琉太さんの映画レビュー・感想・評価

琉太

琉太

映画(2606)
ドラマ(0)
アニメ(0)

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

3.4

人気シリーズ3作目
東出昌大さん別作品も含めて何度見ても演技に違和感
江口洋介さん本当にカッコいい
ラストの3枚目も良かったサスガです
ちょっとマンネリ気味で豪華役者陣だけでは乗り切れなかった
瀬戸康
>>続きを読む

テラビシアにかける橋(2007年製作の映画)

4.0

映画の時間
懐かしいアディダススーパースター
中学バスケット部時代に黒ラインのを使ってました
子供時代に憧れた秘密基地ごっこ
ワンコもかわいい
日本の音楽授業と違い楽しそうで羨ましい
妄想のファンタジ
>>続きを読む

スティング(1973年製作の映画)

4.4

サタシネ
ロバート・レッドフォードが何となくブラッド・ピットに似てると思った
詐欺の師匠を殺され復習する詐欺師達
ポール・ニューマンとのコンビが良い感じで他の仲間達との関係も大人な感じで面白い
ホッこ
>>続きを読む

アンドリューNDR114(1999年製作の映画)

3.7

サタシネ
サム・ニールが子供連れてると恐竜に追いかけられそう
ロビン・ウイリアムスのロボット役が微妙でもう少し若い役者の方が良かったのではと感じた
妹が純粋で良かったけど大人になってからは切ない気分に
>>続きを読む

ガメラ3 邪神<イリス>覚醒(1999年製作の映画)

3.8

深海にガメラの墓場が?
ガメラが深海でも生活出来るとなるとウミガメの進化系か
渋谷駅前や京都駅が破壊されるのリアル
久し振りに中山忍さん見たけど綺麗
前田愛さんは怪獣の子供をイリスと飼いネコの名前を付
>>続きを読む

バンボラ(1996年製作の映画)

1.8

ビガスルナ監督作品
姉さんはヤギの子供を大切にしてるけど母親は商売道具にしか思っていない
母親の言いなりで子供時代に酷い目にあっている可哀想な弟
母親がぶっ飛んでいて可哀想と思いきやすぐに亡くなった
>>続きを読む

極道の妻たち 三代目姐(1989年製作の映画)

3.4

極道の妻シリーズ3作目
2を観ず3へ
萩原健一さん、三田佳子さん、かたせ梨乃さんの三角関係かと思わせて君島十和子さんが乱入
良い年した極道の女がヤキモチ焼いたり、取り乱したりしてかわいい
女性2人の迫
>>続きを読む

レイチェルの結婚(2008年製作の映画)

3.4

ミッドナイトアートシアター
アン・ハサウェイ主演
ラブコメディと思いきや中々重い作品
ドラッグ中毒で施設に入っていた妹が姉の結婚式に出席のため帰ってきた
夕食会のピリピリした雰囲気は何を言い出すのか
>>続きを読む

アティック(2008年製作の映画)

2.2

アメリカの屋根裏部屋は何故か怖い
霊的な何かを感じさせる
我が家の屋根裏部屋はちっとも怖くないただの物置部屋
アレクサンドラ・ダダリオ目当て見たらちょい役で残念
引きこもり娘のエリザベス・モスが引っ越
>>続きを読む

レッスンC(1978年製作の映画)

2.8

ナスターシャ・キンスキー主演のドタバタ青春学園コメディ
学生時代はこうやって仲間で集まり盛り上がってたな~
学生ならではの思い出
大人になったら何故か出来ないバカ騒ぎ

継承盃(1992年製作の映画)

3.0

東映ヤクザシリーズと思わせてコメディ調
ヤクザにはヤクザの様式が有るらしい
真田広之さん若くてカッコいいしいい奴
梅宮辰夫さん素でもヤクザみたいだから違和感無し
大竹まことさんのぶちギレ演技が楽しかっ
>>続きを読む

どチンピラ 劇場版(1995年製作の映画)

1.8

20年振り以上かな
Vシネマらしい安っぽさと軽いノリが好きでこのシリーズ時々レンタルしてた
ストーリーは殆ど覚えてなかった
ファッションがバブル時代
赤いセリカのオープンカー
まだ空き地の目立つ桜木町
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

4.0

金曜ロードショー
オープニングがカッコいい
シンバが柴犬の子みたいで可愛かった
陛下も子供の前ではパパ
雄叫びの練習からのヌー暴走シーンは迫力あって良かったけど切ない
フンコロガシの動きはいつみてもか
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム2(2013年製作の映画)

2.7

新春ロードショー
1作目に続いて連続で観賞
前作イマイチだったけど録画したので取り敢えずは観ました
ストーリーは単なる殺し合いの見世物から独裁国家への革命を仕掛けるサバイバル展開へ
ジェニファー・ロー
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

2.6

新春ロードショー
独裁国家のイベント
スポンサーとは?
殺し会いにお金持ち達は協賛金を出しているのかな
ルールも変わるしパットしない作品でした
アクションもイマイチ
ジェニファー・ローレンスが若くて垢
>>続きを読む

ザ・ファイター(2010年製作の映画)

3.7

新春ロードショー
実話に基づく作品らしい
兄はシュガーレイ・レナードからダウンを奪った事を自慢してる元ボクサーでジャンキー野郎をクリスチャン・ベイルがいい感じで演じてる
母親はマネージメントいい加減な
>>続きを読む

大奥(2010年製作の映画)

1.9

疫病で男性が激減し社会の中心は女性と言う時代
男性は病弱な設定なのでチビッ子の二宮和也さん嵌まり役
夜のお勤めで大立ち振舞いとか荒唐無形過ぎだしアクションシーンも暗闇で誤魔化して中途半端
柴咲コウさん
>>続きを読む

ガメラ2 レギオン襲来(1996年製作の映画)

3.7

新春ロードショー
ウルトラマン、GODZILLAは映画観たけどガメラは初めて
空飛ぶのも血液が緑色なのも初めて知りました
同じ特撮でもちょっと大人向けに思えた
26年前の作品らしい所が随所に
「コンピ
>>続きを読む

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.6

新春ロードショー
ジョディ・フォスター監督作品
ヘタレなジョージ・クルーニーが可愛らしい
ジャック・オコンネルの間抜けな犯人も情けなくて可愛らしい
ジュリア・ロバーツが仕事人間で命は二の次で自分の番組
>>続きを読む

キャッツ&ドッグス(2001年製作の映画)

3.0

新春ロードショー
間違って2作目から観てしまった作品の1作目
お正月らしい家族一同で観れるお気楽作品
ネコが悪役なのは可哀想だけどそこそこ楽しめた
吹替えのダジャレがイマイチ笑えなくて残念
犬好きは楽
>>続きを読む

ひまわりと子犬の7日間(2013年製作の映画)

3.8

2022年ラスト観賞
日曜映画劇場
柴犬の飼い主として泣いてしまった
オープニングから悲しい気持ちになった
コロナ禍でペット飼う人が増えたけど直ぐに飼育放棄する人が多いとTVで放送してました
慎重に飼
>>続きを読む

愛しのジャイアント・ウーマン(1993年製作の映画)

2.8

B級コメディ
ウィリアム・ボールドウィンとダリル・ハンナのW主演が既にB級感を漂わせてます
ダメな浮気男の役ばかり演じてる印象で今回もイメージ通りの役
ダリル・ハンナも綺麗なのに男を見る目が無い役が定
>>続きを読む

ホットフラッシュ~ワタシたちスーパー・ミドルエイジ!(2013年製作の映画)

3.3

ブルック・シールズ、ダリル・ハンナ、ヴァージニア・マドセンのベテランが乳癌検診車の運営費用を捻出するためにバスケの試合を現役高校生とするスポーツコメディ
ホットフラッシュとは更年期障害の意味
熱い友情
>>続きを読む

アタック・オブ・ザ・50フィート・チアリーダー(2012年製作の映画)

1.8

王道学園コメディ
リケジョがスクールカーストのなかでいじめられながら頑張る
出演している男子にイケメンが殆ど居ない
巨大化したクモが安っぽくてB級丸出し
リケジョの開発した成長促進ホルモン剤みたいなの
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.8

以前からインパクトあるジャケットに興味津々でした
青い巨大生命体がアバターみたい
日本のアニメではあまり見掛けない独特の色使いにキャラクター、動植物の造形
日本の子供やオタク向けアニメとは違う真面目な
>>続きを読む

草原の椅子(2013年製作の映画)

3.1

日曜映画劇場
サラリーマンの悲哀を感じる
自分も中間管理職なので気持ちがわかる
不倫、父娘家庭、育児放棄、児童虐待とか詰め込み過ぎな感じで不完全燃焼
子供の大切な恐竜のヌイグルミの名前はザウルスと言う
>>続きを読む

驚き!海の生きもの超伝説 劇場版ダーウィンが来た!(2021年製作の映画)

3.6

200匹のジンベエザメは圧巻
セブ島でジンベエザメに会いましたが飲み込まれそうなくらい大きな口でプランクトンを食べてる姿が印象的でした
海流に流され3mくらいまで近づいてしまいビビったのを思い出した
>>続きを読む

シャーキーズ・マシーン(1982年製作の映画)

3.3

バート・レイノズルが監督と主演もしてます
この頃は渋くてカッコいい
クリント・イーストウッドを意識したのかな
70'~80'年代らしい音楽がセンス良い
レオタードでエアロビクスするシーンとか時代を感じ
>>続きを読む

ファイナル・スコア(2018年製作の映画)

2.9

午後ロー
WWEのバティスタ主演
ピアース・ブロスナンが本当にチョイ役
サッカー場に爆弾仕掛けて警察と取引しようとする悪役
そこに居合わせてしまったバティスタ
巻き込まれ型のストーリー
ダイハード的な
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.9

ミッドナイトアートシアター
クリスマスイブなのでそれらしい作品を
アニメ版なのでジム・キャリーではなくベネディクト・カンバーバッチが声優してるけどテレビなので吹替
グリンチの飼い犬マックスが忠犬でかわ
>>続きを読む

どら平太(2000年製作の映画)

3.1

午後ロー
市川菎
監督
市川菎、黒澤明、木下恵介、小林正樹  共同脚本
凄い名前が並んでる
道楽者の「どら」からついた「どら平太」
役所広司さん何だか衣装が似合わない
理由は分からないけど
何時ものト
>>続きを読む

いつか どこかで(1992年製作の映画)

2.0

観たことすら忘れてました
当時の彼女と観に行ったけど内容は殆ど覚えていない
時任三郎さん以外思い出せない
さすがに音楽は良かったような気がする
退屈な作品で後悔してたのは覚えている
辛口ではない彼女す
>>続きを読む

新・うれしはずかし物語3 天使のキスマーク(1992年製作の映画)

1.8

シリーズ3作目
斉木しげるさんの煮え切らないのが生温くて良い感じ
懐かしい宅八郎さんにイジリー岡田さん
安原麗子さんかわいい
あまり見掛けない村瀬絵美さんもかわいい
松居一代さんこの頃から性格キツイ役
>>続きを読む

パニッシャー(2004年製作の映画)

3.0

午後ロー
マーベル関連の作品らしい
プエルトリコでのリゾート地が魅力的に撮影されていない
本人曰く
「復讐ではなく制裁だ」
制裁が地味すぎてショボい
駐車場であんな地味な終わり方とは酷い
アクション映
>>続きを読む

IMPACT インパクト/ムーン・パニック(2009年製作の映画)

1.3

サタシネ
地球に隕石が落下するパターンではなくて月に隕石が落下してその破片が地球へと
亀裂の入った月の映像がデススターみたい
あの人気作品と流れがそっくりで呆れてしまった
重力が強くて歩くのが困難と言
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.6

午後ロー
クリント・イーストウッド監督・主演
72年型グラントリノを愛してる
退役軍人でウォルトと呼ばれてる気難しい頑固親父
怒りに任せたダーティーハリーのやり方で復讐したら失敗してしまうのが現在の老
>>続きを読む

>|