スタジオにしかわさんの映画レビュー・感想・評価

スタジオにしかわ

スタジオにしかわ

8割が邦画。親が観ない影響で、ジブリ、ディズニー、アメコミが嫌い。最近は物語性のある、演出で勝負してる洋画も観ます。好きなキャストが出ていれば多少レビューは偏ります。

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

“前後編の前編だけを観たかのような感覚”



タイトル通り。どこか物足りなさを感じる。
それは、どんでん返しの少なさにあると考える。物語の序盤から中盤はこの先のネタフリをしているのだと思っていた。見
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

“個人的2017年ベスト級!”




あくまで個人の見解ですが、2017年ベスト級!(今年は観れる映画が少なかったというのもあるが)




原作未読。
何が素晴らしいって一番は過不足のない演出だと
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

“ガッキーのコスプレを楽しむ映画と観る者全て幸せにする映画”



どこかで聞いた言い回しはともかく、キャスト寄せ集めタイプの映画にしては良かった。「エイプリルフールズ」という失敗作を観てるだけに余計
>>続きを読む

ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。(2015年製作の映画)

3.5

ダウンタウン編鑑賞。

完売してた、危ない危ない。


他にも、月亭方正、木村祐一などもこの回だったが、ダウンタウンのトークが巧みすぎて、時間の進み具合が全然違う。


あっという間に終わった。時代を
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.7

“橋本環奈で始まり、橋本環奈で終わる作品”



なんといってもこの作品は橋本環奈に尽きる。「銀魂」で観たあの衝撃の体張りっぷり!とまではいかないが、同じ福田雄一作品で見事に輝いている。
どちらかとい
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

“設定に根拠はない、でもそんなの関係ない”




主演は「鋼の錬金術師」が控えている山田涼介。彼が出ているが、あまりジャニーズ色は強くない。色んな世代の方が観れるのではないかと感じる。


手紙が時
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第5章「共生」(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

“次の章は初夏、あれ?初夏ってこの前終わったよね?”


デジモン全6章の内の5章目。
相変わらずの作画。はい、もうこれには触れません。さすがにこの章は多少回収するだろうと観ていたが、更に風呂敷広げや
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

“この映画に限っては、鑑賞前にパンフレットを見ることをオススメします”



というのも分かりにくい!
登場人物が似たような顔(外国人だからかも!?いや、にしてもちょっと服装とか変えて欲しい)ばかりだ
>>続きを読む

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

“ダウト!お前植野行雄だろ!!”


久しぶりの投稿、そして、映画が溜まってる溜まってる!


自分には合わなかった。この手の洋画は意識的に今まで避けてきて、色んな映画を割と観るようになったからそろそ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

“良い意味でも悪い意味でも映画か!?これは”




大人気コミックが満を辞しての映画化、話題性と注目度は今夏の邦画の中では間違いなくトップクラスだったと思う。
あの予告編と、福田雄一ということで何か
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

“やはり広瀬すずは天才だった!”




※この映画に広瀬すずは一切出てきません。



とにかく酷かった。
大好きな乃木坂が出てなかったら途中で寝てるレベル。


以下ネタバレ含む。




まず冒
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

“俺たちのジョン・ウィックが帰ってきた!”



1がかなりの良作だったので、期待して鑑賞。
こちらの高すぎるハードルを越えることはなかったが、ハードルと同じくらいの高さでした。
今作はどうやら、1の
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター キミにきめた!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

“ポケモンが本気を出して泣かせにきた!”








試写会にて鑑賞。わざと今まで4.9しかつけてなかったが、これは5.0をつけざるを得ない。減点するところがない。

ネタバレするので、観る予定が
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

“藤原竜也を最大限生かした作品”


10代の頃から様々な役をやってきた藤原竜也。Twitterでは彼が劇中で如何に死に対しているかがネタになっているが、まさにそれで、彼が過去にやってきた役が今作に生
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

“後編のための犠牲、土台作り”


後編を見ないことにはこの前編も評価しようがないと思い、今頃レビュー。

全編通して、まぁー重い。
それもその筈、原作の一つの魅力である、コメディーシーンが全くもって
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

“無謀だが健闘”

前後編モノの後編。
前作、前編を見たときに、これは後編を見ないことにはレビュー出来んぞ、と思い。先に後編をレビューしております。


とにかくベースをもの凄いスピードで作った前編に
>>続きを読む

無限の住人(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

“キムタクに演出つけるのが一番上手いのは三池監督なのかもしれない!”


試写会にて鑑賞。


上映時間141分という長時間になんとか耐え、鑑賞。
考えてみれば、これだけ登場人物が多く、ほぼ一人一人に
>>続きを読む

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

“惜しい、もうちょっと!”


ある女の子はひるねをしている間、夢の中の仮想空間にいけ、更にその世界と現実世界がリンクしている。そんな女の子がとあることに巻き込まれて……というストーリー



タイト
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

“もはや柿原りんかちゃん主演”



この映画で生田斗真主演感はない。脇役っぽい。柿原りんかちゃんのための映画とも言っていい。
その生田斗真だが、最初から最後までどうも男感が強すぎる。自転車のシーンと
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

このレビューはネタバレを含みます

“新しいムナクソのアプローチ!”


IMAXにて鑑賞。
いや、もうこれを見た後の余韻といったら凄いものがある。
ララランド、なるほどね、ミュージカルね。アカデミー賞作品賞は逃したものの、色んな部門で
>>続きを読む

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

“安定の天海祐希、だがしかしもの足りない”


安定の天海祐希だった。これはAパターンなの?Bパターンなの?という含ませての芝居がとても良い。
だがしかし、人妻感が出ていない。こう、くたびれた感じがな
>>続きを読む

生きてるものはいないのか(2011年製作の映画)

1.5

“映画でやる作品ではないのでは?”


とある理由で鑑賞。

演出が悪い。意図がわからないカメラワークだったり、うるさすぎるBGMだったり。


セリフ回しが抜群。

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

“愛する人を本当に思って別れる切なさ”



思ってたよりも切なさが凄かった。というのも個人的に色々似てる部分があって、どうしても重ねてしまう。
自分は平山病という病気で(一万人に一人の発症確率の難病
>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

“ストーリーどうでもいい!テンション昂ぶる映画!”


たまに見かけるあのパターンなんなんだろう、ストーリーどうでもよくなって、(褒めてる)ただただ、上映してる映像に没頭するパターンの映画。邦画だと「
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

4.5

“なめてた、ビリギャルパターンの映画”



試写会にて鑑賞。試写会「チアダン」だけで、4回分当たってたので、正直そこまで人気ないのかと期待値ダダさがりでした。


ところがどっこい、めっちゃいい!
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー tri. 第4章「喪失」(2017年製作の映画)

1.6

“デジモンtriシリーズ最悪の出来”


最近、忙しく、なかなか映画見れてない…
そんななか、2週間限定だったので、無理矢理時間を作り鑑賞。


さて、とにかく面白くない。これに尽きる。
それこそアニ
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

“脚本、セリフ回しの良さが光る作品”


原作未読。
前半はかなり良かった。ゆっくりと泥沼に人間が堕ちていく様が見事で、規模は違えど、こういうパターンのことがあり得るから観ている側はハラハラドキドキ。
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

3.8

“てめぇらがそんなに勧めるなら観てやるよシリーズ第四弾”




脚本の良さが際立つ作品。

脚本の強引さが全くなく、自然な流れで進んでいくため、とても観やすい。

後半に行くにつれて、作中の登場人物
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

“内容がないことがこの作品の内容”


いやー、酷かった。ホントに酷い「プリンセストヨトミ」程ではないけれど笑
分かってはいた。けど、気になるから観た。結果、何も残らない。


現代→戦国時代 戦国時
>>続きを読む

土竜の唄 香港狂騒曲(2016年製作の映画)

1.6

このレビューはネタバレを含みます

“これって脚本家の宮藤官九郎のせい?監督の三池崇史のせい?”



試写会にて鑑賞。


前作「土竜の唄 潜入捜査官 REIJI 」の続編。

結論から言うとまぁ、最低だった。よくもこんな無駄なモン作
>>続きを読む

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

“上映時間2時間25分を感じさせない作品!”


試写会にて鑑賞。原作小説の実写版。原作のモデルはあの出光の創業者出光佐三。

原作未読、予備知識なしで鑑賞。何も知らなくても充分に楽しめる。監督は「A
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

“ハリーポッター卒業生ようこそ”

試写会にて鑑賞。
人生初のIMAXということでびっくり!なんだあのスクリーンのデカさ!あそこまでデカくする必要あったのか!笑
どうやらカナダで出来たシステムのようで
>>続きを読む

ゲキ×シネ「髑髏城の七人」(2012年製作の映画)

4.2


デスノートに高得点つけすぎて反省しています笑
でも、良かったのにな〜



劇団☆新感線の作品は恥ずかしながら初めてでして、好きなキャストしか出てないのでこれは観るべきだ!と

なんだこのエンタメ
>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.9


“ウシジマのエグさ復活!”



ウシジマシリーズ最後ということで、試写会にて鑑賞。
今作は、物語の締めと今まで映画では描かれてこなかった、ウシジマの成り立ち、過去、今までのキャラとの関係がメイン。
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

“エンタメと攻めの要素を行ったり来たり”



今作はエンタメとエロを含む生々しさとのバランスで成り立っている作品。完成度としては割と高かったし、今秋の邦画の良作ラッシュに埋もれるのがもったいない。だ
>>続きを読む

>|