Maiさんの映画レビュー・感想・評価

Mai

Mai

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

5.0

最近こういう映画が好き。ロマンスなんだけど大人で落ち着いていて、キャッキャしてないけど人間味がある現実的なフィクション。ダイアンキートン主演の作品は裏切らない。どこか落ち着いていてリアル。数年前大学に>>続きを読む

新しい人生のはじめかた(2008年製作の映画)

5.0

久しぶりに見た映画がこれでよかったと思える作品。人生いつでもやり直しがきく。素直で正直にいることが一番いいのだと。

ジョーカー(2019年製作の映画)

5.0

文句なしに5.0
できるならばそれ以上の評価をあげたい。

演技、演出、サウンド、編集、照明、コスチュームデザイン、すべてがアイコニック。この上ない至福の2時間だった。

1秒たりとも無駄がなく、最高
>>続きを読む

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.7

期待を裏切らないクラッシックな作品!

ただただ見ていていて楽しいし、美しい!

映画学の授業でこの作品を鑑賞したんだけど、本当にマリリンモンローの照明と光の柔らかさが他の出演者と違いすぎて... 不
>>続きを読む

サイコ(1960年製作の映画)

4.1

配置、背景、カメラワーク全てに意味がある映画。
画面に写っている一つ一つとキャラクターの心境との共通性や描写を考えながら見るとかなりおもしろい!!

JUNO/ジュノ(2007年製作の映画)

4.6

痛々しくて、温かくて、リアルで、鼓動が遅くなるような映画でした。

一人一人が個性が溢れてて、けど何よりも純粋で素直。

16歳で妊娠という大きなテーマの中、常にカラフルでユーモアに溢れた映画の中の
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.1

滅多に邦画をみない私が見た一昨。
んー 演技が若手の子達の方が圧倒的に深さがあって、純粋でよかった。
有名な大御所な人たちはすごい役のことを本当に知ってて一言一言口にしてるのかなあ?って考えちゃいまし
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

心がしくしくと痛くなる映画でした。最後のお父さんとの打ち解けるシーン、LIVE AIDでの一曲一曲のパフォーマンス、メアリーの涙...
震えるほど痛くて、怒りを覚えるほどどうしたらいいかわからなく混
>>続きを読む

ダンプリン(2018年製作の映画)

3.3

よくあるようでない映画。
Drag queen, Dolly Patronとself conscious問題を掛け合わせたのが面白いと思う

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.8

全てのイギリス調な暗い雰囲気と色あせた(記憶の中では色鮮やかな)プーさんが私の弱点をつついてくる〜🥺

6回ほど泣きました。しかも結構激しく。

大人になるって犠牲がつきものなんですねえ。辛い。

>|