活躍する
探偵もの。
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.6

新たなるスパイディ映画シリーズ
第1作。

実はちゃんと映画のスパイディを
鑑賞するのは初めてに近いかも。

最大の特徴はアベンジャーズの世界
の中のルーキー&ローカルヒーロー
としてスパイディを描い
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

3.7

ドラマ版 未見。

ですが、全くその事がハンデに
ならない完全に独立した映画作品。

不倫関係にあって起きそうなヤな
事がヒロインの上戸彩に次々と
襲いかかるので、彼女に感情移入
すると観ててツライは
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.6

吹き替え版を鑑賞。

映像やクライマックス直前までの
冒険譚とアニメーションの高品質
なのには感銘を受けたけど、
ラストの展開や着地はそこまでの
アガリ方からするとちょと地味で
少し考えて後分かる感じ
>>続きを読む

レイヤー・ケーキ(2004年製作の映画)

3.7

ダニエル クレイグが若くして
成功し、勝ち逃げ(引退)しよう
と考えてる麻薬の売人x x x x
を演じるピカレスク ロマン。

市民社会に普及して有望な
ビジネスジャンルになった
麻薬についてユルく
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

4.0

家族と殆ど絶縁状態だった青年ルイが
自分の死期が迫っている事を告げる為
に実家に戻る。

歓待し、長い年月が作った溝を埋めよ
うとする女たち。

この息子を溺愛し、かつある面では
盲目である母。

>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.0

四畳半神話体系等の原作群を
未見&未読であり、私個人が
下戸であるので学生の呑みの
お話であるとの見解の基づき
劇場公開時には回避してた。

デビルマン配信に備えて本作
を鑑賞しましたが…。

お酒は
>>続きを読む

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.9

実話モノ、割と観てるんですが
コレ今年ので1番良かったかも。

演出、脚色はあるにしても元に
なる事実がドラマチック過ぎる。

それを全く醒めさせず、萎えさ
せず魅せていて素晴らしい。

キャストで素
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.7

大泉洋 松田龍平の探偵コンビの
活躍を描くシリーズ3作目。

松田龍平扮する探偵助手 高田の
後輩の彼女を探す依頼が発端と
なり、より大きな事件に巻き込
まれていく。

今回は発端から事件の中心人物
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

TVなどで過去作は観てたはず
なのに、鑑賞するまでオチや
結末に関する記憶が完全に消失
したミステリ鑑賞としては最高
の状態で鑑賞。

ケネス ブラナー扮するポワロが
凄く魅力的で一気に惹きこまれた
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

3.3

伊藤計劃映像化作品 3本目。

他の2作品より題材もお話も
ぐっと我々の世界と地続きに
なって話もかなり分かり易い。

アクションシーンもあって
観ている間はそれなりに楽し
かった。

ただ、やはり会
>>続きを読む

ビジランテ(2017年製作の映画)

3.3

地方の抱える闇、その闇が
作り出したうねりに翻弄される
3人の兄弟の物語。

描きたい情景や世界観は画面に
強烈に焼き付いており、それは
伝わってきたし、魅力的な場面
も沢山あったけど、プロットの
>>続きを読む

沖縄やくざ戦争(1976年製作の映画)

3.5

この映画を観たら必ず使いたく
なるよね『たっくるせ!』

一番良いたっくるせはやはり
ティンコ切られて恨み骨髄に
達した室田日出男のたっくるせ
のシュプレヒコールでしょう。

最初は実録路線風で開幕す
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.4

内向的で無気力な大学の教員
アダムが、友人に勧められた
映画に出ている自分と瓜二つ
の男について調べ、ついには
彼に会うのだが……。

未だに自分なりの回答、解釈が
紡ぎ出せないし、アレ?と思う
面や
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.6

ソダーバーグ監督の映画復帰作
となるケイパームービー。

ラストの鮮やかな仕掛けはグッド。

だがこのシビれるオチに至る過程の
ローガン一味の残念エピソードが
サスペンスにも笑いにも繋がって
いなくて
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.4

70年代後半のイギリス。

パンク童貞小僧と地球に来た
異星人コミュニティの問題児
の少女の出会い、恋、パンク
カルチャーとの遭遇による
ケミストリーが異星人達の
文明をも揺さぶる様を描く。

異星人
>>続きを読む

>|