Aoiさんの映画レビュー・感想・評価

Aoi

Aoi

ゴシップ(2000年製作の映画)

3.2

30代のJamesが一番好きだけ、この作品では20代の初々しさが残る感じが見られたから良かった

面白くなくはない!笑

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

3.0

たしかに今作とアポカリプスはなくても良かった

クイックシルバーの出番少なめ泣き

一番最初がクライマックスで話が進むほどあっさりしてくる

ジーンを軸にすると絶対転ぶって誰かが書いてたけどほんとその
>>続きを読む

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋(2019年製作の映画)

4.1

逆シンデレラストーリー

映画館で結局見なかった時は後悔したけど家で見て正解だわ

あのタトゥーに後から足された顔と手が愉快さがやばいツボになる

奥手と理由もあるだろうが12歳の時から恋してた相手に
>>続きを読む

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

4.8

最初は、Jackがアルベルトの吹替してるしインスタでちょこちょこ宣伝してて気になるから観てみるか〜のテンションだったのに一度観たらどハマりし大好きになった
毎日どこかしらのシーン見てる

シレンツィオ
>>続きを読む

クワイエット・プレイス 破られた沈黙(2021年製作の映画)

3.7

やっぱり靴履けば?

未だにクリーチャーの目的がわからず

Day1が一番怖かった

サバイバルの環境だから他人のことなんて助けられなくて当然だけど、赤ちゃんもいるの。感情に訴えかけてくる母めっちゃ典
>>続きを読む

Bullet Train(原題)(2022年製作の映画)

-

ローガンとブラピの再共演!!

ジョーイキングも?!

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.2

最初から良さが分かる気がしなくて、結局最後まで分からなかった

???

mid90sにはまだ生まれてもいないから分からないのか…?

A24といえばルーカス・ヘッジズ
だけど今回は色んな意味で可哀想
>>続きを読む

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

3.3

2018年頃のNoahが可愛い

二つの宗教に囲まれて育つという、多くの日本人には共感しづらい主人公の立場だが、大人の口論に子どもに迷惑をかけてはいけないのは事実

子どもが色々考えて作ったんだから黙
>>続きを読む

アバウト・ア・ボーイ(2002年製作の映画)

3.2

一日をコマにして生活してる主人公の感覚が面白い

人間は地球や他の生物にとっていない方が良い存在だからそもそも生きてることに意味を持たせようと無理する必要はない、だから簡単にこの主人公をダメ人間とみな
>>続きを読む

クライムチアーズ(2001年製作の映画)

3.3

若きJamesを堪能できる映画

ほんとにサクッと見れる

知名度低いけど面白い

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.0

いや待って、ジーンの歳の取り方が分からない

老いたチャールズが1986年にエリックと幼いジーンを訪れてるはずなのに、若いチャールズと10代後半?のジーンが同じ時間軸に存在してるってどういうことだ
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

4.2

流石に始まり(未来)が絶望すぎでは

センチネルがSWのB2スーパーバトルドロイドにしか見えない

エリックはやはり危険な男である

時系列ではなく公開順で見るのがベストなのを納得した

面白かったし
>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

4.0

脚本が良く出来ているがちょっと長くて退屈したのも事実

知ってる俳優がじゃんじゃん出てくるから面白い

チャールズとエリックどちらの意見にも一理ある

エグゼビアも最初から完璧な人ではなかったようだ
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.6

人生を変えた歌手のコンサートに150公演以上行き友人になった人の高校生時代の話

音楽は人の人生を変える

有色人種を差別するのは大人だけじゃなく移民に対する暴力や中傷があんなに日常茶飯事だったのか…
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

父親が撃たれ、その怒りから突然変異で爪が出てきて、刺した男から出た言葉が「あいつは父じゃない、父親は俺だ」
ってどんな泥沼物語

ウルヴァリンの誕生でもありデッドプールも誕生でもある

今まで見てきた
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.5

たしかにdecisionだわ

ジーンがなぜああなったかをもう少し詳しくしてほしかった(まって、それがダークフェニックスだわ笑)

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.5

1よりは面白い

敵だったのに協力するところなどなど

マツダのRX-8 X-MEN CARをゲットすればサイクロップスとお揃いというわけなんですね!

X-メン(2000年製作の映画)

3.2

超能力はあるけど戦闘力がなさすぎ

スーパーパワー≠スーパーヒーロー

Jamesは目を隠していてもカッコぃぃいいい

アバターみたいな人仲間だと思ってたら敵だった

X-Men観てないのになぜローガ
>>続きを読む

フォー・ウェディング(1994年製作の映画)

3.2

登場人物が多くて主人公との関係を理解するのに時間がかかった(みな裕福な友人)

結婚という概念が何世紀も前からあるのに同性婚が認められたのはほんとについ最近で、マシューの追悼スピーチが響いた

ワン チャンス(2013年製作の映画)

4.5

感動するってこういうことだな

最後最後まで背中を押し続けるジュルズがすごい

昔、X Factor関連でポッツさんのこと見た気がする

James最高だ

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.3

男女の脳の違いを本などで知ってたことで、客観的な位置から観れたと思う

ベスとニールのカップルが一番健全な関係に見えた

「何が関係を終わらせるきっかけになるか」と以前に自問自答した時は、一緒にいて楽
>>続きを読む

ガール・ネクスト・ドア(2004年製作の映画)

4.2

まって好きなんですけど、

これは変に本題にしなくて大正解だし、あらすじを裏切るピュアでやばい泣

パーティーでマシューがキスしにいくシーンやばすぎる好き!!!

Prime videoのウォッチリス
>>続きを読む

ラッキー・ガール(2006年製作の映画)

4.2

見ていて爽快になるくらい運がいい女

運に見放されて逆にすごい男

どちらが性格悪くてもおかしくないけど、2人とも中身も素敵でグランドセントラル駅のシーンがめっちゃ好きだった

洗濯機のシーンも好きだ
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

4.0

最初は元彼を見返しすために!が目的だったのに目的を果たした頃には彼のことなんかどうでも良くなるのが女性の素晴らしいところ!

明日への地図を探して(2020年製作の映画)

4.1

映画の始まり方好き

人生は限りあるから美しい…のかな

マークが仕事に行く母親を引き止めるシーンから涙
妹の試合を見に行くところやこっそりピアノ弾いてた人に拍手するとところも好き

Kathrynか
>>続きを読む

我が家のおバカで愛しいアニキ(2011年製作の映画)

3.5

ポールラッド上手いな〜

口硬くないで何でも話しちゃうネッドにも落ち度あるけど、そのネッドに話しちゃう姉妹も姉妹

俳優陣わかる人ばっかだったから楽しかった

トランポリン羨ましい

よくわからないけ
>>続きを読む

サインスピナー(2013年製作の映画)

3.1

人に向かって動物の死体を投げるべきではないです

殺害の動機になりかねないです

ビリーブ 未来への大逆転(2018年製作の映画)

3.4

フェリシティのアメリカ人役が見慣れなくて中身が入ってこない

だけど時代を変えてきたのはいつもこういう人なんだと心から感心した

自分の理解力がないからだけど話の流れというか、ちょっと分かりにくい部分
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.3

昔のイギリスが舞台の映画っていつも穏やかな気持ちで見れる

世界初の病院外での人工呼吸生活、人工呼吸器搭載の車椅子、車椅子も乗れる自動車、そして飛行機で海外に行く

本当にすごい事づくし

リスクを承
>>続きを読む

>|