ロミアラータさんの映画レビュー・感想・評価

ロミアラータ

ロミアラータ

好みの映画はノワール系。
日本の誇る文化なのにアニメは、ほぼ観ません。海外のアニメも、ほぼ観ません。

映画(494)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.0

私が、広瀬すずちゃんの演技が好きだと思う理由。
多分、声と話し方。そして、どこか暗さを感じる目の演技。
三度目の殺人というタイトルの意味が、私、わからなかった。馬鹿だから?
もう一回観たら解るかな。
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

2.9

終始、不気味です。悪夢がずっと続いてる感覚。でも、メッセージ性が凄い伝わってくる映画ではありました。キリスト系の博愛精神の矛盾?を突いてるのかなぁと。

結婚(2017年製作の映画)

2.0

結婚詐欺師だけども、タイトルに結婚ってつける割りに、結婚詐欺師としてのインパクト弱い、なんか、フワッとした映画。

ストロベリーショートケイクス(2006年製作の映画)

2.8

今回、一番印象にのこったのはデリヘル役の女優さん、何本かのCMのイメージとは、全く違う、こんな体当たりの演技をするのですね。好感度アップしました。中村優子さん、名前覚えました。
そして棺で寝る感覚って
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

2.5

テレビで録画。
真剣佑と野村周平君が、とても可愛いので満足。
下の句も録画してみようと思います。

恋するマドリ(2007年製作の映画)

2.8

テレビ放映録画して、ようやく鑑賞しました。
まだまだ、ガッキーが幼さの残る顔なんだけど、演技は、今と遜色なく違和感なし。瑞々しさ溢れ、当時から女優として光るものがあったんですね。
なんともハッピーエン
>>続きを読む

岸辺の旅(2015年製作の映画)

2.5

ファンタジックホラー?
なんで奥さんを旅に誘ったのか、最後までわからなかった。まぁ、こういうのが、映画らしい映画なのかもしれない。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.0

それぞれの立場を思いながら、じっくり鑑賞する事ができました。
浅野忠信演じる男が、
複雑な想いを抱えていても逃げずに家族と向き合っていく姿に感心した。素敵な旦那だし父親だと思う。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

2.8

クライム系は、好みなので
私があと30歳、若かったらスコアも4くらいつけたかも。

ラスト逃げない決断は、最善だった。ベイビーは、良い子です

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.3

日常の出来事なんだけど、どこでスイッチ入っちゃうか、誰もわからないし、ちょっと怖い。

JOY(2015年製作の映画)

2.9

さらーっと描かれていて、ちょっと物足りない感あり。
でもQVC買いたくなります。実際買った事あるし。

ホームズマン/ミッション・ワイルド(2014年製作の映画)

4.0

なんとも言えず、切ないんだけどラストでは、主人公の男が西部に戻り、あの農場を引き継いで生きるんじゃあないかなぁと、感じました。
誠実で真っ直ぐな信心深いヒロインへの弔い?なのかな。
邦題だと分からない
>>続きを読む

殺人の才能(2014年製作の映画)

2.5

韓国映画の中では、B級感ハンパないです。ただのサイコの話。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

アニメは苦手ですが、話題なので、観てみました。
画が美しく、好感持てました。
実写映画では、表現できないファンタジー感があるなーと思いました。
ラストのセリフがちょっとベタだけど、思いのほか楽しめまし
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

2.7

バイバイマンなんて安易な名前だし、なんか腹立たしいけど、ついつい最後まで鑑賞してしまうB級映画。

海底47m(2017年製作の映画)

3.2

泳げない私には、全く有り得ない彼女達の、行動。海って怖い。

グレートウォール(2016年製作の映画)

2.8

マットデイモンも、こういうのに出演するんだ。
映像が綺麗でした。ストーリーも、サクサク進んでテンポ良し。小学校高学年向け?私がもし、子供だったなら、楽しく観れたと、思う。

傷だらけのふたり/恋に落ちた男(2014年製作の映画)

3.4

前から気になってたので、ようやく観れました。
このストーリーで日本でリメイクしたら、誰が適任かな?などと思いながら鑑賞。
堅気じゃないけど憎めない男。
だけど愛情深くて
温かい気持ちと切ない気持ちにな
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.0

以外と面白かった。
本能寺ホテルというタイトルと、綾瀬はるかってところで、前に観たプリンセストヨトミのイメージが、何故か重なり、期待せず観たからかな。
金平糖で過去に戻るエレベーターのシーンが印象的で
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

2.8

子供時代にオカマってイジメられるシーン、歩き方とか、日本人の私には全く違いがわからなかったけど。
大国アメリカでも、まだまだ生きづらい人が、いるんだなぁと、思いました。

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

3.7

現実だったとしたら大惨事のカーアクションを楽しむ映画。
そこにファミリー愛も描かれて、好きなシリーズです。
全部観てるけどストーリーは忘れちゃう。今回は
シャーリーズ・セロンや、友情出演?なのか、
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.0

話が進むにつれ、ややこしくなって、よく解らないまま終わった。
淡々とした流れだけど、決して嫌いでも、退屈でもないストーリー。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.2

絶対ないとは言い切れない話で興味深く鑑賞できました。
電気のない生活厳しー。
私、豚とか、さばけないし。
火もおこせないし。
とりあえず我が家にある大量のライターは、捨てないでおこうと思いました。
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

目星を付けてた人が犯人でスッキリしました。
でも最後、野村周平の藤原竜也、どこに旅立ったのか?そこが気になった。ストーリーの中にヒントあったのかな?私の見落としかな?

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.5

まさか私は、そんな事故に巻き込まれるはずないよね。
だけど!
水と日持ちする食べ物、そして携帯電話の充電バッテリーは、持ち歩こうかな?と思わずにいられない映画でした。
マスコミや政府やトンネル建設業者
>>続きを読む

オーバー・フェンス(2016年製作の映画)

3.0

函館3部作の中では1番明るい作品に感じた。今回は、バツイチの男が、トラウマを抱えてるちょっと危うい女に惹かれていくというストーリー。
ラストの野球大会を観に来た、彼女の無邪気さが印象に残る作品でした。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.3

実話なんですね。
心優しい青年に成長して、ひとまず良かった。海外の富裕層の人は、国籍にこだわらず養子を迎えるところが、日本と違うなぁと、そこも感心する。
それにしてもスラムドッグミリオネアでも感じた事
>>続きを読む

ファインド・ミー(2016年製作の映画)

2.4

良い感じにミステリアスに進んでいくストーリーなんですが、
消えた彼女を探すまでが長く感じる作品です。彼女の素性どうのこうのと、そこにスポット当ててたわりに、その辺は消化不良でした。でも彼の元から消えた
>>続きを読む

真田十勇士 忍術猿飛佐助 忍術霧隠才蔵 忍術腕くらべ(1954年製作の映画)

2.5

軽い気持ちで鑑賞できるコメディ創作時代劇。
途中、寝落ち。エンディングのとこ、天草四郎って秀頼なの?笑うところ?

幸福のアリバイ Picture(2016年製作の映画)

2.7

陣内孝則監督。ぜひ本人にも、ちょこっと出演していてほしかったです。陣内さんの作品は
前にロッカーズも観ました。
今回はオムニバス。
お父さんがキーワードの映画。
最初の葬式の話が結構面白いと思いました
>>続きを読む

今度は愛妻家(2009年製作の映画)

3.8

号泣した。
妹にも勧めたけど、彼女には響かなかったらしい。血を分けた姉妹でも感性が違うから、それ以降、他人に映画は勧めない事にした。

愚行録(2017年製作の映画)

3.6

中々面白かった。この手の映画は好んでよく観ます。
妻夫木聡、好きな俳優さん。悪人の演技でも思ったけど暗い役も上手いです。

>|