ピョンちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

ピョンちゃん

ピョンちゃん

映画(1465)
ドラマ(0)
アニメ(0)

サイレント・ナイト(2021年製作の映画)

3.0

いわゆる終末もの。「これってあの映画のラストを90分に引き伸ばしただけなのでは...」というのが率直な感想です。そういうのはもう間に合ってるしなあと冷めた目で観てしまいました。究極の選択と子どもの視点>>続きを読む

奈落のマイホーム(2020年製作の映画)

4.0

これぞディザスターエンターテイメント!

愛と感動と涙と笑いの物語。全部盛りです。批評性を忘れないのもさすが。おもしろかった。めっちゃ笑った。

細かいところを言い出すとキリがないのでケンチャナヨ!の
>>続きを読む

ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー(2022年製作の映画)

3.5

ブラックパンサーはマーベルの中で独立性が高いので参入しやすくてありがたいです。私はマーベルはブラックパンサーとデッドプールとシャンチーの3つしか観たことのない超絶ニワカです。なのでほとんど何も言えませ>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.0

多方面への配慮と苦労の跡が窺えていろいろ大変だったんだろうなとつくづく思いました。労いの言葉を掛けたくなります。
しかしまあジブリに寄せすぎじゃないですかね。気持ちはわかりますが。音楽の使い方にはあざ
>>続きを読む

ドント・ウォーリー・ダーリン(2022年製作の映画)

4.0

理想的で幸せな生活に充満する不穏な空気。何一ついいことは起こらないんだろうなと一体何が待ち受けているんだろうとドキドキしながら観てました。結果的に割と楽しめましたし悪くない作品だと思いました。
謎を引
>>続きを読む

恋人はアンバー(2020年製作の映画)

4.0

ゲイとレズビアンの偽装カップルによる友情物語。ありそうでなかった組み合わせ。1995年という時代設定が絶妙。数年前まで同性愛は違法だった時代。90年代半ばに高校生なのは自分と全く同じで共感。ノスタルジ>>続きを読む

犯罪都市 THE ROUNDUP(2022年製作の映画)

4.0

定番のおもしろさ。いつもの味。新鮮味はないけどこれでいい。終始ニコニコしながら楽しめました。

ドンソク兄貴の鉄拳はまるで打ち出の小槌のよう。もはや縁起ものですね。炸裂する度に福を呼んでます。

最低
>>続きを読む

未来惑星ザルドス(1974年製作の映画)

3.5

究極のカルトSF映画。怪作いや珍作か。

ショーン・コネリーの赤ふん姿に惹かれ鑑賞。

話が高尚すぎて全くついていけませんでした...。予習してから観るべきだったかな。

監督のジョン・ブアマンはドラ
>>続きを読む

パラレル・マザーズ(2021年製作の映画)

4.0

同じ日に母親となった2人のシングルマザーが運命の悪戯に巻き込まれる物語。ペドロ・アルモドバルがこれまで繰り返し描いてきた母性というテーマに今回はスペイン内戦の記憶を接合。世代を超えた母親たちの結びつき>>続きを読む

ヒューマン・ボイス(2020年製作の映画)

3.5

ティルダ・スウィントン30分一本勝負。
『パラレル・マザーズ』と二本立て(で観ました)。

実に贅沢な30分間でした。なんてことはないお話ですが、ペドロ・アルモドバルらしい鮮やかな色彩と美術がすばらし
>>続きを読む

君だけが知らない(2021年製作の映画)

4.0

ネタバレ厳禁なのでほとんど何も言えません。極力情報を入れずに観た方がいいです。とにかくおもしろいから観てね!以上!って感じです笑。良質なサスペンス・スリラーでした。韓国らしさを含めつついろんな感情を想>>続きを読む

グッド・ナース(2022年製作の映画)

4.0

前知識ゼロの状態で観たので、一体どんな映画なんだろうとワクワクしながら楽しめました。

最初は看護師二人の友情物語なのかなと温かい気持ちで観ていたら、徐々に内容が明らかになるにつれて背筋が凍るような恐
>>続きを読む

声/姿なき犯罪者(2021年製作の映画)

3.5

振り込め詐欺の恐怖in韓国。
中国に全く忖度しないところがすばらしいです。日本でも中国籍の振り込め詐欺集団が検挙されるニュースを度々目にしますがこんな風に正面切って取り上げることはできないでしょうね。
>>続きを読む

警官の血(2022年製作の映画)

3.5

日本の警察小説が原作とのことで『狐狼の血』を思わせる作品でした。黒でも白でもないグレーな人間の生き様を描くところが似ています。なんとなく原作のエッセンスを踏まえつつ韓国流のポリスアクションにうまく仕上>>続きを読む

レイモンド&レイ(2022年製作の映画)

3.5

Apple TV+オリジナル作品。

ユアン・マクレガーとイーサン・ホークのダブル主演。二人は異母兄弟の設定で父親の葬儀のため久しぶりに顔を合わせるというお話。この父親がとんでもない奴であっちこっちで
>>続きを読む

その道の向こうに(2022年製作の映画)

4.0

Apple TV+オリジナル作品。

いきなりA24のロゴが出てきて驚く。A24ですよーみなさん。
これはかなりよかったですね。劇場公開されないのがもったいなく感じます。映像の質感がすばらしい。心にじ
>>続きを読む

最高のカンパイ! 戦地にビールを届けた男(2022年製作の映画)

3.5

Apple TV+が2ヶ月無料コードを配布中です。リンク→https://t.co/H61MR9mADU
私はこの機会に前から観たいと思っていたコゴナダ製作総指揮・監督のドラマシリーズ『パチンコ』を観
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2003年製作の映画)

4.0

みんなお疲れさん

ようがんばったな

ゆっくり休んでや

また会おな



以上です笑

すんません

アムステルダム(2022年製作の映画)

4.0

いつかきっと、アムステルダム。

評価割れてるみたいですがそれもわかります。情報量多すぎて脳がついて行けず寝落ちしかけました。コメディなのかサスペンスなのかどっちつかずな作風は中途半端に映るかもしれま
>>続きを読む

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

4.0

コゴナダ監督は小津安二郎の作品の中では『秋刀魚の味』と『麦秋』が特に好きだそうです。

この映画で一番印象に残っているのは、笠智衆演じるかつて駆逐艦の艦長だった男と当時の部下が居酒屋で交わす言葉です。
>>続きを読む

コロンバス(2017年製作の映画)

3.5

『アフター・ヤン』のコゴナダ監督長編デビュー作。

建築を絡めた滋味深く思索的な会話劇はとてもユニーク。独自のセンスを感じます。

ただよくはあるんですがもう一味何かほしいなという印象。ここからSFと
>>続きを読む

アフター・ヤン(2021年製作の映画)

4.0

コゴナダ × A24。これまでにない新感覚のSF。洗練された知性を感じました。繰り返し語られてきたテーマに東洋思想を融合。新たな地平に到達したかのような感動を覚えました。

アートデザインが秀逸。特に
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.5

『スペンサー ダイアナの決意』のパブロ・ラライン監督作品。

この映画のジャケ写ひどいですね。まあこの時ラライン監督はさほど知名度がなかったので、ダーレン・アロノフスキーを絡めたくなる気持ちはわかりま
>>続きを読む

スペンサー ダイアナの決意(2021年製作の映画)

4.5

クリステン目当てで観ました。

なのでクリステン最高!となることはわかりきっていたので、それほど驚きも感動もしないんだろうなとたかを括っていたのですが、まさかの大泣きをしてしまいました。

私には映画
>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.0

この映画を観た日は映画を合計で3本ハシゴしまして、これが3本目でした。
ハシゴして最後に観る映画ではありませんでしたね笑
疲れ切ってしまいました。もうグッタリです...。
単純にイギリスってやっぱクズ
>>続きを読む

夜明けまでバス停で(2022年製作の映画)

4.0

2020年の冬、バス停で寝泊まりしていたホームレスの女性が襲撃された事件をモチーフにした作品。忘れてはいけない事件なのに記憶から薄れかかっていました。お恥ずかしい限りです。
ビックリするほど実力派キャ
>>続きを読む

裸のムラ(2022年製作の映画)

4.0

五百旗頭幸男監督の前作『はりぼて』は富山市議の不正を暴く、笑うに笑えないけどすごく笑えるブラックコメディとして非常に秀逸な作品だったので今回も期待しつつ鑑賞しました。
バンライファー、イスラム家庭を取
>>続きを読む

ナイトブレーカーズ(2021年製作の映画)

3.5

ブリリア恒例・ハロウィンホラー特集その④

暗闇の中にいる敵から逃げるお話。

どっかで観たなと思ったら今年のSSFF&ASIA2022で鑑賞済みでした。
短編でもホラーアクションとして仕上がってまし
>>続きを読む

自分の部屋で迷子になるには(2021年製作の映画)

3.5

ブリリア恒例・ハロウィンホラー特集その③

VRゲームをプレイして家に帰るお話。

VRゲームって今あんなリアルなんですかね。ちょっとやってみたいかもしれません。

最後ゾゾってなりました。
あれはど
>>続きを読む

夜行バス(2020年製作の映画)

3.5

ブリリア恒例・ハロウィンホラー特集その②

台湾産のホラーアニメ。

紙芝居みたいな味のあるアニメでした。結構グロい。グロい紙芝居なんて素敵。

そしてストーリーが起伏に富んでいておもしろかった。いろ
>>続きを読む

ブッチャーズヒル:甘い罠(2008年製作の映画)

3.0

ブリリア恒例・ハロウィンホラー特集その①

今年もやってきました。

こちらの作品、8歳のティモシー・シャラメが拝めます。結構大変なことになっちゃってました。ちゃんとグロい。子どもしか出てこないけど子
>>続きを読む

テリファー(2016年製作の映画)

3.5

ギコギコ♪はよかったな〜。

あんなシーンがもっとほしかった。

続編は絶賛されてるみたいなんで楽しみ。

失神・嘔吐する人が続出とのことで、期待しかありませんね!

日本公開望みます。映画館で観たい
>>続きを読む

拷問男(2012年製作の映画)

4.0

この映画に『拷問男』などという邦題を付けた罪は重い。これのせいで一部の猟奇ホラーファンや好事家のみにしか訴求しない作品になってしまっている。この映画の原題は『Daddy's Little Girl』。>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2002年製作の映画)

4.0

ロード・オブ・ザ・リングIMAX祭り第2弾!

話が広がって同時並行で語られるのはいい感じ。飽きさせないですね。

雄大な自然を活かしたショットが美しい。
アラゴルンがひたすらカッコいい。
レゴラスの
>>続きを読む

ウィリーズ・ワンダーランド(2021年製作の映画)

3.5

ニコケイさんが着ぐるみロボットをボコボコにするお話。

終始一言も発しないニコケイさん。ありえない状況なのに約束どおり律儀に清掃をこなすニコケイさん。ボコっては掃除、ボコっては掃除を繰り返すニコケイさ
>>続きを読む

>|