Sugiさんの映画レビュー・感想・評価

Sugi

Sugi

劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦(2024年製作の映画)

4.1

アニメ版の続きを映画にした感じ。回想シーンも多く、アニメ版を先に見ておくことを強くおすすめします。その上で、烏野と音駒のそれぞれのメンバーたちが良い感じのバランスで描かれていて見応えがありました。

バジーノイズ(2023年製作の映画)

3.8

綺麗な音楽が耳に心地よかったです。
人と関わり合うことで生まれる楽しい空気感も他人と関わり合うことの難しさも全て詰まっている作品です。

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

3.7

カオスという言葉がまさしくピッタリな映画。意味がわからないけど笑って感動して、不思議な感覚でした。

名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)(2024年製作の映画)

3.8

コナンシリーズでちょくちょく登場する準レギュラー的なキャラが思いの外たくさん出てきてキャラクター同士の関係性などは面白かったです。
内容は歴史に絡んでいたり、人物名が多く複雑でした。
少し現実離れし過
>>続きを読む

AIR/エア(2023年製作の映画)

3.9

NIKEがマイケルジョーダンを獲得するまでの過程をリアルに描いた作品。

落下の解剖学(2023年製作の映画)

3.9

後半になるにつれて展開が面白くなっていきました。裁判の言い争いのシーンなどは見応えがありました。

映画ドラえもん のび太の地球交響楽(シンフォニー)(2024年製作の映画)

3.9

昨年や一昨年の作品に比べると物足りなさはあるものの、相変わらずの伏線や綺麗な音楽は見応えがありました。
主題歌のタイムパラドックスも劇場で聞けて良かったです。

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

4.3

オッペンハイマーの原爆を開発していく過程とその苦悩がよく表現されていました。
細かい内容、使われている表現は複雑なものが多いですが、大まかな話の流れは掴みやすいと思います。
戦争が遠いもののようで身近
>>続きを読む

四月になれば彼女は(2024年製作の映画)

3.9

人と人が出会い別れること。それを突き動かす動機、きっかけは些細であり、何気ない気持ちの変化やそれに伴う行動の変化ですぐに移り変わってしまうのだとこの作品を見て感じました。
俳優たちの演技やスケールの大
>>続きを読む

マダム・ウェブ(2024年製作の映画)

3.8

未来が見えることを表現するための映像表現方法がすごいと思いました。展開も見ていて飽きずに最後まで駆け抜けた感がありました。

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

4.0

戦後の日本とゴジラ、映像の迫力と役者たちの力強い演技が見どころ。

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

4.2

スパイファミリーは今までアニメも漫画も見たことはなかったのですが、設定がすぐ頭の中に入って来てのめり込めました。
アーニャ、ボンド、ヨル、ロイドそれぞれに魅力があり、キャラクター同士の関係性も面白かっ
>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.2

パニック障害とPTSDという二つの病とそれぞれ向き合う男女の物語。二人の会話のシーンやプラネタリウムのシーンなど人の生き方について考えさせられる箇所が多かったです。作品の雰囲気に落ち着きがあり、二人と>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

4.0

中学生とヤクザの有り得ない組み合わせの友情ドラマ。段々と二人の間に絆が芽生えていき本当の友達のようになっていく関係性の変化が良かったです。ヤクザたちの歌うそれぞれのカラオケも笑えました笑。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(2022年製作の映画)

3.8

複雑でわかりづらかった。もう少しワクワクするシーンが欲しかったです。

愛唄 ―約束のナクヒト―(2019年製作の映画)

3.9

生きることの意味、いのちの大切さを改めて感じました。

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

4.5

原作の予備知識ゼロで見ました。
アイヌの言葉や文化にも触れながら広い北海道の中で繰り広げられる金塊探し。アクションの迫力、緊迫感がすごくて、すぐに作品にのめり込み、それからはもうあっという間でした。
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.4

ベラが様々な経験をしていくにつれて生きる上で大切なことに気づいていきます。作品の世界観や映像は斬新でシュールなのに、重みのあるセリフや普遍的なメッセージが物語の節々に織り込まれていてとても意味ある14>>続きを読む

護られなかった者たちへ(2021年製作の映画)

4.0

震災と生活保護、二つの大きな問題に言及している作品。
生活保護という制度はあっても、その制度が適切な人に適切な形で与えられるかは分からないし、そもそも適切な人、適切な形とはどのようなものなのか…そう簡
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.9

オーヴェとその周りの人々のぎこちない愛に見ていてホッコリ。

ウォンカとチョコレート工場のはじまり(2023年製作の映画)

3.9

思ったよりミュージカルだった。ウンパルンパの音楽は耳に付いて離れなくなりました。
コメディ要素が強めで、話の展開も分かりやすく肩の力を抜いて楽しめて最後はしっかり感動もありました。

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

4.1

幼い頃からずっと一緒だった男女のすれ違い恋物語。二人の変化していく心情にずっと共感しっぱなしでした。

窓ぎわのトットちゃん(2023年製作の映画)

4.2

黒柳徹子さんの幼少期を描いたアニメーション作品。
戦争が始まる少し前のトモエ学園のトットちゃんと子供たちの日常がユーモアを交えて描かれていて、ほっこりしました。
戦争が少しずつ日常生活に影響を与えてい
>>続きを読む

あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。(2023年製作の映画)

4.3

戦争の悲惨さや惨さのようなものが俳優たちの真に迫った演技でよく表現されていました。戦争というテーマを扱っているにもかかわらず、人々の愛、温かさが同時に描かれることで物語自体はそこまで重くなっていなかっ>>続きを読む

屋根裏のラジャー(2023年製作の映画)

3.7

子供が生む想像力が作り出すイマジナリー。子供の頃には自分にもそんな友達がいたのか…大人になると幼少期に抱いていた気持ちや感覚が薄れていくことをこの映画を見て実感しました。子供の頃には容易くできていたこ>>続きを読む