えりこさんの映画レビュー・感想・評価

えりこ

えりこ

ジャンル問わず幅広く観ます。
お気に入りはヒューマン、ミニシアター系。WOWOW、レンタル、映画館などで鑑賞しています。
あまり長文の感想は書けないので、シンプルにまったりと書いております。
よろしくお願いします。
2016.1.1〜本格的に記録

映画(1011)
ドラマ(40)

マニアック(1980年製作の映画)

2.6

毎日暑いので、涼しくなるためにホラーを探していたらGyaoで発見。
トラウマを持つマザコン中年小太り男が猟奇殺人を繰り返すストーリー。
頭皮を剥いだりするのでとにかくグロい。ただでさえ無くなりそうな食
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.4

人魚姫のストーリーをダークファンタジー化して、プラス、ミュージカル要素を入れた作品。
ポーランド産です。
何故かClipしてあったので借りてみましたが、かなりクセはありますね。途中で脱落する方もいらっ
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.8

大変恥ずかしながら、サーミというのは誰かの名前かと事前では思っていました。観る前に、北欧やロシアに住むサーミ人という人たちがいることを知り、ちょっと勉強してから鑑賞しました。
主人公の姉妹は2人とも実
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.9

Clipしておいて観たけど時間が経ってしまいレビューが今になったシリーズその1(長い)

これは完璧に胸糞映画。
イライラはするわ、恐怖は感じるわで観ていてソワソワ。
まさかあれが実はそういう人でそう
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

苦しい。史実を基にしているとは言えとにかく苦しい。
こんな時代や事件があった事にただただ驚愕。
かなり尺の長い作品だけど時間はあっという間に過ぎ去って行きました。
人種間の諍い、争いは今もなお存在する
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.6

ある意味愛と、目の眩むような狂気に満ちた世界。
カニバリズムを題材にした作品なので、相当のグロ耐性がついている私でさえキツイ描写が多々ありました。
けれど最後まで惹きつけて離さない不思議な魅力を持つ作
>>続きを読む

希望のかなた(2017年製作の映画)

4.0

劇場に行きたかったけれど行きそびれた作品。観てみてやっぱり劇場で観たかった!と心から思いました。
カウリスマキ作品は元々好きだけど、この作品はその中でもかなりのお気に入りに!
出演者がみんな揃って無表
>>続きを読む

ハイジ アルプスの物語(2015年製作の映画)

3.7

実写版ハイジ。
昔再放送のアニメシリーズを全話制覇したので内容はしっかり把握しながら観ました。
ちょっとイメージが違うキャラもいたけれど、全体的にハイジの世界になっていました。
アニメ版をギューっと詰
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.4

映画館に行く予定はなかったものの、友人が観たいというので行って来ました。これ系の作品を劇場で観るのは初めてかも。
1、2作とも過去に鑑賞済み。
今回で完結ということでなかなか見応えはありました。ハラハ
>>続きを読む

ひと夏のファンタジア(2014年製作の映画)

3.8

心地よい余韻に浸っています。
奈良県五條市を舞台に、二部構成になっている作品。

一部は韓国から来た映画監督と通訳が地元の人たち(これが見た感じどうやらリアル地元民たちではないかと…)に取材しながら小
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

電車の中の事件シーンがメインかと思っていたら、良い意味で期待を裏切ってくれました。

実際の事件に遭遇した3人の主人公たちを俳優として起用したとは驚愕。流石イーストウッド。
どこにでもいそうな、そんな
>>続きを読む

ミューズ(2017年製作の映画)

2.7

こ、これは…。
なんとも微妙な雰囲気があり、とにかく変に陰気な作品なので途中でやめたいのを堪えて何とか最後まで鑑賞。ジャンルはサスペンスかスリラーかホラーか。色々な要素が含まれていましたが、何となくど
>>続きを読む

マイヤーリング(1957年製作の映画)

3.3

映画好きになってからすぐに大好きになった永遠の妖精、オードリー・ヘップバーン。
彼女の出演作は制覇したつもりだったけれど、このテレビ映画として作られた作品は未見でした。幻の一作と言われていたとか。
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.3

当初劇場での鑑賞予定はなかったものの、長瀬くんファンの友人に誘われて行ってきました。

原作は未読。
確かWOWOWでドラマ版?を放送していた気がするけどそれも未見。
実話ベースという事だけが唯一の予
>>続きを読む

父の秘密(2012年製作の映画)

3.5

タイトルが何故『父の秘密』なのか、娘の秘密では?と終始不思議な気持ちで観ていたらなるほど、とやっと分かるのが終盤。
観るのがとてもキツく、辛くて途中で何度も何度も観るのをやめたくなりました。とにかく悲
>>続きを読む

静かなふたり(2017年製作の映画)

3.6

特別なことが起こるわけでもない、終始まったり進む物語だけど、この雰囲気かなり好きだなぁと思いながら鑑賞。
フランス映画らしい雰囲気が良いんです。やはり恋愛での物凄い年の差は厳しいのかなぁ。
疲れた時に
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

3.5

家族で旅行中、車のシステムが故障して180kmで高速を暴走し続けるある一家を描いた作品。
コメディ要素が強く、スリリングでありながら笑いも交えた内容になっています。
暴走中もそれぞれのドラマが描かれ、
>>続きを読む

素敵な遺産相続(2016年製作の映画)

3.4

気楽に観られるドタバタコメディ。
カナリア諸島に行きたくなりました。
シャーリー・マクレーンは年を取っても本当にチャーミング。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

ここまで心打たれる作品だとは。
事前情報一切無しの状態で観に行きました。
大正解。
無の状態からこの素晴らしい作品を観たので尚更心に沁みました。
どのシーンも素敵だけど、主人公オギー君だけではなく、そ
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

リンクレイター作品は好きで、この作品も是非観たいと思い行って来ました。
なるほど、リンクレイター監督らしい会話劇。かなり好きなジャンル、の筈なんだけど…
ちょっと尺が長いかな…。
3人メインで出てくる
>>続きを読む

モナリザ(1986年製作の映画)

3.7

舞台はイギリス、罪をかぶって服役した男がある高級コールガールと出会い、惹かれて行きます。

主人公を演じるボブ・ホスキンスの存在感が光りました。残念ながら2014年にお亡くなりになっているのですね…。
>>続きを読む

ルージュの手紙(2017年製作の映画)

3.7

ルージュの手紙、ってそういうことか!
大女優カトリーヌ・ドヌーブがやはり素晴らしい。出てきただけですべてを持って行ってしまう存在感。役柄も彼女にしては珍しいけれど良く似合っていて。
内容を事前に知らず
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

gifted=天から与えられた才能。
数学の天才的知識を持つ少女と一緒に暮らす叔父さんとその周りの人たちのお話です。

あったかくて優しい物語に心癒されました。意地悪な人も一部出てくるけど、登場人物の
>>続きを読む

マイPSパートナー(2012年製作の映画)

3.5

ある日間違い電話から始まった恋。

初っ端からかなり強烈な下ネタ炸裂でビックリ!韓国でもこんな風に下ネタを盛り込んだ映画が作られるんですね。
下ネタばかりでなく、純粋に恋する気持ちが素敵だったな。
>>続きを読む

立ち去った女(2016年製作の映画)

3.6

約4時間の白黒フィリピン映画。
長いのでレンタルする時にちょっと躊躇してしまったけれど、観てよかったと思える作品でした。
とにかく長いです。ストーリー的にはシンプルで、4時間かけて語るには長いとは思
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.6

観る前に想像していた話と全く違いました。タイトルからして普通の青春映画かと思いきや、宇宙人との恋愛を描いているとは!
うん、こういうお話嫌いじゃない。みんなパンクしていて観ていてエネルギーを貰った気分
>>続きを読む

Z Inc. ゼット・インク(2017年製作の映画)

3.4

あの『ウォーキング・デッド』のグレンことスティーヴン・ユァンが主演ということで鑑賞。
ゾンビじゃなくて変な菌に感染してクレイジーになりぶっ飛んじゃう人たちのお話。かなりB級な雰囲気がありますが、とにか
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.2

ケネディ大統領の暗殺直後から葬儀に至るまでのジャクリーン夫人の行動を映画化した作品。
ナタリーが気高く美しく、どう見てもファーストレディにしか見えなかったです。
でも肝心の内容が…史実を元にしているの
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.7

先行上映にて。
終始映る画は穏やか、万引きという犯罪行為を映し出していても静かで平和な『家族』が映し出されていた。
とにかく役者さんたちが凄い。演技という枠を超えている、特に安藤サクラさんの存在感。ケ
>>続きを読む

ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア(1997年製作の映画)

4.0

胸が熱い。
久しぶりにこんな作品に出会いました。
有名作でタイトルは知っていたものの未見でした。たまたま配信で観ることができ、しかもまたお気に入りが増えて嬉しいです。

ドイツ映画は元々かなり好きなの
>>続きを読む

恋人はゴースト(2005年製作の映画)

3.7

ラブコメ大好きな私がこの作品を見逃していたとは!
シンプルでわかりやすいストーリーで、展開も読みやすいけれど久しぶりに胸がキュンとなりました。
若き日のラファロ可愛い!またこんな彼が見たいです。年齢的
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.7

序盤ではなかなか話に入り込むことができず、三時間の長さのうち1時間くらいは観るのがキツく感じてしまいました。が、中盤からのめり込むような感覚で奇妙奇天烈なストーリーを追い続けました。
グロシーンはキツ
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.5

あまり期待値が高くなかったせいもあり、意外になかなか面白くて最後まで見入ってしまいました。
若手女優たちの演技合戦も見どころ。
最後はどうなるんだろうと終盤まで謎でしたが、私にしては珍しくオチが読めた
>>続きを読む

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル(2016年製作の映画)

3.7

観たかったドキュメンタリーがWOWOWで放送。
元々ドランのファンなので楽しめました。
改めて彼の異常とも思える天才っぷりに驚愕。それと共に勿論物凄く努力をしているのもわかりましたが。
彼自体は勿論、
>>続きを読む

セリーナ 炎の女(2014年製作の映画)

3.0

大好きなブラッドリー目当てで鑑賞。
雰囲気は悪くないのだけどストーリーが余りにも残念過ぎて…。
中途半端感が否めず、キャストが勿体ないと思いました。
とりあえずブラッドリーを見るだけで目の保養にはなり
>>続きを読む

あなた、そこにいてくれますか(2016年製作の映画)

3.7

私の大好きなジャンル、タイムトラベルがテーマの作品ということで、ずっとレンタルを待っていたのですがいつも全て貸し出し中でやっと最近借りることができました😭と、そんな事はさておき。

人生の重要な分岐点
>>続きを読む

>|