ツネイシさんの映画レビュー・感想・評価

ツネイシ

ツネイシ

映画(1435)
ドラマ(5)
アニメ(0)

ラバー、ストーカー、キラー(2024年製作の映画)

3.8


ティコティン❗️

キャリ:あの娼婦がこれ以上
近づいたら、殺す。



比較的良く観ているネトフリ発の
クライム・ドキュメンタリー。

マッチ度96%の本作😅を鑑賞。


再現ドラマパートの演出な
>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

4.1


『私ども卑しき者達は、生きる為に
見えぬふり、聞こえぬふりをする
ほかないのでございます。』


盲目の優れた鍼医者・ギョンス。

宮廷の御医に見出されて宮殿に上がり
貴人たちに御医の助手として鍼を
>>続きを読む

ジェントルマン(2021年製作の映画)

3.7


韓国の俳優さんのなかでも大好きな
チュ・ジフンの主演作❗️

しがない興信所の代表(探偵さん)が
交通事故でなぜか検事と入れ替わり
その僥倖を生かして自分の濡れ衣を
晴らし、依頼人を助ける為にPC房
>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.3


『レベルが全然違うってこと?
……まだまだだな、私のPMS。』


自分の体なのに、自分でも
どうにもならない。

苦しみの中で暮らす2つの魂が
出逢い、お互いに出来ることが
あると気づき、それを行
>>続きを読む

バッドランド・ハンターズ(2024年製作の映画)

4.0


『お前も知らない?おやすみ❗️』

ボコォッ❗️


新・感染でブレイクしたマの兄貴が
ゾンビバトルに還ってきた‼️

大地震で壊滅した後の半島でサバイブ
する剛腕無双のハンター・ナムサンが
ある娘
>>続きを読む

ベッキー、キレる(2023年製作の映画)

3.7


『息子さんの名前は⁉️』

『……アドルフ…。』


クリストファー・ランバートの
眼を持つ女・ルル・ウィルソン。

彼女が扮する殺戮少女ベッキー
がクソ右翼短小どもをブチ殺す
第二弾❗️

ちょっ
>>続きを読む

ジェヴォーダンの獣 ディレクターズ・カット(2001年製作の映画)

3.8


シルヴィア

『フロンサックが本当に愛している
のは貴方です。』

マリアンヌ

『えぇっ⁉️ 』………トゥクン…。



ってなるわけないやろー❗️つーか
どの口でゆーとんねん‼️


公開当時レ
>>続きを読む

コット、はじまりの夏(2022年製作の映画)

4.0


ショーン

『コットを捕まえる男はすごく
足が早くないとな。』


タイムライン内でブッチギリ高評価
の本作を劇場鑑賞。

まず特筆すべきはコットを演じた子
の自然な陰キャ感😅と美貌。

導入の学校
>>続きを読む

60ミニッツ(2024年製作の映画)

2.9


『家賃も半年ぶんも滞納してるの❗️』


ドイツのハンサムマッチョが大暴れ
するアクション。

ハンサムだが頭はイマイチそうな
総合格闘家のオクタ。

試合の開始時間が相手側の都合?
で延びて娘の誕
>>続きを読む

僕らの世界が交わるまで(2022年製作の映画)

4.1


『大学にいかないのなら、ここから
出なくちゃいけないんですか……?』


ジェシー・アイゼンバーグ初監督作
を劇場鑑賞。

同じ家に暮らしてはいるけれども
別の世界で生きる親子ふたり。

お互いに強
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

3.9


『オソマ(う⚫️こ)おいしい‼️』


原作はほぼほぼ映画の中身ぶん
ぐらいは読んでました😅

ヒグマの死骸が絨毯みたいだとか
かなりショボいCGの狼だとかは
微妙には感じましたが……。

原作のバ
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.1


『歳をとるとそうゆう悦びは重要じゃ
なくなるの。……でも、たまには手を
使ったりは、するわよ💕』


『それを聞いて安心した。』


ヨルゴス・ランティモス監督最新作
でありオスカーで沢山賞を獲りそ
>>続きを読む

ザ・ガーディアン/守護者(2022年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます


『カン理事、余計なことは考えずに
言われた事だけやっていろ。』

チョン・ウソン監督・主演作を
劇場鑑賞。

主人公スヒョクがお勤めを終えた
ガンペで、実は自分の娘を産んで
育てていた彼女の願いを受
>>続きを読む

みなに幸あれ(2023年製作の映画)

3.9


『頭の中がお花畑だったのよね?
世の中の事、なーんにも知らな
かったのよねー……。』


古川琴音ちゃんのチラシビジュアル
に惹かれて鑑賞したのですが……。

ビビっていいのか、笑うべきなの
か戸惑
>>続きを読む

サン・セバスチャンへ、ようこそ(2020年製作の映画)

3.7


『加工食品はやめておけ。

直腸検診はこまめにな。』


ウディ・アレンの新作を劇場鑑賞。

古き良き映画たちへのリスペクト
とオマージュてんこ盛り。

なんだけど、悲しいかな俄か親爺
の私には元ネ
>>続きを読む

ブルービートル(2023年製作の映画)

3.7


カージ・ダー

『 下腹部に血流が集中……。 』


これもDCEU?ならコッチが最終作
って事になるのかな?

GEOでレンタルして鑑賞。

イケメンだが少し、いや、かなり
頼りない主人公よりも叔
>>続きを読む

アクアマン/失われた王国(2023年製作の映画)

3.5


DCEU最終作?を劇場鑑賞。


前作は話は雑ながら海棲生物たちが
ワチャワチャしてるだけでなんだが
楽しかった記憶が。

今回はドルビー3Dで鑑賞。


確かに敵のガジェットや海の怪物が
いっぱい
>>続きを読む

僕らの先にある道(2018年製作の映画)

3.9



『イアンは永遠にケリーを愛した。』



周冬雨主演の中華ラブストーリー。

彼女の魅力と幸薄さが全開の物語。

同棲してる狭い部屋を俯瞰で撮る
ショットが面白いよね。

あの声出してヤッてるふり
>>続きを読む

Lift/リフト(2024年製作の映画)

3.7


ケヴィン・ハートが怪盗集団の頭目
で知能で活躍するタイプでボケとか
は控えめで終始カッコいい。

仲間が捕まった彼は因縁ある捜査官
の女性とチームを組んでガチの悪党
から金塊を強奪する作戦を強要され
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.0


『記憶のなかのアンタは
俺の心の中で光ってるで。
ピカピカや………。』

原作未読。

カラオケ大会の悪夢の罰ゲーム
を回避するために合唱部部長の
中学生に弟子入りするヤクザ。

この微塵もリアルを
>>続きを読む

ゼイ・クローン・タイローン/俺たちクローン(2023年製作の映画)

3.8


飲み物にも、音楽にも、チキンの
調味料にも、貴方を権力者に隷属
させる暗示や成分がタップリだ❗️

自分たちが棲む街が壮大な激ヤバ
実験場であり、自分もまた実験場
を維持する奴等の『手駒』だった
>>続きを読む

ミス・シャンプー(2023年製作の映画)

3.9



『でも、春節に公開じゃないよ?』


赤い糸で2024年早々圧倒された
台湾の鬼才ギデンズ・コー監督作
をNETFLIXで鑑賞。

店ではシャンプーのみ担当の見習い
美容師とヤクザの恋。

下ネタ
>>続きを読む

シャクラ(2023年製作の映画)

3.6


慕容復

『フッ、降龍十八掌が武林最強の奥義
だと思ったか?我が奥義の足元にも
及ばぬわ。』


ドニー・イェン監督・主演最新作を
シネマート心斎橋にて劇場鑑賞。

原作は金庸の超人気武侠小説。
(
>>続きを読む

コンクリート・ユートピア(2021年製作の映画)

4.0


 『 皇宮ウラチャチャ❗️
皇宮ウラチャチャ‼️
  ファイティーン‼️ 』


能登地震のタイミングで放たれた
韓国発ディザスタームービー。

韓国全土が大災害に巻き込まれ
唯一倒壊を
>>続きを読む

赤い糸 輪廻のひみつ/月老 また会う日まで(2021年製作の映画)

4.4



『シャオミー❗️結婚して❗️』

『ヤダ❗️あたち、道明寺とするから❗️』



雷に打たれて前世の記憶を喪って
冥界に堕ちた男が、より良き転生
の為に月下老人(縁結びの神的存在)
として最悪の死
>>続きを読む

枯れ葉(2023年製作の映画)

3.7


『豚にカンパイ❗️』


2024年劇場鑑賞イッパツ目は
アキ・カウリスマキ監督復帰作。

現代の暗い世相と懐かしい空気が
ないまぜになった不思議な世界で
出逢った負け犬たちのロマコメ。

コッ
>>続きを読む

REBEL MOON ー パート1: 炎の子(2023年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます


映画館で予告編がバンバン流れてた
NETFLIX一押しSFアクション映画
の第一部。

監督はザック・スナイダー。

スターウォーズと七人の侍を合体
させるとゆう誰でも考えつく事を
今更やるとは😅
>>続きを読む

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.1


 『なにも変わらない、なんて、
 そんなバカな事ありませんよ。』


渋谷のアートな公衆便所の清掃業者
の平山。

彼のアナログで幸福なルーティンに
沿って過ぎていく毎日を追う。

何事も無くルーテ
>>続きを読む

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

3.9


交霊会パーリィーでウェーイ‼️って
なってから参加者が次々と酷い目に
遭ってゆき、最終的にはなかなかに
好きになれないカンジのヒロインが
……。

交霊会パーリィーになる迄の家族の
関係性を丁寧に描
>>続きを読む

窓ぎわのトットちゃん(2023年製作の映画)

4.3


『 賤しい唄を歌うんじゃあない❗️
 きみたちも銃後を守るりっぱな
 小国民だろう⁉️ 』

原作未読。

この時代を扱った作品に良作が
揃った今年の劇場公開作品の中
でもブッチギリの一位ッ❗️
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

4.0


最終戦争の果ての荒廃しきった世界
に誕生したカリスマ。

イモータン・ジョーとその支配する
王国を凄まじい精度で映像化。

その支配の軛を喰いちぎった雌狼
フィリオサと、彼女達を助ける
風来坊マック
>>続きを読む

ミッション:8ミニッツ(2011年製作の映画)

3.9



『瓦礫の山は作れないぜ。』


物語開幕時の主人公の正体も状態も
五里霧中のままループさせられるの
はストレスを感じたかも。

状況が明らかになってからの展開と
開始時点の枠を飛び越えていく的な
>>続きを読む

ポトフ 美食家と料理人(2023年製作の映画)

3.8



『骨髄の味、よく覚えておくんだ。』


トラン・アン・ユン監督の最新作は
19世紀末フランスを舞台に描かれる
美食家と料理人の飽くなき『美食』
の追求と、2人の風変わりで濃厚な
愛の軌跡を描いた、
>>続きを読む

きっと、それは愛じゃない(2022年製作の映画)

3.6


『イギリスに住めばこうなると
言われたよ。』


ドキュメンタリー映画監督である
ゾーイはお隣さんで幼馴染のカズ
がお見合いすると聞きビックリ❗️

ロマコメの大義名分である愛する
相手との幸せへの
>>続きを読む

コララインとボタンの魔女(2009年製作の映画)

3.8


コララインが引っ越した家にあった
通路を抜けた先には本当に美味しい
ゴハンと、私の話をちゃあんと聞く
優しい『別の』パパとママが。

ところがこのママは彼女の理想の
ママじゃなくって、実は……。
>>続きを読む

レジェンド・オブ・フィスト/怒りの鉄拳(2010年製作の映画)

3.6



『我々は東亜病夫じゃないッッ‼️』


ツネイシ的ブルース・リーの最高傑作
怒りの鉄拳を更に抗日バトルロマンと
して日中がガチ激突するカンジに。

租界の政治状況とか把握できてない
のでまぁまぁ煩
>>続きを読む

>|