仮面ライダーバルスさんの映画レビュー・感想・評価

仮面ライダーバルス

仮面ライダーバルス

映画も好きな特撮ヲタです。グロ耐性ほぼゼロ。大学生です。

映画(250)
ドラマ(6)

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

良かった。個人的にはスコア以上に好き。
ウェンディの健気な感じが見てて癒されるし、応援したい。なかなか他人にはいろいろと理解されづらいウェンディだけど、同じスター・トレック好きの息子君とか警官の存在は
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

4.2

このディカプリオがすごく好きかも。ラストもすごく良かった。
ダイヤモンドとはなんなんだと思ってしまう。自分たちの住む世界とは違うと目を背けず、考えなければいけないことなんだろうなと思った。

チャイナタウン(1974年製作の映画)

4.5

話の展開が本当に面白い。
だけど本当に胸糞。クロスのジョン・ヒューストンの気持ち悪さといい、腹立つ感じといい、演技としてはすごいと思った。
胸糞すぎて好きな映画とは言えないんだけど名作と言われる理由が
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

チャンメイが去って大切な人を失う辛さを思い出し、父の死と向き合うところは切ない。でもゴメン。ちゃんと数学オリンピックはやって欲しかった。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.1

オチの部分は読めたけど、細かい伏線がいいと思った。
だけど陣治甘やかしすぎでしょ。優しさではないな。

ターミネーター2(1991年製作の映画)

5.0

新作に向けて再鑑賞。
同じシリーズなのにこんなに一作目とはまた違った面白さがあるのは凄いと思う。そして、やはりシリーズ最高だと思う。一作目もいいけど。
アクション、笑い、感動、メッセージ性が詰まってい
>>続きを読む

ロスト・ボディ(2012年製作の映画)

4.4

いやぁ~これはけっこうしてやられたって感じだわ。本当に最後の最後に伏線回収しまくって「そういう意味だったのね」って感じ。
なんとなく見てたんだけど完全に期待以上。

移動都市/モータル・エンジン(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

設定とか世界観はおもしろいし好きなんだけども、なんかイマイチかな。
敵もなんか単純だし面白い設定のくせに結局ただの戦争の話って感じがしちゃう。
後、父親だってことは知っておりました笑。むしろベタだから
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.7

疲れたわぁ。
もうペニーワイズ自体のヴィジュアルはさほど怖くないけどそれぞれのビックリポイントあるの分かっとるから「もう来るならはよこいや」って感じ。
面白いけどやっぱどうしても同じ事してるっぽく感じ
>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

4.1

シリーズ最高かも。正に笑いあり涙あり。意外な人が出てきたのもビックリ。

ドラえもん のび太と雲の王国(1992年製作の映画)

4.6

人間が怖い系。
ただの子ども向けアニメ映画ではない。この作品のテーマである環境問題だったり、力に力をぶつけてはいけないという所。かなりメッセージ性が強い。
やっぱりドラえもんには大切なことがつまってる
>>続きを読む

ターミネーター(1984年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

新作にむけて再鑑賞。
カイルの運命ってなんか切ないしすごいなと思う。ジョンを誕生させる為に生まれてきたかのような。
未来人の父を持つ子どもってどういうことよって。そんな普通ありえない存在だからこそジョ
>>続きを読む

ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ(2019年製作の映画)

2.0

蛇足かなって思った。元々ビルドの笑いのノリとか後付けっぽい伏線回収しまくるところとかあんま好きじゃなかったけど終わり方は「ビルド」するという意味でもけっこう好きだったけど、結局他の皆も記憶戻るのねとか>>続きを読む

マローボーン家の掟(2017年製作の映画)

3.7

「あぁそのパターンのやつね」って感じだったかな。どんでん返しがあると聞いていただけに正直途中でそういうやつかなと思った。だから期待してたよりは残念。でも悲しすぎる。

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.3

なんといってもラストが印象的。どう捉えるか考えさせられる。
子役たちのリアルで腹立つ悪ガキな演技が上手だなと思った。

ゾンビランド(2009年製作の映画)

4.0

4人の関係性の変わり方が見ててほっこりする。バードマンの時とかもだけどちょっと悪そうなエマ・ストーン可愛くて好き。
ビル・マーレイのところはちょっと引いた。

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.1

内容を完全には理解できていないがやっぱ作画がすごくてかっこよさとグロテスクな感じの迫力すごい。
2020年の東京オリンピックとかドキッとするし、この作品の只者じゃない感がすごい。
まず漫画読も。

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.0

心から「YES 」「NO 」と言える・・・まぁ大事だよね。でも最初に思っていたのとちがうところに到達するからちょっと意外性でなるほどってなる気がするけど冷静に考えれば当たり前のことだと思うし、個人的に>>続きを読む

天国と地獄(1963年製作の映画)

4.4

まずサスペンスとしてずっと緊迫していて最後までずっと見入ってしまった。警察が捜査していく過程も見ててとても面白かった。
犯人に関しては、権堂との関係性とかもっと何かあるのかなと思っていたので意外とシン
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

なんとなくトラビス絶対死ぬと思ってた。だから思ったよりハッピーエンドで良かった。

悪人(2010年製作の映画)

3.9

どういう人のことを悪人と言えるのかな。人間みんな間違いを犯すし黒い部分もあると思うしその反面良い部分もあるんじゃないかな。この映画の登場人物たちも間違いや罪を犯すがそれらみんなが絶対に悪人といえるのか>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

分からんネタもたくさんあったと思うけど、バカルー・バンザイが分かった自分は褒めてあげたいと思った。シャイニングネタの所一番面白かった。まぁガンダム見れただけで満足なんですけど。

サマータイムマシン・ブルース(2005年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

こういうタイムトラベル系とかタイムリープ系だといろいろツッコミたくなっちゃうんだけどけっこう良くまとまってるんじゃないかなと思う。リモコンは丈夫すぎるやろとは思うけど笑。
コメディなのもいいと思った。
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.1

ストーリー的には割とシンプルに思えたけど良かった。
ジャイアントの姿を通して「なりたい自分になればいい」というこの映画のメッセージ。素敵だと思った。
「魂は消えない。」とかも、子どもにしてはホーガース
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.1

ピリピリとして嫌ぁなグロさはちょっと苦手だけど面白かった。
怪物たちのデザインがいい。パンもいいけどなんといってもあの目玉はめるやつの不気味さと怖さ最高。
考察しがいのある映画かなと思う。ラストの捉え
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

家侵入してメール消すシーン好き。
アン・ハサウェイと結婚して浮気するとかヤバイやろと思うぐらいアン・ハサウェイ可愛い。

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

3.8

ちょいちょい微妙に笑いをいれてきてその割にまあまあグロくてどういう目でみればいいんよって感じだったけど独特で面白かった。
そこまでして殺す必要あるんかとも思う。

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

3.7

正直良く分からん。解説見ても、「そういうことなんだー」と思いつつもいまいち分からん。でもハリウットの闇というテーマは理解できたかも。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.5

好きな映画だなって思う。
「ギフテッド」ってタイトルも素敵だと思う。本当の「ギフテッド」は何だろう。病院で待つシーン好き。
自分はまだ人の親ではないけど、フランク、エブリンそれぞれの立場で泣けた。エブ
>>続きを読む

不思議惑星キン・ザ・ザ(1986年製作の映画)

4.0

シュール笑。見た後クークー言ってしまう。
瞬間移動のシーンだったり、大袈裟じゃないあっさりした演出が好き。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

最初っからジワジワずっと胸糞だし、アーサーが笑うシーンは毎回胸がしめつけられて苦しい。でも何だろ。雰囲気といいめちゃめちゃ引き込まれてしまう。
ホアキン・フェニックスの徐々に墜ちていく感じもすごくいい
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

レビューしてなかったので記録。
アイアンスパイダーかっこいい。
個人的にサノスは嫌い。自分が正義だと勘違いしてる悪ってたち悪いしなんか胸糞。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.4

まさかこんなキモくて残酷なオチをもってくるとは。思いついてもよくやるなと思うし、良くも悪くもイカれてると思う。
グロ描写的には思ってたよりあんまグロくなくて自分でも普通に見れた。

隣人は静かに笑う(1998年製作の映画)

4.2

かなり胸糞。でもそういうことかと感心してしまう。最後は見事。

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

木村かわいそ。
ラブレター、相手の友達に渡してもらう女ってどうなん?

>|