フーセンゴリラさんの映画レビュー・感想・評価

フーセンゴリラ

フーセンゴリラ

映画(188)
ドラマ(1)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.1


無茶苦茶最高だった
まず、ケイト・ブランシェット演じるルーが無茶苦茶かっこいい
もう私が大好きなかっこいい女をこれでもか!ってくらい詰め込んでくれてる
あまりにもかっこよくて好きで劇中に彼女を見るだ
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.8


ラストまで見て、邦題の意味がわかるし、田舎の閉鎖的空間が、未来になって解放されて、多種多様さが普通になれば、ifの未来もある、その示唆が遣る瀬無くて、でもそのifに向かっていきたいと思う

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.7


変化とは、違う生き方を模索する方法なのかもしれない。
主人公は、世界に影響を与える事は出来なかったけど、隣人の女の子は救えた、
誰もが世界を変える事は出来ないけど、か弱き隣人を助ける事は出来る、そう
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.5

音楽が最高
作中の音楽をかけながら、あてもなくドライブに行きたいくらいには
車が軽快に動くので、イニシャルDを思い出す
そしてヒロインはジョーだと思う

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.6


破壊と再生の物語だなと
主人公は自分で心臓が齧られてるから鈍感になってるって思ってたけど、物を破壊するという行為は、無意識の内に「これだけ傷ついてる」というサインだったのかもしれない
持ち主はもう居
>>続きを読む

ノー・エスケープ 自由への国境(2015年製作の映画)

3.2

勝手に社会派コメディと思って見てたら、絶対に殺すマンおじさんVS主人公って感じ

ラブ・アゲイン(2011年製作の映画)

-


恋愛映画が苦手でも見やすい?ラブコメ
ストーリーの後半の「そうくるか!」という展開が良い
ララランド主演の2人も出てるので興味ある方は是非

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.0


人生に絶望してる人や、希望がない人ほど見て欲しい。

もし自分がウィルと同じ立場なら、と思いながら観てると感情移入して号泣してしまった。苦しい。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

4.0


ドウェインジョンソンの下手くそなキスシーンとキメ顔だけで評価4はつけたい
肉体美がホント美しい…
ジュマンジというゲームを通して、人生とは、を教えてくれる深い映画です
あとは、JKオベロン教授が最高
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.3


イタリアの夏の景色が素敵
観に行った友人と、物語の解釈を擦り合わせるほど会話が抽象的
一夏の恋はアプリコットの味(いろんな意味で)

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます


スピルバーグは大人でもワクワクする作品を作る天才。
個人的に集合住宅のビジュアルが好き。
仮想現実という発達した技術があるのに、それ以外の事は退廃的なのがいい。
あと、小ネタ。
ジャパニーズサブカル
>>続きを読む

>|