TakuyaSugiyamaさんの映画レビュー・感想・評価

TakuyaSugiyama

TakuyaSugiyama

邦画、洋画からアニメまで。なんでも見ます。

  • List view
  • Grid view

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

ララランドに失望したあなたにこそ見て欲しい。

ララランドは音楽は大変素晴らしく、これまでの全てのシーンが最後のシーンに収束する構成、作品性も素晴らしい映画でしたが、私はどうもあのストーリーが好きにな
>>続きを読む

龍の歯医者 特別版(2017年製作の映画)

3.8

設定が面白く、ロマンに溢れる作品。
ところどころジブリっぽい。
もっと長編にしてくれてもよかった。

この世界をもっと知りたいなと思わせてくれる作品。

龍に守られたとある国
その龍の弱点である虫歯を
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

3.8

明るく楽しいスパイ映画
愛すべき馬鹿映画です。

2を見てからこちらを見ましたが。
2だけでも楽しめますが、絶対こちらを見てからの方が楽しめる。

2よりこちらの方が良い映画。

大量殺戮をこんなに明
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.0

愛すべき馬鹿映画だ。
007からシリアス感とハードボイルドを抜いたような作品でした

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

とある一言に爆笑するための映画。

個人的には映画バトルシップの

チキンブリトー

以来の大ヒット台詞。
さすが大統領だわ。。。

なんだか重厚な?予告編を流してますがそんな肩肘貼るような映画ではな
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

とても素敵な作品です。

雰囲気としてはジブリを実写化したような作品。千と千尋の神隠し的な和風ファンタジーな世界。

一度鑑賞して エンディングを見て数日後再度鑑賞。エンディングの画像を見てからだとも
>>続きを読む

ロボジー(2011年製作の映画)

3.7

ロボットを作ったこともない家電メーカーが社長の思いつきで二足歩行ロボットを作る事に。。。

主人公は営業、梱包担当等全くのど素人3人組。。。
当然簡単に作れる訳もなく気づくと発表数日前。しかも不注意で
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

名作!

今見るとまた新しい。
テラスハウスとか相乗りとかあんな感じの番組が一時期流行りましたがあの時期を通り過ぎた、今だからこそ感じる何かがある。

子供の頃見て衝撃を受けた映画。
今見てもとても面
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

低予算の邦画。。良い映画を作るにはどうしたら良いのか。

良い原作でやれば良いのです。
この映画の魅力はきっと原作のストーリーにあるんだろうなぁ。

予告編を見るだけではストーリーがつかめず、映画の登
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.9

IMAXで見るべき。
大音量で無慈悲に奪われていく命。

キャラの説明が殆どないと言う異色の作り方をしている。時系列の説明も殆どなく、様々な事象が最後にうまく結い合わさって行くお洒落な構成。

中々良
>>続きを読む

忍びの国(2017年製作の映画)

1.5

酷いの一言。

何あのラスト。
終始軽いノリ何の重みもない。

主演のアイドルの宣伝映画。
演技力もない もう映画出ないでほしい。

時代背景を無視した言葉遣いに雰囲気。テレビドラマで構わない程度の作
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

4.0

現代版時代劇好きの私としてはなかなか好きな作品。

ただ、難点がいくつかあり、見る人を選ぶ映画だろう。

1.オリジナルキャラクターによる架空のストーリーがかなり目立つところに入ってくるため、原作の司
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.2

4DXで視聴。
主役の女優さん美人だなぁ。

白人の女性ってもはや別の生き物みたいで現実感ないけど今回の主演の方は日本人から見てもとってもキレーですね!

映画としてはアクションを楽しむ映画です。スト
>>続きを読む

交渉人(1998年製作の映画)

4.0

これはなかなかに面白い。
主人公は警察の凄腕ネゴシエーター。

ある日トラブルに巻き込まれ無実の罪を着せられてしまいます。
自身にかけられた無実の罪を証明する事は出来るのか!?

という映画。

主人
>>続きを読む

ステルス(2005年製作の映画)

3.5

上映当初 酷評されてたけど、そこまでボロカスに言われる様な映画では無い。

リアルな戦争映画を求める方には向かない映画でしょう。現実ベースのSF映画に近いのではないでしょうか。個人的にはなかなか面白い
>>続きを読む

ナショナル・トレジャー(2004年製作の映画)

4.2

主人公が数々の謎を解き明かしながらお宝へと近づいて行く。
アドベンチャー感満載の映画。

オカルト要素がたくさん盛り込まれていて
ダビンチコード
インディージョーンズ
ハムナプトラ
などの映画が好きな
>>続きを読む

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.3

これは ハッピーエンドなのか。。。人によって判断が分かれるでしょうね(笑)

モヤっとした人も多いのではないだろうか。。。

気になる人は見てみては?

紀元前1万年(2008年製作の映画)

4.0

紀元前一万年
野生動物の心温まる映画 ではなく
原始人がウホウホする映画でもなく

連れ去られた恋人を取り返しに行く映画です。ファンタジー的な要素が強め。

序盤 マンモス狩のシーンに非常に迫力があり
>>続きを読む

>|