ナナウミさんの映画レビュー・感想・評価

ナナウミ

ナナウミ

黒い牡牛(1956年製作の映画)

3.5

異色の青春映画。
奪う者、奪われる者。
ボルダリングの出来そうな岩場があってちょっと興奮。

クルーレス(1995年製作の映画)

3.8

高校時代を過ごした時代も国も違うし、そもそも俺陰キャだからこういう生活とは全く縁が無かったけど、楽しそうで凄く憧れるなぁ。来世は青春時代を90年代のアメリカで過ごす弁護士の娘にして欲しい。

動物農場(1954年製作の映画)

3.0

支配に打ち勝ち独立出来たとしても、結局新たな支配者が生まれるだけ。
指導者のブタの顔が職場の「ボス」にそっくりだった。

仁義なき戦い 頂上作戦(1974年製作の映画)

3.5

ちょっと物足りない感…。
体調が悪かったのか、内容が全く頭に入ってこなかった…。

黒い罠(1958年製作の映画)

3.7

有名な冒頭の長回しや終盤の絞殺シーンや喧嘩シーンなど動きに満ち溢れているシーンはとても良かったのだが、中盤がほぼ丸々喋ってるだけなのが何だかなぁ…と思いながら鑑賞してた。
どうでも良いけど、オーソンウ
>>続きを読む

ジャン=リュック・ゴダール/遺言 奇妙な戦争(2023年製作の映画)

2.0

画面内に何か動きがあるわけでもなく、流れるのはわけわからん静止画(たまに動画もあったが)とお喋りとクソうるさい音楽のみ。中学時代にやらされた20分間走と同じくらいクソだるい20分だった。
「イメージの
>>続きを読む

アヴァ(2017年製作の映画)

3.5

ジャケの感じ的に部族かなんかの話かと思ってたら全然違った。
ちょくちょく出てくるエロシーンと風景が良い。

仁義なき戦い 代理戦争(1973年製作の映画)

4.0

暴力描写はやや少なめで喋っている場面が多いが、面白い。
前作、前々作で死んだ田中邦衛や室田日出男、梅宮辰夫らが別の役として復活していてとても嬉しかった。

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

4.2

前作はノンフィクション臭満載であまりハマらなかったが、今作はめっちゃハマった。面白い。
北大路欣也が山田裕貴系イケメンだったのが意外。室田日出男の殺される時の顔が最高。

汚名(1946年製作の映画)

3.5

ところどころあるショットとラスト付近は流石ヒッチコックと言った感じだが、全体を通して見るとダル過ぎた気がする…。

ベトナムから遠く離れて(1967年製作の映画)

2.0

結局「戦争」という場を利用してシコりたいだけの奴が多過ぎてイライラした。

狂猿(2021年製作の映画)

4.2

中高生時代に新日本プロレスにハマっていて、直接会場で見たのも新日本だけ。葛西純の存在は知っていたし、デスマッチの事も知っていたが、流石に会場で見る勇気は無く…笑。これを機にデスマッチ(と言うより葛西純>>続きを読む

肉だるま(1998年製作の映画)

2.0

飯食いながら観たら気持ち悪すぎて少し残した。女優が良い感じにブスなのも気持ち悪さを倍増させてる。

フェアプレー(2022年製作の映画)

2.5

承認欲求に対する皮肉。
競争や勝ちにこだわる事はとても大事だが、方向性を誤らないようにな。

ノー・マンズ・ランド(2001年製作の映画)

4.0

銃や国境さえなければ親友になってただろうに…。ラストの無力感。

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

3.6

スリラー感がありつつ、コメディ感もあるといった感じで笑えるシーンが多々あり、結構楽しめた。屋根裏部屋の衝撃よ…笑。
この監督の奇の衒い方はあまり好きになれないが、前作ほど天才(ベルイマン等)の真似事感
>>続きを読む

歌うつぐみがおりました(1970年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

出番が少なくて暇だからと劇場から抜け出して街をブラブラ歩き回っては立入禁止場所にズカズカ入っていったり、女ナンパしまくる主人公が大好き。
話の中盤で回避した植木鉢を終盤で警戒してたら車に轢かれるまでの
>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

2.5

苦手なマーベル感はそこまで無いものの、やっぱ無理だわ…。EDテーマは良い。

小さな巨人(1970年製作の映画)

3.9

あっち行ったりこっち行ったりマージナルマンの話なので、少し目を離すと訳分からん事やってたりしてる(笑)。ちょくちょくだれる場面はあったものの、コミカルで楽しく観られた。
ちっちゃいダスティンホフマンが
>>続きを読む

ウォール街(1987年製作の映画)

3.8

序盤と終盤は面白いしマイケルダグラスの名言も良いのだが、中弛み感が少しあってそれだけキツかった。

プリティ・ウーマン(1990年製作の映画)

4.4

「よくある恋愛映画だろ?」とあまり期待しないで観たのが間違いだった。めちゃくちゃ面白い。リチャードギアがイケオジ過ぎるし、無邪気なジュリアロバーツが可愛過ぎる。僕の推し娼婦も無邪気で可愛い人なので、リ>>続きを読む

世界女族物語(1962年製作の映画)

3.8

文化や時代が違うので、あまり理解出来ない行動様式も多々あったが、女性の根本的な「生態」そのものはどれも同じように感じた。てか、当時から日本の女って整形やってたんだな。
結構な頻度で胸元やお尻が画面一杯
>>続きを読む

映画 ふたりはプリキュア マックスハート(2005年製作の映画)

3.5

何となく鑑賞。多分これ小さい頃に10回くらい観てたやつだわ。ほぼ全部のセリフに聞き覚えがあった。

>|